2017-09-05

「シンゴジラから1年…」

こんなのやったんですね!
行きたかった!

<本日、東京都港区虎ノ門にて開催された『研究者メディアカフェ』というシンポジウムにて観客として参加しました。
テーマは「シンゴジラから1年 日本の防災と危機管理」。
こういうイベントは復習すると知識が(自分比)2.5倍くらい根付くので、以下つらつら呟きます。
#研究者メディアカフェ
たられば‏ @tarareba722 2017年8月26日
https://twitter.com/tarareba722/status/901459383208493056

第一話者 後藤隆昭さん(内閣府防災担当)災害時に政府はどういう仕組みで対応するのかを解説。
相変わらずのわかりやすいスライドとトーク。
今回は特に「防災制度がどういう経緯で出来上がったか」を解説。
阪神淡路が東日本大震災に、東日本大震災が熊本に、それぞれ「制度」に生かされていると実感。

特にスライドが充実しており、えー、あとでください。
民主主義国家においては、「防災」においても
「国民が(他の諸々の社会制度と折衷しながら)作り上げていくものなのだ」というのがよくわかる発表でした。

第二話者 山口昇さん(東日本大震災時の内閣官房災害担当参与/元陸将)
自衛官としてバリバリ現場の叩き上げ(ヘリ乗り)から内閣官房での総理提言までやったガチな「現場の人」。
めっちゃ面白い話でしたが、特に感動したのは「政治家によって、状況によって、会議室はデザインされるべき」という話。

「ボードはどこにどういうものが必要で、コピー機は何台どこに必要で、何より会議室はどこのビルの何階で」と。
マジか。防災ってそこからか。
というより「軍人の考えるシステム」ってこういうこと(準備が大事ということですね)かと、
じーんとしました。政治家になってくんないかな。

中村宏治さん(編集者、演出家、モデラー)
シン・ゴジラの「ここがちょっと変だった」と言う係。
特に示唆深かったのは「蒲田くんと品川くんと鎌倉くんはどういう理屈で同一個体だと認定されたのか。
普通あれは親子だと認識するのでは」と
「なぜゴジラは東京を目指していると推定したのか」。なるほど。

「途中に入る柔らかい話」として最適だった。
順番を考えた人と、役目をきっちり自覚して果たした中村さんすごい。
懇親会二次会ではお世話になりました。あんまり話に乗れなくてすみません。次回ぜひ。

第四話者 坂本圭子さん(国立環境研究所)
諸君、我らが尾頭ヒロミは環境省ではなく環境研にいたぞ。
外来生物の専門家。
固有種の脅威であるアルゼンチンアリの根絶に成功した大功労者なるも、
そのメソッドを記した論文の発表日にヒアリ上陸報道。
なんて日だ。研究者として侵入種と戦う毎日に応援を。
「侵入する種をすなわち根絶すべきだとは考えていません」という話や、
「ヒアリ判定キットの頒布見通し(製作のメドはもうついていて、あとはどう頒布するかという状況だそうです)」の話、
面白かったです。あと最近はミツバチを研究しているとのこと。応援したい。

最終話者 宇野賀津子さん(放射性生物学者)
「さまざまな見方はあれど、福島の原発事故で、放射線が原因による死者はいないといえる」、
「逃げるリスクと動かすリスクを計れ。
少なくとも高齢者は、逃げる場所が定まるまで動くべきではないと考える」と、
あまりにも実践的であまりにも重い提言が連発。

恥ずかしながら初めて知った放射線生物学という学問分野に、
目から鱗がバシンバシン飛び出しました。
すごい。面白い。
特に「生物はしたたかだ、癒えるんだ、という要素を、放射線物理学はもっと勘案してほしい」という話、
悶絶するほど面白かったです。


まとめ/このイベントすばらしすぎる。
なぜ無料なのか理解できなかったら、笹川財団がスポンサードしているそうです。
すげえ。笹川財団の好感度まで上がりました。
議事録か動画があれば楽勝でお金出します。
ヤバ研マジヤバい。ありがとうございました。また行きたい! 事務局の皆様お疲れ様でした!!>
スポンサーサイト

2017-07-06

メモメモ…

7月2日
<神さまが女の子の身体に男の子の心を入れたサファイヤ王子とか、
両性具有のあしゅら男爵やベルクカッツエなど、
マンガやアニメは遙か昔からLGBTを先取りしてたのでは。>
https://twitter.com/Calcijp/status/881330168932868096


三崎尚人‏ @nmisaki 6月30日
<今週の文春の『家の履歴書』に清水マリさん登場。
自伝読んでないんですが、「アトム」のアフレコの話とかいろいろ語られています。
劇団員の話とか有名人続々登場でおもしろすぎ。>
https://twitter.com/nmisaki/status/880603305562394624

三崎尚人‏ @nmisaki 6月30日
<「声優に憧れる人が増えていますね。
私達の時代は声の善し悪しが大事なのではなく、芝居の中で声を探していきました。
お客さんもいないスタジオで、競うように演じてきたんです。
そうやって、皆、「声優」と呼ばれるようになったんだと思います」
という清水マリさんの熱い締めの言葉が良いなと。>
https://twitter.com/nmisaki/status/880604186710233089


<ウルトラマンなどで、宇宙人がなぜ1人とか少人数で侵略してくるのか
子供心に不思議だったが、
「国家レベルで地球など侵略してもメリットはないので、
やってくるのは自然保護区での違法ハンティングで喜んでる
バカな金持ちみたいな連中だけだから」 という結論に行き着いた

攻めてくる宇宙人の計画がいいとこを突いていながら杜撰なのも、
これで説明がつく気がする
ウルトラマンの立ち位置が自然保護区のレンジャーみたいなものだとすると、
彼らは星間連合の税金で活動しとるのだろうか…

ウルトラセブンに出てくる宇宙人は
もう少し複雑な事情の場合が多いですが、
それでも、先のことはあまり考えてなさそう

ウルトラマンの訓練実習所見たいな部分も地球に有りますし、
怪獣や宇宙人も訓練に来てる可能性も有りますし、
地球人が御しやすいのもあるかも知れませんね。
ウルトラマンを恨んで来る敵や地球の意思が生みだした敵も居ますが。>
https://twitter.com/AdmiralStaden/status/880402401156399104

<国家っつ〜か惑星ごと
超々々々々々距離を移動だけでなく
現地人駆除しテラフォーミングするバカ宇宙人がこちら。
ガミラス人はバカ過ぎる! >
:http://blog.livedoor.jp/crazypierrot_00/archives/55552779.html …

こば@ジェミニのサガっ子クラブ‏ @koba200x1 6月26日

<舟木一夫といえばこのアレコード誰か紹介しないかな

「一度ヒーローソングを歌ってみたい」
という舟木さんの要望が通った曲
作曲は宙明先生でめっさ正統宙明ソングだw
#ij954>
https://twitter.com/koba200x1/status/879136654870536197

快傑!!児雷也  舟木一夫
渡辺宙明
https://www.youtube.com/watch?v=_liokbHv7cQ

コロちゃんのチャンバラ大行進~スーパー時代劇レアリティーズ~
Soundtrack
SHIBUYA TSUTAYA

2017-05-13

「ラブカ」を東京湾で捕獲

おお!
蒲田くんだ~!
すごかったです~!

<TOKIO>城島&山口が古代ザメ「ラブカ」を東京湾で捕獲
まんたんウェブ 5/13(土)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00000035-mantan-ent


2017-04-23

シン・ゴジラ「虚構と防災」

冬祭りの戦利品~!

シン・ゴジラを災害対策の切り口でまとめた「虚構と防災」

シン・ゴジラに登場した日本の行政の組織、制度、役職、施設等の解説本

2017-04-22

シン・ゴジラ本

こんな本を出されると、つい買ってしまうじゃないですか(笑)
singozilla17isido.jpg

シン・ゴジラ政府・自衛隊 事態対処研究 (ホビージャパンMOOK 789)
ホビージャパン (2017/3/31)

<“現実 対 虚構"――政府・自衛隊はいかにゴジラと戦ったのか?

緻密なまでにディテールされた政府・自衛隊の姿が注目された映画『シン・ゴジラ』。
本書は、行政・防衛・安全保障の専門家たちがゴジラと戦った
彼ら政府省庁や自衛隊組織の構造や組織、運用と能力について解説。

執筆 石動竜仁(軍事ブロガー)、横田明美(法学者・千葉大学准教授)、菊池雅
之(軍事ジャーナリスト)、関賢太郎(航空評論家)、多田将(物理学者・高エネ
ルギー加速器研究機構)ほか >

singozilla17_99.jpg

シン・ゴジラ GENERATION (ホビージャパンMOOK 784)
ホビージャパン (2017/3/31)

<ストーリー解説やキャストインタビューをはじめ、
制作スタッフインタビュー&コメントから、ゴジラデザインの変遷、
イメージボード、さらには竹谷隆之氏の雛型の撮り下ろし&メイキング写真の掲載など、
HJコンプリーションシリーズの編集チームが結集してお届けする
『シン・ゴジラ』映画ムックの決定版>

singozilla17takara.jpg

シン・ゴジラ 巨大不明生物との戦いの記録 (e-MOOK)
宝島社 (2017/3/28)

<劇中のキーアイテム、
分子構造解析図を大胆にプリントしたビッグトートバッグ(38×37×12cm)、
オリジナルデザインのシン・ゴジラ リフレクターの2大付録付き。

ゴジラ映画の新たな礎を築いた『シン・ゴジラ』を特集する付録付きムックの第2弾。
ゴジラの進行ルートの現地解説、
扮装統括担当の柘植伊佐夫氏によるコラム付きの登場人物ガイド、
小道具公開など、作品を隅々まで観返したくなる情報を掲載。>

singozilla17_99.jpg

シン・ゴジラ機密研究読本
柿谷 哲也 (著, 編集), 道上 達男 (著), 平岡 秀一 (著), 長谷川 宗良 (著), 小豆川 勝見 (著)
KADOKAWA (2017/2/28)

<映画のストーリーを追いながら、
『シン・ゴジラ』に登場した兵器や組織、
そしてゴジラの生態など、
『シン・ゴジラ』を見た人がふと気になる”謎”へと迫る副読本の決定版が登場!
軍事ジャーナリストや東京大学院教授たちとさまざまな分野の協力を得て、
シン・ゴジラの防衛作戦と生態を徹底検証し、
大真面目に説明するなど、映画がさらに楽しめるようになる1冊。

「海猿」などの原作者、小森陽一による特別寄稿には、
未発表の「ゴジラFINAL WARS」用プロットも全文掲載。
さらに、牧元教授が残した解析表折り紙が特典に!

※同書に掲載された『シン・ゴジラ』に対する記述内容は、
編著:柿谷哲也・取材班による独自の解釈と考察によるもので
、映画製作者側が保証するものではありません。
内容(「BOOK」データベースより)

自衛隊の装備でも初期対応を間違わなければ、ゴジラを倒すチャンスは何度かある。
自衛隊の実力とその作戦行動を解説する。
無尽蔵のエネルギーの素である核エネルギーは、本当に生命エネルギーに転用できるのか。
本当のゴジラ像を最先端にいる研究者たちが推測する。
法治国家である以上、政治家は法律に則って行動する。
次々と部屋を移動して行う会議は、決定する上で必要な順序。
その会議で話している真意を解説する。 >

gozilla17kuratani.jpg

ゴジラ幻論 ――日本産怪獣類の一般と個別の博物誌
倉谷 滋 (著) 工作舎 – 2017/2/18

<2016年、東京に上陸し、丸の内で活動を停止した巨大不明生物、通称「ゴジラ」。
従来の生物学の知見では単純に説明することのできない生態や機能、起源と発生プロセスの謎に、
生物学の最新知見をもって挑む。
「シン・ゴジラ」に登場する女性科学者のレポートや、
1954年初代「ゴジラ」の山根恭平博士の孫による講演記録など、
科学的知識と虚構が入り交じる一書。
出版社からのコメント

怪獣映画を切り口に進化発生学や形態学に触れる一書。
「シン・ゴジラ」を科学の最新知見とフィクションにより、まことしやかに考察する、ひとあじ違ったゴジラ本。
内容(「BOOK」データベースより)

妄想から科学へ「シン・ゴジラ」vs.進化発生学。ゴジラ、アンギラス、ラドン、モスラ、バラン…その生物学的起源とは?

倉谷 滋
1958年、大阪府出身。
京都大学大学院博士課程修了、理学博士。米国留学後、熊本大学医学助教授、岡山大学理学部教授を経て、
現在、理化学研究所主任研究員。主な研究テーマは、「脊椎動物頭部の起源と進化」など。
著書『分節幻想』(工作舎2016年11月刊)は、進化発生学から「頭の起源」をたどる大著。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)>

tokusatuhiho04.jpg

別冊映画秘宝 特撮秘宝vol.4 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)
洋泉社 (2016/7/27)

『シン・ゴジラ』の裏側がわかるスタッフインタビュー!
キャラクターデザイン・竹谷隆之/
准監督、特技統括・尾上克郎/
美術・林田裕至/
B班撮影・桜井景一/
特撮班美術・三池敏夫/
編集、VFXスーパーバイザー・佐藤敦紀/
白組プロデューサー・井上浩正/
自衛隊担当・岩谷造 原口智生がみた『シン・ゴジラ』/
兵器解説・青井邦夫/
『シン・ゴジラ』を読み解く11本

tokusatuhiho05.jpg

別冊映画秘宝特撮秘宝vol.5 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)
洋泉社 (2016/12/5)

この国の特撮は、まだまだやれる!
ゴジラ旋風2016

『シン・ゴジラ』エグゼクティブ・プロデューサー 山内章弘

アニメーション映画『GODZILLA』エグゼクティブ・プロデューサー 古澤佳寛

塚本晋也が語る、『シン・ゴジラ』、そして怪獣映画のルーツ

『シン・ゴジラ』牧吾郎教授役/岡本喜八・夫人 岡本みね子

海外ゴジラ少年、夢の実現 スペインのゴジラ少年が、『シン・ゴジラ』に出演するまで
ダニエル・アギラル

ゴジラと駅と在来線 泉麻人

進化する怪獣映画の自衛隊表現

大道具・美術製作 吉田美術 代表取締役社長 吉田晴美

カラーグラビア連動企画 特撮美術監督 三池敏夫の仕事

対談 原口智生×池田憲章 『シン・ゴジラ』の中の本多イズム
singozilla16eureka.jpg

ユリイカ 2016年12月臨時増刊号 総特集◎『シン・ゴジラ』とはなにか
青土社 (2016/11/25)

■キャスト・スタッフインタビュー
塚本晋也/高橋一生/竹谷隆之

■エッセイ
原一男/辻真先/高橋洋/小中千昭/飛浩隆/白倉伸一郎

■インタビュー
佐倉綾音/古田一紀

■論考
大塚英志/田中純/切通理作/福嶋亮大/斎藤環
関曠野/猪俣賢司/橋爪紳也/小林淳/福田貴成
池田純一/木村建哉/石田美紀/小泉悠/辻田真佐憲
倉谷滋/仲野徹/江川隆男/大橋完太郎/西川アサキ
稲葉振一郎/伊藤剛/円堂都司昭/西田藍/中尾麻伊香
谷口功一/林田新/串田純一

amazonカスタマーレビュー maypacc
<個人的には関曠野氏の全体評で多くのことが胸にストンと落ちた。
特にカヨコ論は、あの荒唐無稽さが果たした役割について感じたモヤモヤを綺麗に言語化してくれた。

独特の専門切り口から論考する方のはそれぞれ1つのことを深く掘り下げてあり読み応えがある。
ロシア軍事研究者、音楽批評家、動物比較形態学者。田中純氏による神話からの怪物論もおもしろい。
本書では数少ない女性の石田美紀氏による「女性はなぜ尾頭ヒロミに熱狂するのか考」の「尾頭と安田の配置変化」は白眉。>
https://www.amazon.co.jp/review/R22MTS5V42W9S3/ref=cm_cr_dp_title?ie=UTF8&ASIN=4791703189&channel=detail-glance&nodeID=465392&store=books
プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード