2017-03-10

平成ウルトラマン

平成ウルトラマンで面白かったという噂のがありまして。
ちょっと興味あり。

ウルトラマンガイア1998年(平成10年)
<ストーリーは、環境を破壊して野生生物を絶滅させ、
地球自身を破滅に追いやるかもしれない現代の人類が描かれている。

同時に、怪獣も地球の生物であり、根源的破滅招来体に覚醒させられたという設定で、
物語前半ではガイアも戦闘によって怪獣を倒していたが、
後半は怪獣も地球の生物だという自覚のもとにむやみに倒すとの展開はなくなる。

『ウルトラマンティガ』や『ウルトラマンダイナ』に続く、
平成に入ってから製作されたウルトラマンのテレビシリーズ第3作目。
また、20世紀に制作されたテレビシリーズとしては最後の作品でもあり、
世界観の繋がっていた前2作から設定を一新し、
時代設定を放映年代とほぼ同じ20世紀末とし、
科学考証や人間関係などのリアリティが重視された他、
ライバル的存在のウルトラマンアグルが登場している。

本作の主人公・高山我夢は科学者集団に属し、
「ワームホール」「反物質」などの専門用語や造語が頻繁に使われて、
ウルトラシリーズの中でもSF要素の強い内容となった。

また、それまでの怪獣攻撃隊とはその組織構図が異なり、
航空部隊や地上部隊、レスキュー部隊、海洋探査部隊が、
各3名ずつのチームに別れて任務を遂行するという設定となっている。

この他、TVクルーや天才科学者集団、上位防衛組織の諜報・特捜活動部隊なども
準レギュラーとして登場している。
主演の吉岡毅志はシリーズ史上最年少、19歳での主役抜擢となった。

本作はそれまでのウルトラシリーズとは異なって大河ドラマ的な要素を含み、
中盤の第23話〜第26話(アグルとの決戦やガイアのヴァージョンアップ編)、
終盤の第47話~最終話(第51話)といった長編エピソードも多く採り入れられた。
第26話で一旦最終回のような展開を見せたあと、
第27話以降は初回に戻ったような形で再びストーリーを進めるという試みも見られる。

プロデューサーの笈田雅人は、前2作で自分たちの持つウルトラマン感をやり尽くしたため、
東映作品などウルトラシリーズ以外の日本の特撮作品の要素を取り入れたとしている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%A2
スポンサーサイト

2017-03-09

東映不思議特撮シリーズ その後

ところがその後にもこんな特撮モノがあったみたいです。
なにこれ?
面白そう~!

美少女戦麗舞パンシャーヌ 奥様はスーパーヒロイン! 2007年
テレビ東京系
Panchanne2007.jpg

<1981年 - 1993年までフジテレビ系列で放送された東映不思議コメディーシリーズのうち
『魔法少女ちゅうかなぱいぱい!』や『美少女仮面ポワトリン』、『有言実行三姉妹シュシュトリアン』といった
魔法少女特撮物をもう一度という視聴者からの声に応え、
同シリーズを担当していた読売広告社のプロデューサー、木村京太郎が企画したことから誕生した番組である。

『奥様になったその後の美少女ヒロイン』がインパクトに強いと考え企画することにした」と説明。
放送局や制作会社は違うが、同シリーズ全てのシナリオを手掛けた脚本家浦沢義雄がメインライターを務めている。

スーパーヒロインに変身する主人公が主婦という設定になっている。
これは日本の特撮ヒーロー番組では史上初。

幸せな家庭を営む主婦、新庄由美子。
彼女には高校時代、神様に命じられてスーパーヒロイン「美少女仮面フローレンス」となり活躍していたという過去があった。
だが、高校3年になり、大学入試も控え、
スーパーヒロインと高校生をかけもちすることに疲れた由美子は、神様に引退を申し入れる。
それを聞いた神様からも「もう美少女という年でもない」とあっさり承諾され、
進学・就職・結婚・出産と、フツーの女のコのフツーの日常に戻っていた。
ところがある日、神様が由美子の前に現れ、再びスーパーヒロインになることを命じる。
かくして由美子は、主婦業とかけもちしながら、
ご町内と宇宙の平和を守るスーパーヒロイン「美少女戦麗舞パンシャーヌ」として奔走することとなる。>
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E5%B0%91%E5%A5%B3%E6%88%A6%E9%BA%97%E8%88%9E%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8C_%E5%A5%A5%E6%A7%98%E3%81%AF%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%B3!

古代少女ドグちゃん 、2009年
毎日放送製作水曜深夜ドラマ
doguchan2009.jpg

<1万年前の世界から目覚めた土偶の神様・ドグちゃんが
現代社会の歪みが生みだした妖怪と戦いながら、
引きこもりの少年・誠の心を開いていくホラーコメディ。>
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%83%89%E3%82%B0%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93
http://www.mbs.jp/doguchan/
http://jp.channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ch_userid=365645&prgid=36328047
http://hine-max.blog.so-net.ne.jp/2010-04-11

密林の評がベタホメでちょっと面白そうです。
<オンエアされた作品を見ての感想
・基本バカバカしい。ツッコミ所満載。
・でもさりげなく(或いはあからさまに)社会風刺が効いてたりして。現実逃避した萌えドラマにはなっていない。
・キャスト・スタッフ共に顔ぶれが無駄に豪華。(褒め言葉)
・役者が本気で芝居をしている。(本来なら当たり前なのだが、これが出来ない輩が出ているドラマも多い) レギュラーもゲストも「何故!?」と言う配役。 なのに合ってる。
・スタッフも全力で仕事をしている。しかもそれが、こちらの想像の若干斜め上で発揮されている。 だが合ってる。
・CGが手間隙掛けていい感じに、時にショボく(勿論意図的に)作られている。 これがまた合ってる。
・エンディングが電気グルーヴ「誰だ!」 しかも凄く合ってる。

四つ目に挙げたキャストに関して、更に特筆しておく事も加えましょう。

・谷澤恵里香の土偶ビキニ姿が生々しい。 ぶっちゃけエロい。
・窪田正孝のダメ男ぶりがリアル過ぎる。「こんなイケメンが引き蘢り役やってもつまんねぇ」的なツッコミを入れる隙が一切ない。
・上川隆也が、彼の俳優生活の中で一番生き生きした演技してんじゃねーか? って位の素晴らしさ。>
https://www.amazon.co.jp/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%83%89%E3%82%B0%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93-%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF-%E4%B8%8A%E3%80%90%E6%9C%9F%E9%96%93%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%89%88%E3%80%91-DVD-%E8%B0%B7%E6%BE%A4%E6%81%B5%E9%87%8C%E9%A6%99/dp/B002U7YIBS

2017-03-08

ロボコン再び

そしてロボコンが復活したんですね。

燃えろ!!ロボコン1999 原作 石ノ森章太郎

1974年から1977年にかけて放送された『がんばれ!!ロボコン』を現代風にアレンジしたリメイク版。石ノ森章太郎原作によるのロボットコメディ作品としては、1986年放送の『もりもりぼっくん』(フジテレビ制作)以来13年ぶりとなる。
企画経緯

制作会社である東映からの制作依頼ではなく、原作者石ノ森章太郎が「もう一度作りたい作品」として1990年代初頭に持ち込んだ企画である[注 1]。当初、東映では「作るつもりはない」というのが大勢だった。だが、『ロボコン』の原作者の石ノ森章太郎が1998年1月に亡くなったことや、香港で起こった『ロボコン』のブームが日本にも飛び火し盛り上がりを見せたことが製作に影響したとみられる。またプロデューサー小嶋雄嗣によると暗い世相に『ビーファイターカブト』終了後の前番組『テツワン探偵ロボタック』と前々番組『ビーロボカブタック』と続いた『カブト』までのバトルアクションから一転したコメディ路線の決定版を作るという意図もあったとされるし原点回帰だから『ロボコン』にした事と思う[疑問点 – ノート][1]。

テレビ朝日プロデューサーの上田めぐみによると「なぜ今『ロボコン』なのか?」という問いに「旧作を見ていた世代からの要望。50種類を越えるアイテム数が、市場全体で約12億円ぐらい動いたとも言われており、マーケットニーズとしてもあったこと。そして、制作者側が、いま堂々と表現しにくい世界観を作りたかったことに加え、現在の不安な時代に少しでも元気を与えられたら」と答えている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%87%83%E3%81%88%E3%82%8D!!%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%82%B3%E3%83%B3#.E4.B8.BB.E9.A1.8C.E6.AD.8C.E3.83.BB.E6.8C.BF.E5.85.A5.E6.AD.8C

2017-03-07

東映不思議特撮シリーズ

そしてここからが一応
東映不思議シリーズだそうです。
すべて石ノ森章太郎さん原作

8chan81.jpg

『ロボット8ちゃん』 1981年
東映不思議コメディーシリーズ第1作目。突然宇宙の彼方から落下してきたロボット8ちゃんとその仲間、宿敵バラバラマンなどが展開するドタバタ大騒動を描く。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%888%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93
batten82.jpg

バッテンロボ丸 1982年
ロボット「ロボ丸」がマンマル星からペケール星へ行く途中、ナナコの打ったホームランボールがおへそに当たり人間とロボットの共存するカリントニュータウンに墜落してしまい、海野写真館に住み込んだことから始まるドタバタギャグコメディ作品。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%9C%E4%B8%B8

petonton83.jpg

「ペットントン」1983年
2作連続で続いた「ロボットもの」から「ペットもの」に方向を転換した作品である。作品コンセプトは、前年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督の『E.T.』の影響を受けている
緑色の不思議な生物。空からやってきたUFOにより畑家の庭に捨てられるように地球にやって来た。劇中のセリフでは「ETに捨てられた」という表現を使っており、28話でETが宇宙中から集めた植物をUFOのなかで全部食べてしまったため捨てられた事が語られる。最初は気味悪がられ捨てられそうになるが、野原院長の説得もあり畑家で飼われることとなる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3
http://na2ka4.blog.fc2.com/blog-entry-288.html

nemrin84.jpg


「どきんちょ!ネムリン」1984年
ごく普通の小学生の少女、大岩マコがある晩に見た夢がきっかけで、8億年の眠りから覚めた「ネムリン」「ビビアン」「モンロー」の3人の妖精が大岩家に住み着いて、シュールな騒動を引き起こす。
『ペットントン』に続く異生物をメインキャラクターとした作品[1][2][3]。シリーズで初めて少女が主人公となっており[3]、少女漫画を思わせる作風となっている[4]。

ネムリンの造型は着ぐるみではなくパペット操演で表現され、前作では再現しきれなかった石森のキャラクターデザインに忠実な姿となっている[3]。当初は表情が硬かったが、徐々に改良され喜怒哀楽を表現できるようになっていった[5]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A9%E3%81%8D%E3%82%93%E3%81%A1%E3%82%87!%E3%83%8D%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%83%B3
http://nemurin.hatenablog.jp/

telemonja85.jpg

「TVオバケ てれもんじゃ」 1985年
日曜午前の東映不思議コメディーシリーズ『ペットントン』の成功を受け、同シリーズのテイストを取り込み木曜のゴールデンタイム(19:30 - 20:00)で放送された
冒頭で、主人公の林トンボが「僕の家のテレビは8チャンネルしか映らない、だから大好きなキン肉マンやトップテン[注 3]、キャプテン翼[注 4]が観られない…」と語るところから始まる。

いざ、テレビの目の前で壊そうとした瞬間…そこにテレビから現れたのは、林家のテレビの中に棲みつき"電波のカス"を食べて生きているというオバケのてれもんだった。
http://park8.wakwak.com/~tokusatsu/telemon.htm
https://ja.wikipedia.org/wiki/TV%E3%82%AA%E3%83%90%E3%82%B1%E3%81%A6%E3%82%8C%E3%82%82%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83
kamitaman85.jpg


「勝手に!カミタマン」1985年
スーパーヒーローにあこがれる根本伸介少年は偶然にも神様の「カミタマン」と出会う。彼の力で念願の「ザ・ネモトマン」というヒーローに変身する伸介だったが、今ひとつパッとしない本人の性格もあって毎回ご町内に大騒動が起こるのだった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9D%E6%89%8B%E3%81%AB!%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%83%B3
bokkun86.jpg

「もりもりぼっくん」 1986年
動物やペットを主人公にした作品(『ペットントン』『どきんちょ!ネムリン』『勝手に!カミタマン』の3作)から路線を転換し、『ロボット8ちゃん』や『バッテンロボ丸』以来第3作となる、ロボットを主人公とした作品である[1]。ロボットだけではなく擬人化した動物キャラクターも同格で登場しており、両路線のスタンスが融合している[1]。
あらすじ

「夢がなくては真っ暗闇。この世で泣く人嘆く人。泣くな、負けるな、挫けるな!もうすぐあいつがやって来る。
 この物語は、昇る朝日に友情を誓い、沈む夕日に愛を叫ぶ、誠のロボット・もりもりぼっくんの真実の記録である。」
(オープニングナレーション)

知蘭博士が夢見ている人間と動物、そしてロボットの共存を図る場として「知蘭ランド」というものを作り上げるために、それと仲良しになるための謎の「サムシング」なるものを探す、もりもりぼっくんと、その仲間のロボットや動物の人間社会での騒動を描いた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%82%8A%E3%82%82%E3%82%8A%E3%81%BC%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%93
hadogumi87.jpg


「おもいっきり探偵団 覇悪怒組」1987年
竹早小学校の5年3組の仲良し5人組、ヒロシ、ヤスコ、タケオ、サトル、ススムは、自分達が考えた「怪人魔天郎」が実際に現れた事に驚く。魔天郎から挑戦を仕掛けられたのを機に探偵団「覇悪怒組」を結成する。やがて新任の落合先生が魔天郎と変な所で共通点があることに気づくのだが、真偽を確かめる事が出来ない。覇悪怒組は果たして魔天郎を捕まえられるのか? そして魔天郎の正体とは……?
前番組『もりもりぼっくん』からジャンルを一新し少年探偵団ものへ移行した作品
従来の少年探偵団物とは違い、魔天郎の挑戦を通して「本当の悪とは何か」を覇悪怒組に伝えたり、子供を虐待する大人に摩天郎が怒り仮面に変身する等ジュブナイル色が強い。高度な秘密兵器も登場し、人気を博した[4]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%82%82%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%8D%E3%82%8A%E6%8E%A2%E5%81%B5%E5%9B%A3_%E8%A6%87%E6%82%AA%E6%80%92%E7%B5%84
maringumi88.jpg

「じゃあまん探偵団 魔隣組」1988年
江南小学校の5年生の仲良し5人組は、ドイツの潜水艦Uボートを発見し、そこを拠点にじゃあまん探偵団「魔隣組」を結成する。魔隣組は世紀の大怪盗ジゴマを倒す為に、ジゴマ探知機(ジゴマが近づくと反応する)などの様々な秘密兵器を使いジゴマを追いかける。
前作『おもいっきり探偵団 覇悪怒組』のヒットを受けて製作された少年探偵団シリーズ第2弾[1][2]。前作よりもシュールさを前面に出し、また、謎の転校生雨宮なども作品に独特の面白さを加えている。バンダイから発売された「ジゴマ探知機」などの関連商品も好評だった。
大怪盗ジゴマとは、白と黒のコスチュームに身を包んだ大泥棒。フルネームはフリードリッヒ・シュトロンハイム・フォン・ジゴマIII世[6]。出自・出生・性別その他全てが謎に包まれている。正々堂々とした華麗な盗みを信条とし、卑怯な行いを嫌う。そのため悪辣な犯罪者と戦ったり、傷を負うのを承知で魔隣組を助けた事もある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%82%E3%81%BE%E3%82%93%E6%8E%A2%E5%81%B5%E5%9B%A3_%E9%AD%94%E9%9A%A3%E7%B5%84

この後に魔法少女シリーズが続いて。
   魔法少女ちゅうかなぱいぱい! 1989
魔法少女ちゅうかないぱねま! 1989年
美少女仮面ポワトリン 1990年
不思議少女ナイルなトトメス 1991年
dairyugujo92.jpg

「うたう!大龍宮城」1992年
地球環境の汚染によって壊滅的な被害を受けた竜宮城の乙姫(中山博子)らが人間界にやってきて、様々な騒動を巻き起こすコメディドラマ。エド山口、斉藤暁ら多くの役者が魚介類を擬人化したキャラクターを演じ、スラップスティックコメディの世界を繰り広げる。
浦島太郎をモチーフにしており、日本のテレビドラマとしては珍しい本格的なミュージカル仕立てになっているのが本作品の最大の特徴
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%9F%E3%81%86!%E5%A4%A7%E9%BE%8D%E5%AE%AE%E5%9F%8E

最後にシュシュトリアンなんですね。
有言実行三姉妹シュシュトリアン 1993年

東映特撮ファンタジー(不思議編)の巻~
http://www.geocities.jp/kindanhm/toeifanta2.html


2017-03-06

東映不思議特撮シリーズ その前

なんか、けっこう面白そうだったんですね。

魔法少女の前に少年探偵団っぽいものがあり、
その前にファンタジー、ロボットシリーズがあり、
さらにその前にもあったんですね。

mahogumi76.jpg

「5年3組魔法組」1976年

原作  大堂勲
魔法を題材としたファンタジー特撮番組。
魔女そのものが主人公ではなく、魔法の力を与えられた少年たちが中心となっているのが特徴である。
魔女ベルバラは、演じる曽我町子のはまり役と言われ、曽我自身もこの役を気に入っていたという。

5年3組の仲良し五人組のアサコが蹴った缶が偶然、前を歩いていたおばさんに当たってしまいケガをさせてしまう­。
アサコはおばさんを自分の家に連れていき、治療をする。
そして、回復したおばさんは­、青いバッグ(MJ(マジ)バッグ)を忘れて帰ってしまった。
慌てておばさんを追う5人組だったが、そこで見­たものは、ほうきに乗って空を飛んでいるおばさん=魔女ベルバラだった。
魔女ベルバラは不思議でおかしな魔法の7つ道具の入ったMJバッグを5人組に預ける。
5人組と「MJバッグ」とベルバラによる大騒動が始まるのだった。
『全怪獣怪人』下巻、勁文社
https://ja.wikipedia.org/wiki/5%E5%B9%B43%E7%B5%84%E9%AD%94%E6%B3%95%E7%B5%84

0planet77

「ここは惑星0番地」1977年

原作:秋月一彦
制作の背景にはアメリカの映画『アドベンチャーファミリー』のヒットがあり、
設定などには『宇宙家族ロビンソン』からの影響も見られる

地球を観察研究するレバン星人は、地球人家族のサンプルをレバン本星に連れてゆく計画を実行に移した。
ごく普通の家族たち、島崎家、山田家、大井田兄妹はある日突然、レバン星のロボット・ダブロンによって「採集」されてしまう。
しかしレバン星に帰還する途中、彼らの乗った宇宙船ニホン号は事故に遭い
二つの太陽を持つ無人の惑星に不時着、脱出不能になってしまった。
三家族11人はこの未知の星を「惑星0番地」と名づけ、サバイバル生活をはじめることとなった。
11人は一致団結、時に対立しながらも知恵と勇気を頼りに、次々と襲いかかる危機を乗り越えていく。

見知らぬ惑星にたどり着いた家族がどうやって生き延びていくか、
その惑星にはどんな危険なことや不思議なことが待ち構えているのか。
そういった部分がストーリー展開の中核となっていた。
『全怪獣怪人』下巻、勁文社
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%92%E9%99%BA%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC_%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%AF%E6%83%91%E6%98%9F0%E7%95%AA%E5%9C%B0
http://park8.wakwak.com/~tokusatsu/zerobanchi.htm

dorichan78.jpg

『透明ドリちゃん』1978年

原作 石森章太郎
日本初の実写魔法少女もの
本作品のコンセプトは後に『東映不思議コメディーシリーズ』の原型となった。

主人公の青山ミドリは、ある日、弟の虎男とともに妖精の国、フェアリーに連れて行かれる。
そこでミドリは、長い間行方不明になっているフェアリー国の王女ゼリアンとして迎えられる。
しかし、それを事実として受け入れられないミドリは妖精界に留まることを拒否。

ガンバス大王は仕方なく、透明になれる魔法の玉「ドリームボール」と、
妖精を呼び出せる魔法のベル「フェアリーベル」を授け、
“周囲の者に夢と勇気と希望を与え続ける事”
“妖精界の秘密を他人に知られたらカエルになる事”を条件に姉弟を人間界へ帰すことにする。
二人は身の回りで起こる数々の事件を、ドリームボールとフェアリーベルで解決していく。

『全怪獣怪人』下巻、勁文社、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%8F%E6%98%8E%E3%83%89%E3%83%AA%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93


プロフィール

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード