fc2ブログ

伊勢の秘仏と九鬼水軍の城跡

今回、もう2カ所、行こうと思って行かれなかったのがここ。

金剛證寺(こんごうしょうじ)
http://www.iseshimaskyline.com/kongoushouji.htm
百済より仏教が公伝したと言われる
欽明天皇の御世の創建と伝わるそうな。(6世紀半ば)
そして<平安時代の825年(天長2年)に
空海が真言密教道場として当寺を中興したと伝えられている。>

御本尊は虚空蔵菩薩
というのでちょっと見て見たかったのですが、
でも御本尊は秘仏で、
伊勢神宮のご遷宮の翌年に、
二十年に一度のご開帳があるそう。(次回、平成26年)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%89%9B%E8%AD%89%E5%AF%BA

あとは鳥羽の九鬼城跡に行きそびれました。

<九鬼嘉隆が築城した海城「鳥羽城」。
周囲を海に囲まれた全国的にも珍しい城で、
現在も名残である石垣が残っています。
このたび周囲に新たに石垣を積み、
憩いの場として「鳥羽城三の丸広場」が完成>
http://www.youtube.com/watch?v=lq4P7eCt-Sw

<水軍の城で、大手門が海側へ突出して築かれたため、
鳥羽の浮城と呼ばれていた>
鳥羽城wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E7%BE%BD%E5%9F%8E

<鳥羽城は、戦国期に織田信長、豊臣秀吉のもとで、
水軍を率いて数々の戦功をあげた九鬼嘉隆が、
水軍運用を重視して、当時国境であった妙慶川河口の南岸に
突き出た小山に鳥羽城を築き、
文禄3(1594)年に完成したとされています。

 鳥羽城は、大手水門を海岸側に向け、
周囲を海で囲まれた『海城』で、全国的にも稀有な城でした。
本丸には3層の天守閣がそびえていましたが、
明治時代のはじめに建物は解体され、
現在は本丸周辺や、市文化会館の裏に石垣の一部が残っており
当時の面影を残しています。>
県史跡 鳥羽城跡(とばじょうあと)~鳥羽城の絵図と縄張り図が載っています。
http://www.city.toba.mie.jp/shakai/hakkutsuchousa/tobajyo.html

<鳥羽城は文禄3年(1594)九鬼嘉隆(1542~1600)の築城で、
大手門(城の正門)が海に向く、いかにも水軍九鬼氏にふさわしい城>
『鳥羽城之絵図』  1鋪
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/rekishi/kenshi/asp/ezutizu/detail.asp?record=539

彩色豊か「鳥羽城之絵図」-板倉氏国替の際に製作か
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/rekishi/kenshi/asp/hakken/detail.asp?record=222

鳥羽城跡と城山公園~航空写真が載っています。 
http://www.kirari1000.com/www.kirari1000.com.base_data.base_data.phpQkirari_cd=03812.html

伊勢道の歴史を訪ねて 歴史倶楽部第73回例会 ~鳥羽城(九鬼城址)
http://inoues.net/club/kuki_castle.html
スポンサーサイト



鳥羽の真珠博物館(画像追加)

思ったより早く戻れたので、翌日行こうと言っていた真珠島へ。

ミキモト真珠島
御木本幸吉が世界で初めて真珠養殖に成功した島。
美術工芸品を展示する真珠博物館があるというので。

1階は、<真珠のできる仕組みや真珠を育む貝について、
「核入れ手術」をはじめとする真珠養殖のすべてを、
養殖場の映像や実際に使用されている道具などを用いて
専門のスタッフが解説>

それから、
<真珠の成分とは何かを科学的に分析。
収穫された真珠が原料選別、色選別など数多くの工程を経て、
真珠のネックレスに生まれ変わるまでを説明>

2階は
<養殖真珠発明以前の天然真珠を用いた
アンティークジュエリーを約60点展示。
およそ2000年前につくられた帝政ローマ時代の装身具にはじまり、
宝飾文化がもっとも華やかだった19世紀ヨーロッパの作品など>

それから、
<明治から昭和初期にかけてミキモトの創成期に製作された
ミキモトクラシックのコレクション、
真珠をふんだんに使用した美術工芸品など、
日本の伝統技法とジュエリー製作技術の粋を集めた逸品>

ここで、真珠だらけの五弦の琵琶が。

toba120321museoperla01biwa.jpg

toba120321museoperla02biwa02.jpg

toba120321museoperla03torre5.jpg

toba120321museoperla04sueno.jpg

toba120321museoperla05barco.jpg

http://www.mikimoto-pearl-museum.co.jp/

さらにここで、「真珠せんべい」なるものを見つけました。
真珠のカルシウム入り。
ここでしか売っていないとのこと。

toba120321perladulce01.jpg

それから真珠入りマドレーヌ
こちらも天然真珠貝殻カルシウム入りだそうで。
http://www.blanca.co.jp/kodawari/index.html

toba120321perladulce02.jpg

案の定、この日も足が棒になりました!

情けないもので、
帰ってから4日間は動けませんでした。
旅行中はつい、ハイになって、
ついついあっちもこっちも…になってしまうんですよ。
悪いクセ。
な~んだ大丈夫だったじゃん、とその時は思っても。
帰ってから、疲れがどっと出て。
電池切れ状態。

伊勢の天の岩戸2

toba120321iwato05torii.jpg

toba120321iwato06rio.jpg

toba120321iwato07toro.jpg

toba120321iwato08aqua.jpg

toba120321iwato09aqua02.jpg

ここまでは舗装道路。
名水100選の一つだそうで、
この時も水を汲みに3組ほど家族が来てまして、
4~5台車が泊まっていました。
ここからさらに風穴へ。
山道です。
誰もいませんでした。

toba120321iwato10camino01.jpg

toba120321iwato11cuva.jpg

奥深い山奥で、なかなか素敵でした。

伊勢の天の岩戸1

お昼は、再びおかげ横丁へ出て、
でもやはり駐車場が一杯で入れない。
平日なのにすごい人。

ise120321sarutahiko.jpg
猿田彦神社にお参りして、

ise120321susi.jpg
「海老丸」というお店で、
旬魚の三色てこねセットと漁師汁
大変美味しかったです。

toba120321iwato01.jpg

午後は天の岩戸があるというので、行ってみることに。
ところがカーナビにない!
何とか地図で探したらありましたが、
ナビは途中で役立たずに。
なかなか入口が分からず、
ずいぶん行き過ぎたところにやっとみっけ。

toba120321iwato02.jpg

脇道を入って、延々と行ったところで、駐車場に地図が。

toba120321iwato03mapa.jpg

ここから徒歩10分というのはきいていたけど、
さらに風穴まで15分ですか…。
(ちょっと遠い目)

toba120321iwato04camino01.jpg

伊勢の安土城?3

なんとなく、このまま帰るのももったいないので、
忍者迷路へ。
でもここも入場料。

ise120321futamipuebro08ninjameiro.jpg

う~ん、何か中途半端なところでした。
他の建物も、外見はけっこうちゃんと作っているようです。
それだけにもったいない感じが。
アトラクションも悪くはないと思うのですが。

ise120321futamipuebro09ume01.jpg

ここでも梅が綺麗でした。

ise120321futamipuebro09ume02.jpg

ise120321futamipuebro10gatos.jpg

そしてここでも猫が…。

かつては日光江戸村グループに属して
「伊勢戦国時代村」として運営していて、
2008年(平成20年)10月から
萩本欽一を村長に迎え「ちょんまげワールド伊勢」
(株式会社伊勢安土桃山文化村)という独立法人として営業中とのこと。

他に、黄金の天満宮、髪結処、
大櫓門、日本庭園 松風園、
伊賀妖術屋敷、妖怪屋敷、
忍者からくり迷路、怨霊首無寺、忍者修行砦、
戦国合戦砦鉄砲体験館、戦国腕試し館、舶来遊戯堂、
四村紹介処、役者紹介処、忍者資料館、
人涙劇場、笑え亭、大忍者劇場、ニャンまげ劇場、子供体験館
などがあるようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E3%83%BB%E5%AE%89%E5%9C%9F%E6%A1%83%E5%B1%B1%E6%96%87%E5%8C%96%E6%9D%91


「伊賀妖術屋敷」「忍者からくり迷路」大忍者劇場のアクションはお薦めだそう。
修行やお化け屋敷系は、かなり恐いので、それなりの覚悟がひつようとか。
http://www.geocities.jp/psbtr259/112ise_bunkamura.html

また、<マイナーなテーマパークですが、
ここは有名テーマパークとは違いメインはお芝居です。
役者さんが会場の空気を読みながら絶妙なアドリブを入れたり
(時にはスベッタリ)しながらお芝居をします。
だからお芝居の本筋は同じでも違った舞台を見ることが出来ます。>
<伊勢志摩きらり千選>
http://www.kirari1000.com
/www.kirari1000.com.base_data.base_data.phpQkirari_cd=04496.html

<芝居小屋では、忍者のアクション劇やお涙頂戴の人情劇、
大岡越前の名裁き時代劇を上演しています。
プロなので当然ですが、
みなさん美形でアクションも演技力も大迫力。>
http://b-spot.seesaa.net/article/31185255.html


sidetitleプロフィールsidetitle

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード