2017-09-08

アフリカ本1の表紙直し

実は3年前のアフリカ本2の後、
ずっとアフリカ本1の表紙をもうちょっと何とかしたいなあと思っていまして。
というのも、当時、やはり時間切れで、裏表紙に地図を入れられなかったり、
希望の色の紙がみつからなかったり、
次善の作ですましてしまったので。
なんか心残りで。

で、直した表紙をカバーにしてかけてしまおうと
画策しております。

断続的に直しの検討を続けていて。
家の改修工事とか法事とかで中断したりしてましたが、
裏表紙の地図も描いてもらって、ロゴも少し見やすく直してくれて、やっといい感じに絵が出来てきて、
後は表紙の紙とインクの色をどうしようかというところまで。
そして表紙の紙の色はもうちょっと明るい赤にしたかったんです。
あとできれば赤インクをのせたいけど、そうすると紙の色はもっと薄くないと。
とりあえず、両方のパターンで
いつくか試し刷りをしようというところまでこぎ着けました。
ふう。
スポンサーサイト

2017-09-07

また世界堂

もう一度、世界堂へ。
先日注文した紙を受け取りにと
アフガン本とシリア本4と
それからずっと懸案だったアフリカ本1の表紙の差し替えカバー
の紙を探しに。
今度は少しでも迷わないように 
ある程度見当をつけた紙のメモと表紙絵のコピーを持って行って。

それでも2時間迷った~。(笑)

見本帳の紙の在庫がなかったり
カット紙を見ているとあれもこれも使いたくなったり…

アフガン本の紙はアトモスのマホガニーに決定。
アフガン本も次回は補強用の遊び紙を入れたいけど、
表紙をコピーしてみないと、分からないのでペンディング。
(絵を入れてみるとけっこう印象が変わるから、紙の色だけでは決められない)

シリア本4の遊び紙は迷いすぎて、サンプルを買ってもう一回検討。
アフリカ本1の表紙用は何種類かサンプルを買ってみる。

2017-08-30

紙の話

レザックって好きな紙なんだけど、
こんなに種類があるなんて知らなかった…
メモメモ…

レザック66
カーフ(仔牛の皮)風のテクスチャーが、高級感と暖かみを感じさせるエンボスペーパーです。
http://www.takeo.co.jp/finder/search/details.php?d_id=387

レザック75
キッド(子ヤギ皮)風のテクスチャーを表現したエンボスペーパーです。
http://www.takeo.co.jp/finder/search/details.php?d_id=388

OKゴールデンリバー70
皮しぼ模様のエンボスペーパー。
薄手で高級包装、貼箱に適しています。
http://www.takeo.co.jp/finder/search/details.php?d_id=66

レザック80ツムギ
平安朝の伝統色から精選した、草木染の深みのある色。
日本の伝統織物である八丈白紬の風合いを再現した紙です。
http://www.takeo.co.jp/finder/search/details.php?d_id=389

レザック82ろうけつ
渋味、深みのある日本の伝統「染めろうけつ」を再現したパターンの紙です。
http://www.takeo.co.jp/finder/search/details.php?d_id=390

2017-08-29

久しぶりの世界堂

世界堂
久しぶり
やっぱり紙がいっぱいある!

今のうちに 完売したアフガン本 増刷用の表紙と
シリア本4の遊び紙の追加を探しに。

岩はだ 見本帳あった。色が増えてる。う~ん、悩む
え?売ってるの?わーい!

あまり時間がなくて、迷いすぎて、
結局「岩はだ」の新色のカット紙を注文して
急いで帰る。

トレペの見本帳もあった。
うち帰ってよく見てたら、ずっと探していた紙があった!
アートドリーブ!

2017-08-14

シリア遊記4ダマスカス 後記

失われた世界遺産
ダマスカスのウマイヤモスク

最初にイメージしたのは
もし破壊されてしまった往時の写真と
モスク以前の姿 神殿?教会?の想像復元図を
だいぶ以前に見つけていて、
それをぜひとも紹介したかった。

当初、それ以外にたいした図版資料があった記憶はなかった
でも集めた資料をひっくり返していくと、
出てくる出てくる…
回廊のアーチ、旧神殿?の復元見取り図
旧神殿の復元図がもうひとつ
それからミナーレットの断面図
礼拝堂の断面図
謎の時計塔の図

それらが載っている本は
現地で入手した
ウマイヤモスクの本
著者はシリア考古学局のおえらいさん
The Great Umayyad Mosque of Damascus
Afif Bahnassi

Tlass,Damascus 1989

これは紹介しなくては!

それからローマ時代のダマスカスの地図が出てきた。
16~17世紀のダマスカスの絵図

資料を読みこんでいくと、
謎の時計塔の記述を見つけた!

世界の博物館 18 シリア国立博物館
増田 精一 (編さん), 杉村 棟 (編さん)
: 講談社 (1979
前嶋信次-中世のイスラム世界の時計台

さらに資料を読みこんでいくと、
もっと以前の紀元前10世紀の古代の神殿のイメージがわかっていることがわかった!
エルサレムの神殿と同じ様式だという。
それからエルサレムの神殿の図を探して。
がんがん出てくるのは第二神殿
それ以前の第一神殿の図がなかなか見つからない。
でもやっと見つけた!

すると、そっくりな構造の遺跡があるという!
それがアイン・ダラーの神殿!

あと見つからなかったのは
ウマイヤモスクのモザイクがよく似ているという
イタリアの教会のモザイクの資料

これは今後の課題
プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード