2017-11-02

不思議な楽器『ヤイバハール』

これまた、すごい…

<トルコ在住のゴールケン・センさんが作成し、
Twitterで拡散されて話題になった不思議な楽器『ヤイバハール』をご紹介します。
まずは、普段耳にすることのない音色を、じっくりと聴いてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=_aY6TxC1ojA

『ヤイバハール』は細長い棒の部分に弦が張られており、
その振動がコイルスプリングを通じて、ドラム部分に広がる楽器です。
ちなみに、この動画の音色は、エフェクトなどは入れられていません。

深みのある音色に、多くの人が驚きの声を上げました。

・1つの楽器から出ている音とは思えません!
神秘的で本能に訴えかけるものがあります。

・これはヤバい…。
宇宙の創成期を奏でてるのかと思いました。

・エフェクトをかけてないのにすごい。聴いたことのない音です!

電気など一切使用していないのに、独特な音色を奏でる『ヤイバハール』。
生の演奏を聴いたら、さらに不思議な世界を味わうことができそうですね。>
https://grapee.jp/409095
スポンサーサイト

2017-09-10

ロシアのRav Drum

こんな楽器があったなんて!

ロシアのRav Drum。
「ハンドパンを凌駕し得る」
「気狂いとしか思えない設計力」
「聞いた、見た、勝てないと悟った」
「恐ロシア」と職人達も絶賛…8月30日
http://twinavi.jp/topics/tidbits/59a6dbab-91d0-41fd-b781-0de1ac133a21
http://gakki.temiruya.com/archives/2017/01/post_338.html
http://ravvast.com/

2017-07-05

発掘品

先日の発掘品、3点ほど正体が判明しました。

HosseinFarjami2000.jpg

Art of the Santoor From Iran
Hossein Farjami

2000
ロンドンに住んでいるHossein Farjamiは、イランの最も有名なサントール選手の一人
イラン民謡のメドレー

FawzyAl-Aiedy1999.jpg

Fawzy Al-Aiedy
Oud Aljazira

1999
イラクのバスラで生まれ
彼はフランスに移住
フランスを拠点にするイラク人音楽家。
しばしばジャズの要素を彼の音楽に取り入れ

marc loopuyt 1999.jpg

MARC LOOPUYT /
LES ORIENTS DU LUTH

1999
マルク・ルーピュイト
アゼルバイジャン〜マブレブ〜アンダルシアにまたがるすべての様式におけるリュート(ウード)のマスター
イラク、チュニジア、アンダルシアの伝統的なメロディー、アラビア語、フランス語、英語の歌詞が収録

2017-06-04

発掘(笑)

うわあー!
書庫でCDの捜し物をしていたら、未開封のままのCDが出てきた~!
musicoasiaeste01.jpg

音楽CDの棚は、わりとアバウトに突っ込んであって、あまり整理していなかった。
で、今回、捜索していたCD、あれ?どこにあるかな?
あるはずなんだけど…
一通り探したのに、見つからなくて、もう一回端から探していたら、
あれ?へんなところに中東音楽が紛れていて。
それを引き抜いたら、落ちてきたのが、まさに探していたCDという…
冗談みたいな本当の話!(笑)
あんたこんなところにいたの?
「ここにいるっていうのに、なんで素通りするんだ!」
と怒られた感じでした。(笑)

で、その中東音楽が、まったく覚えがない!
どうも買ったまま、まぎれて埋もれてしまって、忘れていた模様。
これもいい加減、見つけて欲しかったのね。
すみません!

3枚がウズベク。ルバーブ、ネイ、ドタールとカーヌーン
まったく演奏者や曲名の説明なし。
2枚がウード、1枚がサントゥール
あと1枚が謎。イランらしいけど。

2017-05-27

アディエマス

バックアップのデータをチェックしていて、謎のアルバムが出てきました。
「ADIEMUS」って何?

「ほら、<NHKスペシャル~世紀を越えて>の音楽が何だろうって言ってたでょ?」

そういえば、あの不思議な音楽…
忘れてました。(笑)

adiemus99Beyondcentury.jpg

NHKスペシャル~世紀を越えて - オリジナルサウンドトラック
1999

wikiによると、
アディエマス (ADIEMUS) とは、
ウエールズのコンポーザー/アレンジャー、カール・ジェンキンスが、
プログレッシブロックバンドソフトマシーンの同僚で、盟友でもあるマイク・ラトリッジと共に結成した
前衛クラシック音楽ユニット。

南アフリカ共和国出身の女性ヴォーカリスト、ミリアム・ストックリーのヴォーカルをメインに、
「アディエマス語」(架空の言語)を用いたスキャットや重層的かつリズミックなコーラスアレンジメントを特徴とし、
さながら架空の民族音楽(実際にはストックリーが得意とするアフリカ系の言語をベースとする)といった雰囲気の音楽性を持っている。
なおストックリーは5thアルバムには参加せず、ソロ活動に入っている。

元々はジェンキンス/ラトリッジの両名が手がけた、デルタ航空のCMソングが各方面での絶賛を浴びたことによって人気が高まったのがデビューのきっかけ。
日本ではNHKスペシャル「世紀を越えて」のテーマ曲「世紀を越えて/Beyond The Century」で一躍有名となった。
2006年3月21日・22日には、彼らの3回目の東京公演が渋谷オーチャードホールで上演された。

NHKスペシャル「世紀を越えて」
Beyond The Century」

「静寂」 - 日本リーバ「ポンズ基礎化粧品」シリーズCM曲
「風の神の歌/Song of aeolus」

NHK「シルクロード鉄道紀行 : 民族の夢を乗せ11000km」のテーマ曲
トヨタ自動車「プリウスPHV」のCM曲

オリジナルアルバム

adiemus95songsanctuary.jpg

Adiemus: Songs of Sanctuary/聖なる海の歌声(1995年)
Adiemus II: Cantata Mundi/蒼い地球の歌声(1997年)
Adiemus III: Dances of Time/永遠の舞踏会(1998年)
Adiemus IV: The Eternal Knot/遥かなる絆(2000年)
Adiemus V: Vocalise/ヴォカリーズ(2003年)
Adiemus Colores/コローレス(2013年)

ベストアルバム

The Best of Adiemus: The Journey/ベスト・オブ・アディエマス(1999年)
Adiemus: New Best & Live More Journey…/ニュー・ベスト&ライヴ(2002年)
The Essential Adiemus(2003年)※The Journeyの廉価盤
Adiemus: Complete Best/コンプリート・ベスト(2006年)

ミリアム・ストックリー Miriam Stockley
  『Miriam』(1999年)
『Second Nature』(2001年)
『Eternal』(2007年)

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード