2014-02-01

マラーガからサマルカンドへ

先日、こんなつぶやきを発見しまして。

Yuki Nakanishi ‏@getoiletten
1月29日
ブログ更新。マラーガからサマルカンドへ、
そしてサマルカンドからアナトリアへ。
13 世紀後半から15 世紀後半における
数学的・天文学的・神学的知の伝播と受容のアウトラインが描かれます。
「ファズルオール「サマルカンド学派の数学・天文学」」http://bit.ly/1fboZpJ
https://twitter.com/getoiletten/status/428454726154207233

えっ?なになに?これは?
と辿ったら。

ファズルオール「サマルカンド学派の数学・天文学」
Fazlıoğlu, İ (2008): “The Samarqand Mathematical-Astronomical School: A Basis for Ottoman Philosophy and Science”, Journal for the History of Arabic Science 14, 3-68.
http://toiletteslipperinblues.blogspot.de/2014/01/blog-post.html

論文のアウトラインを紹介していて、

イルハン朝下の1259 年、マラーガには
当時最先端の天文台が建設されました。
さまざまな哲学者・科学者たちが集い、
この地を中心として自然科学・自然哲学研究が大いに振興されました。
マラーガで生み出された知が、サマルカンドまで伝播した。

ティームール朝第4 代君主ウルグ・ベク(1449 年没)が天文台を建設し(1420 年頃)、
あつい学芸保護を行ったことは広く知られています。
彼を中心として形成されたサマルカンド学派は数学・天文学の分野で多くの成果を残しました。

彼らの業績は、じつは中央アジアの一都市にとどまることなく、
15 世紀後半以降、遠く離れたアナトリアにも(そしてさらには西欧世界にも)受け継がれていたのだと、

やっぱりね~…。
そういうことがやっと日の目を見るようになったのですね…。
マラーガは北西イラン。
2008年に訪れた地。
天文台跡も行きました!
サマルカンドの天文台跡も行きましたよ!
なつかしい…。

中西悠喜先生という方で、
<専門は中世アラビア語圏の神学・哲学・神秘主義の歴史。
現在はアヴィセンナ以後の神学・哲学思想と、
イスラムの知的神秘主義を代表する
存在一性論との歴史的な関係性をテーマに、博士論文を準備中。>
とのことでした。
スポンサーサイト

2009-03-20

羽田と関空

気がついたら帰国の話をしていませんでしたね。

無事に関空に着いて、羽田へ。
いやあ、ほんと近くて楽です!
成田は遠かった…。

ところで、
行きの話なんですが、

実は私はまだフィルムカメラも使っています。
ところが、
手持ちのフィルムシールドが古くてもう、
破れているんです。
行く前に買いに行ったら、売り切れで、
どこにも売っていませんでした。

空港ならあるだろうとタカをくくっていたら、
羽田だから、ないんです~!

おろおろしていたら、案内のお姉さんが声を掛けてきてくれて、
聞いてくれましたが、やはり置いてません。
でも。
関空ならあるかもしれないと、電話してくれたんです!
そして、発見!ありました!

閉店時間ギリギリ!走りましたよ。
なんとか、滑り込みセーフ!
無事確保!

でもやはり探していたのとは、違ってはいたんですけどね。
でももう、しようがないです。

探していた20本入りではなく、
ヨドバシカメラにもあった10本入りでした。
とにかくこの時は、これしかなかったみたいです。

羽田空港のお姉さん、ありがとうございました!
関空の写真屋さん、ありがとうございました!

2009-03-18

戦利品1

2008年ペルシアで買ったお土産。

2008plata

ザンジャーンのスルターニエ廟の前の店で買った銀糸細工。
自分用ではありません。お土産用。

2008porch

これも人の土産用。
アルダビールのシェイフサフィー廟のそばの土産物屋で買ったポーチ。

あとはローズオイルと以前、紹介したドライレモン(08/11/03)と
ローズティ(08/11/03)。

今回は少ない…。

2009-03-17

ドバイ

テヘラーンからドバイへ飛んで、乗り換え。
ここから関空へ。

caballo

感激したのは、馬の壁画。

camel

それから、ドバイの免税店は進化してました。
本屋もできていました。
民芸品も、前年は買いたいものがなかったのですが、
今回は色々買い込みました。
民族衣装も…。

animesong

機内の音楽番組にアニメがあって、
その選曲も何やら面白かったのですが、
画面がまた…。全46曲も入ってました。

theme : 海外旅行
genre : 旅行

2009-03-14

テヘラーン8

美術館の南には、古い市門。
カージャール朝時代のものです。

teh-bab


この辺りには、
西洋風ながらペルセポリスの柱を
意匠として象った建物などがあって、
ちょっと素敵でした。
でも、何か写真を撮ってはいけない建物だそうで、
写真はないです。残念ながら。
他にも19世紀の建物がいくつか、残っていました。

これでいよいよ、テヘラーンともお別れです。
その後、空港まで送ってもらって、ガイドともお別れ。
どうも大変、お世話になりました。
本当に、ありがとうごさいました。

theme : 海外旅行
genre : 旅行

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード