2017-05-17

南アフリカだ~!

5月16日

天国の草原はたぶんこんな感じ
 “ケープタウン・テーブルマウンテン”
【南アフリカ】2017.03.10
http://getnews.jp/archives/author/hiroyuki
Hiroyuki Nisimura‏認証済みアカウント @hiroyuki_ni 3月10日

そんなわけで、約2週間ほど南アフリカに行ってまして、記事書きました。
https://twitter.com/hiroyuki_ni/status/840084562994638850
スポンサーサイト

2017-05-03

くらやみ祭のアフリカ

くらやみ祭(府中市の大國魂神社のお祭り)に使われている大太鼓がアフリカ製?

たまたまTV付けたら、くらやみ祭りの中継をやっていて、
大太鼓がアフリカ製って聞いて、びっくり!
こんなところにアフリカが!


御先拂御太皷
歌口径: 2m00cm 1985(昭和60)年製作(材質:ブビンガー)(アフリカ・カメルーン産
皮 :和牛の雄(富山県産・生後10歳前後)
https://www.ookunitamajinja.or.jp/homotsu/homotsu-02.php

6つの大太鼓のうち、4つがブビンガーですって!
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8F%E3%82%89%E3%82%84%E3%81%BF%E7%A5%AD

<アフリカでも、南大西洋側の大陸の中央部、赤道直下のガボン共和国周辺は、
世界でも2番目に広い熱帯雨林で覆われた豊かなジャングルが広がる地域なのです。
そしてこの熱帯雨林でジャングルの王として君臨しているのが、ライオン、、、ではなく「ブビンガ」。

ブビンガ (Guibourtia) は、ジャケツイバラ亜科の常緑広葉樹です。
幹の直径は3m、樹高は25-30mと熱帯雨林の中でもひときわ大きくなる巨木で、
世界中でも硬質材でブビンガ以上の大径木はないと言われています。

それが沼地や河川の近くの水分の多い場所に群生して
アフリカの原生林を作り出しています。

ガボンでは、ブビンガの途方もない巨木を神聖なものとして
「神様が宿る木」としてあがめて大切にしていました。

昨今は美しい杢(もく,杢目(もくめ))に人気が出て
このブビンガの巨木が大分伐採され、枯渇するのも時間の問題だと言われています。

ブビンガの杢の美しさは、楽器とした時に装飾性が高く、
またブビンガの木が持つ音質もクリアーな低音、輪郭のはっきりした中高音が出ると、
ギターや、ドラム、カホンなど音を奏でる楽器としても大変重宝されています。
最近では日本古来の和太鼓の胴部分にも欅の代用品として、ブビンガが使用されています。
https://www.interior-plus.jp/blog/11361/

2016-10-13

ザンビアフェア!

ええっ? こんなのやっていたの?
知らなかった!
もう終わってしまったのですが、興味深いので、
再録させていただきます。
原宿でも開催とのこと。覗いてみたいです。

ザンビアフェア(2016年8月1日~8月31日)
<好評につき9月15日まで開催!
東京都府中市のホテルコンチネンタル(京王線府中駅徒歩2分)内にある
レストラン”Filly”でアフリカのザンビア料理とコーヒーフェアを開催しています。
都内にあるサクラホテルに併設の「サクラカフェ」との共同企画で、
現地の料理と薫り高いコーヒーをホテル内レストランでご提供いたします。

一般的なザンビアの料理

ザンビアの料理は、マメ類や川魚を使ったヘルシーであっさりした味付けのものが多く、
味付けはアフリカンですが日本のヘルシーフードに似たメニューが多いのが特徴です。
ザンビアフェアでは、日本にお住まいのザンビアの方やザンビア大使館のご協力を得て
現地の料理方法を再現し、初めてザンビア料理を食べる方にも楽しんで頂けるように、
ホテルコンチネンタルのレストランFillyのコック長が腕によりをかけご用意した逸品です。

主食

ザンビアの主食はトウモロコシの粉から作る「シマ」です。
トウモロコシの粉とお湯を混ぜて、ダマにならないように丁寧に練りながら火にかけて、
粘りが出てきたものをお皿に盛り付けます。
最初に食べた方は食感にビックリするようですが、後を引く美味しさです。

メインディッシュ
カペンタという淡水魚や鶏肉、マメ類と野菜を、
アフリカンスパイスであっさり仕上げた味付けものが多い。

飲み物
コーヒーはアフリカ発祥と言われており、
コーヒー通の間で「生産量は少ないが質が高い」と語られている
ザンビアコーヒーは日本でも希少価値の高い飲み物です。>

****

緑黄色野菜と落花生の煮込みとアフリカンソーセージ
Ifisashi, Sausage & Nshima or Rice
アフリカンスパイスの効いたソーセージが食欲を誘う定番メニュー。
ザンビア名産の落花生を用いた煮込みのイフィサシ
主食のシマ。

ザンビア風チキンウイングとオクラとトマトの煮込み
Chiken wing, Okra & tomato stew and Nshima
ザンビアのお祝いごとに欠かせない料理。
手羽先をカリッと揚げてアフリカンスパイスで味付け
ライス or シマ(とうもろこしの粉で作った主食)

ザンビア風チキンシチュー
Chicken Stew & Nshima or Rice
チキンとトマトとオニオンの煮込みシチュー
鶏肉をトマト、玉ねぎ、パプリカと一緒にじっくり煮込んだシチュー。
素材の旨味がたっぷり入ったシチューを、ガーリックと生姜であっさりした味付けがザンビア風です。
ライス or シマ(とうもろこしの粉で作った主食)

ザンビア風ビーフシチュー
Beef Stew & Nshima or Rice
ビーフとトマトとオニオンの煮込みシチュー
牛肉をトマト、玉ねぎ、パプリカと一緒にじっくり煮込んだシチュー。
素材の旨味がたっぷり入ったシチューを、ガーリックと生姜であっさりした味付けがザンビア風。
ライス or シマ(とうもろこしの粉で作った主食)

鯛の唐揚げトマトソース掛け
Deep-fried sea bream with tomato Sauce & Nshima or Rice
カリッと揚げがった魚が香ばしい食感
鯛を素揚げにし、トマトソースを掛けたザンビアで人気のメニューを再現しました。
※現地ではティラピアブリームを使用しますが、代わりに鯛で調理しています。
カレンブラ(サツマイモの葉とトマトと玉ねぎを炒めた人気の料理)
ライス or シマ(とうもろこしの粉で作った主食)

鯛の唐揚げピーナッツソース掛け
Deep-fried sea bream with peanuts Sauce & Nshima or Rice
カリッと揚げがった魚が香ばしい食感
鯛を素揚げにし、ザンビアならではのピーナッツソースを掛けた人気のメニューを再現しました
。※現地ではティラピアブリームを使用しますが、代わりに鯛で調理しています。
カレンブラ(サツマイモの葉とトマトと玉ねぎを炒めた人気の料理)
ライス or シマ(とうもろこしの粉で作った主食)

チトンブワ(ザンビア風ドーナッツ )のコーヒーセット
Iced Zambian Coffee & Zambian Doughnuts (Chitombuwa)
シンプルなチトンブワは添えてあるピーナッツバターやはちみつでお好みにアレンジ
コーヒー or アイスコーヒー(ザンビア産豆使用)

サツマイモのピーナッツソースのコーヒーセット
Sweet potato with Zambia's popular peanut sauce
さつまいもにピーナッツソースを掛けたデザート
コーヒー or アイスコーヒー(ザンビア産豆使用)

クリームカップケーキのコーヒーセット
Iced Zambian Coffee & Cup Cakes (Butter Icing cream)
ザンビアのアイシングシュガーを使用
ザンビアならではのアイシングシュガー(粉砂糖)を使用した
バタークリームをお楽しみ下さい。
見た目と違い落ち着いた甘さです。

史上初、府中でザンビア料理が食べられる!?現地人監修の本格フェアが8月限定で開催!<Africa Quest.com
http://afri-quest.com/archives/5451


ザンビア料理のフェア!
By chipa on 2016/06/16
http://www.sakura-house.com/blog/jp/2016/06/16/%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%93%E3%82%A2%E6%96%99%E7%90%86%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%EF%BC%81/


ザンビアの料理ってなに??
http://www.sakura-house.com/blog/jp/2016/04/18/%e3%82%b6%e3%83%b3%e3%83%93%e3%82%a2%e3%81%ae%e6%96%99%e7%90%86%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%ab%ef%bc%9f%ef%bc%9f/
「原宿にザンビア料理がやってくるっ!」
ホテルコンチネンタル府中で大好評のうちに終了しましたあのザンビア料理が10月1日からDFカフェにて期間限定でお楽しみいただけることになりました!!

しかもデザインフェスタ内でザンビアの郷土アイテムを展示&販売するスペースも同時開催!!
http://www.sakura-house.com/blog/jp/2016/09/27/%e3%82%b6%e3%83%b3%e3%83%93%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a2-in-%e5%8e%9f%e5%ae%bf/

ザンビアフェア!in 原宿 -ZAMBIA FAIR-【2016/10/1-10/31】
http://www.sakura-house.com/blog/jp/2016/10/04/%e3%82%b6%e3%83%b3%e3%83%93%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a2%ef%bc%81in-%e5%8e%9f%e5%ae%bf%e3%80%80-zambia-fair-%e3%80%902016101-1031%e3%80%91/


【日時】2016年10月1日(土)〜 10月31日(月)
【時間】デザイン フェスタ ギャラリー (20:00まで)/デザイン フェスタ カフェ&バー(23:00まで)
【住所】東京都渋谷区神宮前3-20-18
http://afri-quest.com/archives/7668


・ザンビアプレート 500円
トウモロコシの粉から作る「シマ」というザンビア伝統の伝統的な主食と共に、
緑黄色野菜のピーナッツソース和え、豆のトマト煮込み、ザンビアのビーフシチューをお召し上がりいただけます。
http://designfestagallery-diary.blogspot.jp/2016/09/1011031-in.html


ザンビア<その土地の食<2人の世界旅<旅して
http://tabisite.com/hm/shoku/z21/

ザンビアの家庭料理< | スタッフブログ ~日常のひとこま編~
http://fujita-plan.com/blog2/2015/06/09/%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%93%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E6%96%99%E7%90%86/


http://www.sakura-house.com/blog/jp/2016/04/14/%e8%87%aa%e7%84%b6%e5%9b%bd%e7%ab%8b%e5%85%ac%e5%9c%92%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%be%e3%81%9b%e3%82%93%e3%81%8b%ef%bc%9f/

2015-05-27

アフリカ音楽

popafrica800_ogiwara.jpg

ポップ・アフリカ800 アフリカン・ミュージック・ディスク・ガイド
荻原和也、 石田昌隆
アルテスパブリッシング (2014

ある日偶然、図書館でこんな本を見かけてまして。
私の大好きなハムザ・エル・ディーンと
友人の大好きなユッスー・ンドゥール以外は全然わからない…。

紹介にはこうあります。
<世界に類を見ないアフリカ音楽ガイドの決定版がパワーアップして登場!
歴史的名盤から最新録音まで、
西・東・南アフリカのあらゆるジャンルとアーティストの
アルバム800枚を集大成!
ピーター・バラカンさんや故中村とうようさんが絶賛>

かなりマニアックだけど、私には歯が立たない。
アフリカ音楽は本当にまだまだ未知の世界です。
他にももう少し、分かりやすい本はないかとちょっと探してみました。

afropopdg_yosimoto.jpg

アフロ・ポップ・ディスク・ガイド
吉本 秀純 (監修)
シンコーミュージック  2014

<ロバート・プラントを砂漠へ導き、
アニマル・コレクティヴの頭を狂わせ、
デーモン・アルバーンの運命を変えたアフリカ音楽。
その魅力を、グローバル/ジャンルレスな今日的視点で再検証。
カラフルに揃った400枚で既存のアフロ・ポップ観を更新する、
ありそうでなかった画期的な一冊! >

<アフリカ音楽がなかったら、ロックンロールは存在しなかった?>
欧米のポップ音楽とアフリカ音楽の相互関係史?
ちょっと面白そうです。

アフリカン・ポップス!――文化人類学からみる魅惑の音楽世界
鈴木裕之 (著, 編集), 川瀬慈 (著, 編集)
明石書店 2015

<レゲエ、アフロ・ビート、ターラブ、エチオジャズにヒップホップ等々…。
アフリカ音楽を愛しすぎるあまり、現地で音楽に触れるにとどまらず、
ついには文化人類学として研究するまでになってしまった著者たちが語る、
魅惑のアフリカ・ポピュラー音楽の世界。 >

ああでも、実はまずもっと、伝統音楽について知りたいんですが。

arabafrica_popura.jpg

国際理解に役立つ 世界の民族音楽〈4〉アラブとアフリカの音楽
若林 忠宏 (監修), こどもくらぶ (編集)
ポプラ社 (2003
<イスラム文化のさかえたペルシア、アラビア、トルコ、北アフリカなどアラブの国ぐにと、
多様な文化が各地にさかえたサハラ以南のアフリカの国ぐにの音楽を紹介する。
小学校高学年~中学生向。 >

あ、これだけ持ってますわ。
アラブ音楽なので。絵本です。
そうか、これにアフリカも入っていたんですね。
楽器の紹介が載っています。

africamusico nketia.jpg

アフリカ音楽
クヮベナ ンケティア (著), 龍村 あや子 (翻訳)
晶文社 1989

<激しいリズム。躍動する身体。手拍子。呼応する歌声。奇想天外な楽器の数々。
…広大なアフリカ大陸で育まれてきた多彩で強烈な音楽文化。
その伝統を歴史的・社会的背景からダイナミックに描きだし、
演奏の実際と音楽の構造に光をあてる。
みずからの豊富な体験をもとにアフリカ音楽の全体像を明かし、
民族音楽学における研究の道をきりひらいた先駆的仕事。
貴重な譜例や写真のほか、部族地図、ディスコグラフィ、用語解説、文献目録などを付した決定版。 >

これはまた専門的すぎて歯が立たないけど、楽器の解説は好き。

africanooto tukada.jpg

アフリカの音の世界―音楽学者のおもしろフィールドワーク
塚田 健一 (著)
新書館 (2000

クヮベナ ンケティアの『アフリカ音楽』が優れた解説書にもかかわらず、
アフリカで体験した感動や驚きが蘇ってこなかったので、
「感じたアフリカ」をわかりやすく伝えたいという趣旨の本という。
面白そうです。

africamusicosozo siraisi.jpg

アフリカ音楽の想像力
白石 顕二 (著)
勁草書房 (1993/

<伝統からポップへ。
新しい創造の時代に入ったアフリカ音楽世界の最新事情。 >

確かアフリカ映画の人。
前世紀末から様々な日本人が移住していたとかいう話も。
かなり幅広い博学知識が散りばめられていて
ちょっと面白そうです。

ethnicomusicoaf_narusawa02.jpg

民族音楽のたのしみ―オセアニア、アフリカ
(音楽選書)
成澤 玲子 (著)
音楽之友社 (1984

世界の民族音楽の研究に生涯を捧げた小泉文夫氏と、
NHKFMの音楽番組、「世界の民族音楽」を担当なさったという方。
これも面白そうです。

muodomusicoaf_kitanaka.jpg

世界は音楽でできている[中南米・北米・アフリカ編]
北中 正和 (著)
音楽出版社; (2007

各地域の主な音楽、注目アーティスト、ディスクガイド、各種コラム、ブックガイド、コミックで構成。
わりと面白そうです

まだ読むのが追いつかないけど、
面白そうです。
忘れないように。メモメモ…。

<追記>
griotmusico_narusawa.jpg

グリオの音楽と文化 : 西アフリカの歴史をになう楽人たちの世界
成沢玲子 著 勁草書房 1997

<マンディンゴの音楽文化をクローズ・アップ。
ワールド・ミュージックの旗手サリフ・ケイタや、
モリー・カンテの音楽を支えるグリオの伝承が今ここに展開する。

グリオとはアフリカの語り部。
吟遊詩人にして歴史の語り部であり音楽家。
彼等は何を伝えてきたか、そして今日をどう生きているのか。

西アフリカにおける著名な存在「グリオ」を主人公に据え、
その音楽と文化を紹介・解説する。
一つの口承文化・音楽文化の優れた希有な可能性を描き出した大変な労作。>

<マンディンカ(Mandinka、マリンケ(Malinke)若しくはマンディンゴ(Mandingo) -「人」)は、
西アフリカのマンデ系(英語版) (Mandé) に属し、
生物学的、文化的にサハラをまたいで中東から西アフリカにかけて行われた
貿易を支配したマリ帝国 の子孫である。

マンディンカの有名人に
アレックス・ヘイリーの本でのちにテレビドラマ化された
『ルーツ』の主人公クンタ・キンテ (Kunta Kinte) がいる。

リチャード・フライシャー監督作品のアメリカ映画『マンディンゴ』(1975年)は
奴隷牧場を運営する一家の栄光と没落を描いた>wiki

2015-01-09

アフリカ事情

2015年1月4日
アフリカ各国の電気なし生活者数とその割合 
http://cleantechnica.com/2014/10/14/renewable-energy-share-sub-saharan-africa-iea/ … 
数値が人数、赤の濃淡が割合を示す。
サハラ砂漠を境に綺麗に分かれる。
軒並み75%超のサブサハラ諸国全体で日本の5倍の人口が電力にアクセスできてない。
https://twitter.com/Kelangdbn/status/551823950599032832
http://cleantechnica.com/2014/10/14/renewable-energy-share-sub-saharan-africa-iea/
Africa electricity.jpg

アフリカ各国でのフランス語話者率
http://i.imgur.com/Gk1D8gu.png
Spica @Kelangdbn · 1月1日
https://twitter.com/Kelangdbn/status/550468155672231938

africa_french.jpg


アフリカ各国でのビジネス用言語
http://www.africacncl.org/business_languages_in_Africa …
英語の存在感があまり大きくない
- 2014年12月31日
https://twitter.com/Kelangdbn/status/550335582677659651
http://www.africacncl.org/infographics

African-Business-Languages.jpg

いやあ、見事に植民地時代を反映していますねぇ。
プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード