fc2ブログ

2022-10-11

タッシリ・ナジェール本

タッシリ・ナジェール関係の本は何冊か持っています

Tasili1958HenriLhote.jpg
タッシリ遺跡 サハラ砂漠の秘境
アンリ・ロート 毎日新聞 S35( 1958)

(再録)
kimura_arte africa1969.jpg
アフリカ美術探検 : 一万年の美術史を探る
木村 重信

講談社; 1969
<1967年、京都大学大サハラ学術探検隊の
大サハラ縦横断隊による大サハラ2万5千キロ大踏破の成果
アルジェ~マリ~ニジェール~ダホメ~ナイジェリア~カメルーン~チャド~スーダン~エチオピア
を中心に、数次にわたるカラハリ砂漠などアフリカ調査行の成果を資料を駆使して紹介>
この人は
<65年に南アフリカのカラハリ砂漠へ調査に行き、
翌66年には『カラハリ砂漠 アフリカ最古の種族ブッシュマン探検記』(講談社)で第20回毎日出版文化賞を受賞。
また67年11月から翌68年4月まで、山下孝介率いる大サハラ学術探検隊に参加。
サハラ砂漠の先史岩壁画やマリ共和国のドゴン族の美術、エチオピアにおけるキリスト教美術や先史遺物などの調査を行った。>
『日本美術年鑑』
<1967-1968年「京都大学 大サハラ 学術探検」(総隊長・山下孝介)を企画し、
講談社創業60周年とフジテレビ開局10周年の事業にドッキングしたそうです。>
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E9%87%8D%E4%BF%A1

sahara1983kimura.jpg

『サハラの岩面画 タッシリ・ナジェールの彩画と刻画』
木村 重信 (著),門田修写真
日本テレビ放送網 1983

タッシリ・ナジェール 遺跡との対話 2
/森本 哲郎・富山治夫(写真) 平凡社カラー新書(1976年)
トンブクトゥとタッシリナジェールの旅行記

sahara2010nomachi.jpg

サハラ、砂漠の画廊―タッシリ・ナジェール古代岩壁画
野町 和嘉
(著)新潮社 (2010
1972年以来、何度もサハラを訪れた作者が、3度タッシリナジェールを訪れ、
1978年に撮影したものを中心に、3冊のサハラのの写真集に部分的に収録したものと未発表のものを加えて
2009年の世界遺産展を期にまとめたもの

『サハラ縦走』野町 和嘉
日本交通公社出版事務局、1977年
サハラ砂漠とタッシリナジェールを縦断した取材・旅行記録

再録
wwheri59.jpg

アルジェのカスバ
(週刊ユネスコ世界遺産, no.59 . アルジェリア)

講談社, 2005

アルジェリアとリビア
タッシリ・ナジェール、タドラート・アカクス岩絵

wheri11_98.jpg

ユネスコ世界遺産 11 北・西アフリカ
ユネスコ世界遺産センター 監修、 講談社 1998

サハラ砂漠の岩絵 タッシリナジェールは10ページ
スポンサーサイト



2021-05-10

古代アフリカ(考古学の探検))

これも児童書ですが侮れません。
簡単にですが、ちゃんとポイントを紹介されていますね。

古代アフリカ―400万年前の人類と消えた王国 巨大大陸の謎を追う
(ナショナルジオグラフィック 考古学の探検)

ヴィクトリア シャーロー (著), ジェイムズ デンボー (監修), 赤尾 秀子 (翻訳)
BL出版 (2013
africaanc2013natiogeo.jpg

<謎につつまれた古代アフリカの歴史を、考古学者たちの歩みとともに紹介
ヒトの歴史にまつわる発見、
世界最古の岩絵や洞窟壁画
謎に包まれたグレートジンバブエ遺跡など>
https://www.blg.co.jp/blp/n_blp_detail.jsp

オルドヴァイ渓谷(タンザニア)・ブロンボス洞窟(南アフリカ)
ヌビアの遺跡ゲベル・バルカルと周辺のナパタ地方の遺跡群(スーダン北部)
タッシリナジェール(アルジェリア)、南アフリカのドラケンスバーグ
謎に包まれたグレートジンバブエ遺跡(ジンバブエ)
ジェンネ・ジェノの発掘調査(マリ)

この辺もほとんど世界遺産ですね~

sudan01_202105311133368aa.jpg
https://www.jica.go.jp/nantokashinakya/member_reports/36_nagashima_sudan_01.html

ゲベル・バルカルとナパタ地域の遺跡群(スーダン北部)
http://whc.unesco.org/ja/list/1073
https://en.wikipedia.org/wiki/File:Ancient_Egypt_map-en.svg

tanzania01.jpg
https://anza-africa.com/blog/1603

オルドヴァイ渓谷<ンゴロンゴロ保全地域(タンザニア)
http://whc.unesco.org/ja/list/39
South_Africa_wiki.jpg
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD
ドラケンスバーグ公園-世界遺産(南アフリカ)
http://whc.unesco.org/ja/list/985

Algeria_wiki01.jpg
アルジェリア(wikiより)
タッシリナジェールTasili n Ajjer
http://whc.unesco.org/ja/list/179

Mali_wikimapa01.jpg
マリ (wikiより)
ジェンネ旧市街Djenné)
ジェンネ・ジェノ Djenné-Djenno
http://whc.unesco.org/ja/list/116

Zimbabwe_wikimapa01.jpg
ジンバブエ (wikiより)
大ジンバブエ遺跡 Great Zimbabwe
http://whc.unesco.org/ja/list/364
カミ遺跡群 Khami
https://skyticket.jp/guide/135631
マトボの丘群 Matobo
whc.unesco.org/ja/list/306
https://skyticket.jp/guide/135648

2021-05-09

アフリカの世界遺産

アフリカの世界遺産の本、まだあった。
wwheri74.jpg

ヴィクトリア滝 ; 大ジンバブエ遺跡
(週刊ユネスコ世界遺産, no.74
. ジンバブエ・ザンビア)
講談社, 2002.5

ジンバブエ出ていたんですね!知らなかった!

wwheri59.jpg

アルジェのカスバ
(週刊ユネスコ世界遺産, no.59 . アルジェリア)

講談社, 2005

こちらはアルジェリアとリビアというわけで
タッシリ・ナジェール、タドラート・アカクス岩絵
サハラ砂漠のオアシス・ガダーミス、ムサブの谷が載っています

そしてこちらは箱付きハードカバー版
西アジアは持っているんだけど、
北アフリカも出ていたのは知らなかった~。

wheri11_98.jpg

ユネスコ世界遺産 11 北・西アフリカ
ユネスコ世界遺産センター 監修、 講談社 1998

モロッコ・アルジェリア・チュニジア・リビア・エジプト
モーリタニア・セネガル・マリ・ニジェール・コートジボワール・ギニア・ガーナ・ベナン・

というわけで、トンブクトゥとジェンネが載っています。6 ページずつ
それからサハラ砂漠の岩絵 タッシリナジェールは10ページ!

北アフリカはフェス・マラケシュ・カスバ・カルタゴ・チュニス・カイルアーン
カイロ・メンフィス・テーベ・アブシンベルなど盛り沢山
wheri12_97.jpg

ユネスコ世界遺産  12 中央・南アフリカ
ユネスコ世界遺産センター監修、講談社、1997年

エチオピア・カメルーン・中央アフリカ・ザイール・ウガンダ・
タンザニア・マラウィ・モザンビーク・ザンビア・ジンバブエ
マダガスカル・セイシェル

というわけで、ジンバブエ・カミ載っています
6ページずつ

アクスムとエチオピアの2つの教会遺跡とティヤの石碑群以外は
ほとんど自然公園ですね。

13巻目の新指定版が出ていたらしいけど、
何が載っているのかな?

2021-04-30

トンブクトゥ ディアゴスティーニ版

書庫を探したら、こんなものも出てきました。
全然別の棚にありましたよ。(笑)
tombouctou2006dia.jpg

世界遺産DVDコレクション
No.37 トンブクトゥ
・ゴレ島・タイ国立公園
ディアゴスティーニ 2006

トンブクトゥ・ゴレ島・タイ国立公園、解説は各4ページずつ
カラ ー写真あり
映像は10分ずつ

ゴレ島はマリの西、セネガル
タイ国立公園はマリの南、コートジボワール


ちなみに講談社の
週刊ユネスコ世界遺産 No.85 2002年 7/25号
マリ 伝説の都市トンブクトゥ,ジェンネの旧市街 –
伊藤 裕 (編集) 講談社 (2002

でもゴレ島とタイ国立公園は載っていて、
その他にもアフリカ西部の世界遺産が16もまとめて載っています。
見開きの空撮の写真はジェンネ

そうなんですよね。
ディアゴスティーニ 版でジェンネがないなあと思っていたら
ありましたよ。
こちらも映像は10分ずつ

djenne2005diagostini.jpg

ディアゴスティーニ
世界遺産DVDコレクション31
カイロ・マラケシュ・ジェンネ

2005

2021-04-27

『古代アフリカ(古代遺跡シリーズ)』

こんな本もあった~!
newton1997africa.jpg

アンソニー・ブリアリー著、古賀浩訳 
『古代アフリカ(古代遺跡シリーズ)』 
ニュートンプレス、1997年。

東アフリカのクシュ、メロエ,アクスム
ズール族
西アフリカのジェンネ・ジェノ
古代の王国ガーナ、マリ、ソンガイ
簡単だけど図解・イラスト載っています

こういう絵本、侮れないんですよね。
プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード