2010-04-27

ロシアの水の精

guilland myth rusi.jpg

うちにあるロシア神話の表紙が、ルサールカのイラストです。
(残念ながら、新版は表紙が変わったようです)

私の中では、ルサールカというと、
このイメージにインプットされてしまっています。

ロシアの水の精・ルサールカ
水死した女性が、ルサールカになるのだそうです。
夏になると、水から上がって、木に登るのだそうです。
性格は地域によって色々。
無邪気なのから悪質なのまで。
あまり具体的な物語は載っていませんでした。

ロシアの神話と言いながら、原題も中身もスラブの神話です。
それとリトワニアとウグロ・フィン(ウラル・アルタイ族のことらしい)の
神話が入っています。

ロシアの神話 F.ギラン編
青土社 1983年
スポンサーサイト

2010-04-26

ロシア神話の故郷

自分はどうにも不精で、新聞をすぐに溜めに溜めてしまい、
山盛りになってから、気が遠くなりながら、
やっと整理をするのですが、
去年切り抜いた記事の中で、気になったものです。

rusi090418.jpg

放射能、スラブの源覆う-2009年04月18日/朝日新聞
  <生きている遺産-消えた村から1>

キエフの北
世界を震撼させた
チェルノブイリ原発の場所。
その周辺一帯は立ち入り禁止となって
強制移住させられ、廃村となった村がいくつもあって、
いまだに土壌の汚染が激しくて、居住禁止区域だというのは聞いていたのですが…。

rusi09041802.jpg

実はその辺りはまさに、
スラブ人の発祥の地と言われる、深い森と湖沼の残る地域なのだそうです。
古代スラブの原型に近い文化が残っているそうで、
ルサールカの話が出てきました。

ロシア神話の水の精ルサールカ!
懐かしいです。

キエフは最初にロシアの公国が成立した土地。
黒海沿岸もスキタイ縁の土地だし、
昔から、一度は行きたかった所でしたが、
原発事故があって、
行くのを諦めた場所でもあります。

やっぱりこういう場所があるんですね。
いつか行ける日が来るのでしょうか…。

mapaukraina02.jpg
<朝日新聞より>

あふれる歌声 今はなし  消えた村から-2 ~ 4/19
水の精導く最後の担い手  消えた村から-3 ~ 4/20
地域文化 拾い集め20年 消えた村から-4 ~ 4/21
民具は語る スラブ文化  消えた村から-5 ~ 4/22
最古の民謡 継承の試み  消えた村から-6 ~ 4/23
プロフィール

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード