2017-11-12

「知られざるイスラム天文学」2

「知られざるイスラム天文学」で登場したロバートモリソン教授
についてのメモ

Robert Morrison
Bowdoin college
ロバートモリソンは2008年8月にボウドイン大学に入学。
彼の専門はイスラム教とユダヤ教の両方の学術研究、
それに加えて比較テーマにも取り組んでいます。
彼の研究は、イスラム科学の歴史だけでなく、
イスラムとユダヤ教のテキストにおける科学の役割にも焦点を当てている。
ロバートはイスラム天文学の章を新しいケンブリッジイスラム史とケンブリッジ科学史に寄稿しました。
彼はかつてWhitman College(ワラワラ、ワシントン)の教員で、2001年から8年にかけて教職員でした。
https://www.bowdoin.edu/faculty/r/rgmorris/

The Light of the World
Astronomy in al-Andalus
Joseph ibn Nahmias (Author), Robert G. Morrison (Translator)
2016
この本は、イベリア半島で1400年頃にユダヤ語 - アラビア語で書かれた
ヨセフ・イブン・ナハミアスの理論天文に関するテキスト
「The Light of the World」の広範な紹介と翻訳と解説を収録。
ユダヤ人がさまざまなアラビア語で書いた 理論的天文学の唯一のテキストとして、
この作品は14世紀後半と15世紀後半に
ユダヤ人とイスラム思想との関係が継続している証拠である。
このテキストの最も長続きする効果は、ルネッサンス・イタリアへの道を通って発揮されたかもしれません。
ルネッサンス・イタリアは、16世紀初頭のパドヴァ大学の学者に影響を与えました。
ヨーロッパの天文学、イスラム教の下での物理学、
ユダヤ人の文化の発展において重要な役割を果たしている
The Light of the World イスラム知的史、ユダヤ人文明、天文史の重要なエピソード。
https://www.ucpress.edu/book.php?isbn=9780520287990

Islam and Science
: The Intellectual Career of Nizam al-Din al-Nisaburi
(Culture and Civilization in the Middle East)
2011
著名な14世紀のイランのシーア派の学者、
ニザム・アル・ディン・アル・ニサブリの研究で、
イスラム文明における科学宗教思想の相互肥料化を説明する最初の厳密な試みである。
ニサブリは自分自身を科学者とはみなしておらず、さまざまな分野で働くように依頼された。
イスラム教とサイエンスは、ニサブリの科学の形而上学と、
彼がコーランの解説と他の非科学的な文章との間の関係を詳細に調べる。

ソースは、Nisaburiは宗教的な(マドラサ)教育に基礎科学を含めること
によって科学的キャリアを始めるように促されたことを示唆しています。

中期的には、彼は理論的天文学とイスラーム法学の間に方法論的類似点を見出した。
Morrisonは Nisaburiが科学は神の知識の味を与えることができると信じていたが、
科学と自然哲学の研究だけでは 彼を神との霊的な結合に導くことはできないと気づいた。
Sufiの練習とSufiの理論だけがそれを達成することができました。

モリソンの研究は、イスラム科学の歴史をイスラム研究の他の分野と統合する際に顕著である。
中世の研究にもっと関心のある読者だけでなく、
宗教や科学史の学生や学者にとっても興味深いものです。
https://www.amazon.co.jp/Islam-Science-Intellectual-al-Nisaburi-Civilization/dp/0415663997
スポンサーサイト

2017-11-06

「知られざるイスラム天文学」

ウルグベクの天文台?
再放送を録画して、やっと見ました。
ウルグベクの天文台!懐かしい!
行きましたよ!

おお!ナスィールッディーン・トゥースィー!
トゥースィーとコペルニクスを繋いだのは、ユダヤ人だった?
間にイブン・シャーティルがいて(トゥースィーの天体モデルを改良)
トルコのユダヤ人天文学者モーゼス・ガリアノがイタリアでコペルニクスと出会っていた可能性が高い?

イスタンブルのイスラム技術史博物館!行きたい!
オックスフォード大学科学史博物館!
UAE(アラブ首長国連邦)のSharjah(シャールジャ)首長国のプラネタリウムは日本製の機械?
Sharjah Centre for Astronomy & Space Sciences


太陽暦を最初に観測したのは #ウズベキスタン の天文学者 #ウルグベク。
8月24日(木)22:00-23:00 NHK-BSプレミアムにて
コズミック フロント☆NEXT「知られざるイスラム天文学」

<占星術とともに発展し コペルニクスの地動説誕生に大きく貢献した
「イスラム天文学」の知られざる栄光に迫る。
中世のイスラム世界では人々が礼拝に必要な時間と方角を知るため天文学を学んだ。
また航海や砂漠での旅に必要な情報を得るためにアストロラーベという精密な観測機器を発明した。
今から600年前、ウズベキスタンの天文台では
1年の長さを「365日5時間49分15秒」とほぼ正確に観測から割り出した。>

世界最古の星座に関する書物が、1000年前、10世紀に作られたものが残っている。
その中でアンドロメダ座の説明では、「雲」について書かれている。
これは、史上最も古いアンドロメダ星雲についての記述である。

地動説を唱えたコペルニクスは、本で惑星の運行を説明する幾何学モデルを書き残している。
しかしそっくりの図を、イスラムの天文学者トゥースィーが200年以上前に発表していた。
状況証拠だが、コペルニクスはイスラム天文学に依存していた可能性がある。
イスラム天文学が無ければ、地動説は生まれなかったかもしれない。>
http://perry-r.hatenablog.com/entry/2017/08/25/230044

ナスィールッディーン・トゥースィー
(1201 年 - 1274 年)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%83%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%A3%E3%83%BC

マラーゲに天文台を建ててもらった!
1259 年に設立
<ウルグ・ベク天文台は1420 年代に建設
後に天文台の遺跡を訪れたウルグ・ベクは刺激されて、
サマルカンドに自分自身の大きな天文台を建設し、
マラーゲ天文台における天文学の研究を継続しようとした。 >
http://asait.world.coocan.jp/kuiper_belt/eclipse2/maragheh_observatory.htm
行きましたよ!ここも!

『イルハン天文表』(Zīj-i Īl-khānī)
1272年に惑星の位置を計算し、恒星の名を記した天文表

『世界の仕組みの学覚書(al-Tadhkira fī ʿIlm al-Hayʾa)』
トゥースィーの対円 (Tusi-couple) と呼ばれる惑星モデルが記されている

イブン・アル=シャーティル (Ibn al-Shatir, 1304 年 – 1375 年)
14世紀、マムルーク朝下のシリアを中心に活躍した天文学者。
ダマスクスのウマイヤド・モスクの宗教的な計時係(موقت muwaqqit)を務め、
モスクの尖塔を使った巨大な日時計を製作した。
 (ええっ?そうだったの?)
『新天文表』(Zīj al-Jadīd) と
『根本を確かにすることの最高の願いの書』(Kitāb Nihāyat al-Su'ūl fī Tashīl al-Uṣūl)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%AB

16世紀のトルコのユダヤ人天文学者モーゼス・ガリアノの自伝がケンブリッジで見つかり、
そこにイブン・シャーティルの天文理論、トゥースィーの対円 (Tusi-couple) が記されていて
1500年頃ベネチアに滞在していたという。
その頃、コペルニクスはベネチア近郊のパドバ大学に留学していたというのだ。
パドバ大学は初めてユダヤ人に門戸を開いた大学だそうなのだ。

おお!イスタンブル大学図書館の16世紀の歴史書の細密画!
うおお!ものすごい装幀!
天球儀の図だ!
(アーミラリ天球儀というらしい)
イスタンブル天文台で働く天文学者たち
「皇帝の書」(シャーヒンシャーナーメ)16世紀の細密画と思われ

オックスフォードのボードリアン図書館には最古の星座の書が
これはイスラーム天文学の星座絵で最も有名な、
10世紀のアッ=スーフィーが著した『星座の書』(キターブ・スワル・アル=カワーキブ)と思われ。
イスラーム世界、どこにでも写本があるそうで、でも
『星座の書』の最良写本はオックスフォード大学のボードリアンBodlean図書館に所蔵されている、
著者の息子が写したとされる写本だそうで
http://harutaseiro.blog89.fc2.com/blog-entry-464.html?sp
デジタル化されて公開されているそうです
http://bodley30.bodley.ox.ac.uk:8180/luna/servlet/view/search?q=Shelfmark%3D%22MS.+Marsh+144%22

アブドゥル・ラフマーン・アル・スーフィー
Abū-al Husayn ‘Abd-al Rahmān b. ‘Umar al-Ṣūfī al-Rāzī、
903年12月7日 - 986年5月25日
ブワイフ朝時代に活躍したペルシア人の天文学者。
現在のイランの首都テヘランの前身であるレイ出身。
著書は『星座の書』(Kitāb Ṣuwar al-Kawākib al-Thābita)、『アストロラーベの使用法』など。
ラテン語文献ではアゾーフィ(Azophi)として表れる。
アラビア半島南部に赴き、ヨーロッパやアレクサンドリアからは観測不可能な
大マゼラン雲を観測し、それを記録に残した最初の天文学者になった
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC

バチカン図書館にはトゥースィーの書
トゥースィーの対円 (Tusi-couple)が記されている書
『世界の仕組みの学覚書』(al-Tadhkira fī ʿIlm al-Hayʾa)かな?

MEGASTAR-IIA トルコに次いで中東2機目の設置ですって!
メガスターは大平貴之氏が開発したプラネタリウム投影機。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC

トルコのはコンヤ科学館&プラネタリウムだって?
Konya Science Center & Planetarium
https://www.megastar.jp/konya-science-center-planetarium/

2015-12-10

はやぶさ2とあかつき

がんばれ~!

はやぶさ2
加速 スイングバイ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3日、
小惑星探査機「はやぶさ2」が地球へ接近し、
目的地へ進路変更、加速する「地球スイングバイ」を実施したと発表した。
打ち上げからちょうど1年、
はやぶさ2は地球と火星の間にある小惑星「リュウグウ」に向かう本格的な旅を始めた。
同日午後7時8分、米ハワイ上空の3090キロまで接近後、スイングバイによって予定の軌道に入った
http://mainichi.jp/articles/20151204/ddm/001/040/136000c

【JAXA「予定どおりエンジン噴射開始し終了」】
5年前、メインエンジンのトラブルで金星を回る軌道に入ることに失敗した日本の探査機「あかつき」が、
7日午前8時51分から20分間にわたり、
残された小型のエンジンを使って金星を回る軌道に入ることに再挑戦しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151207/k10010332251000.html

JAXAウェブ ‏@JAXA_jp 12月7日
[発表] 金星探査機「あかつき」の金星周回軌道投入における姿勢制御用エンジン噴射結果について
http://dlvr.it/CxL0fd

http://www.jaxa.jp/press/2015/12/20151207_akatsuki_j.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

金星軌道に投入成功=あかつき
時事通信 12月9日(水)19時10分配信
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日、金星探査機「あかつき」が、
金星を回る軌道への投入に成功したと発表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151209-00000035-jijp-soci.view-0

2015-01-06

惑星

もし月と同じ距離に他の惑星があった場合のシミュレーション動画が怖すぎると話題に
http://jin115.com/archives/52060942.html

2014-12-08

はやぶさ2

いってらっしゃーい!

はやぶさ2:打ち上げ成功 予定軌道に投入
毎日新聞 2014年12月03日
http://mainichi.jp/select/news/20141203k0000e040253000c.html
プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード