fc2ブログ

2022-10-10

タッシリ・ナジェール

タッシリ・ナジェール、Tasili n Ajjer いいですよねぇ…
過酷すぎて、とても行かれそうにないけど
すごく惹かれます

ニジェール川河畔のトンブクトゥやジェンネ、ガオ、
そしてガーナ・マリ・ソンガイ王国の成立にも
深くかかわっている感じですよねぇ

そのうち、いろいろ調べたい…

<サハラ砂漠中央部にある台地タッシリ・ナジェールには、数千万の先史時代の岩壁画遺跡が点在している。
女戦士の絵、羊や牛、馬などの動物の絵、狩猟の絵など様々な場面の絵が、
高さ1.2~3mのシェルター状の窪みの壁面に描かれている。
地名は「水流の多い台地」の意味>
http://whc.unesco.org/ja/list/179

タッシリ・ナジェール(アルジェリア)紀行  筒井 淳
https://www.icd-japan.gr.jp/pub/vol43/vol43_21.pdf
行物43:ICD-国際歯科学士会日本部会 第43巻1号 2012年7月
https://www.icd-japan.gr.jp/pub/journal_43.html

悠久の時を紡ぐ壁画、アルジェリアの世界遺産タッシリ・ナジェール
https://skyticket.jp/guide/116108

Algeria_wiki01.jpg
アルジェリア(wikiより)
タッシリナジェールTasili n Ajjer
http://whc.unesco.org/ja/list/179
スポンサーサイト



2022-10-09

サハラ岩絵写真展@目黒区美術館

アフリカのサハラ砂漠に眠る先史時代の一連の岩絵群
昔、子供の頃、『未来への遺産』で見て、感動して、今でも鮮明に覚えている。
サハラ砂漠が緑豊かな時代があった
動物や戦車が描かれて…
アンリロートが見つけて、模写をするのに乱暴に扱って駄目にした部分もあると聞く
わくわくしながら資料を読んで、写真集も買った
踏破した山田さんの記述も読んだ
いつか行かれるだろうか?という夢と希望は漠然と持っていた
でも現実にものすごく厳しいこともわかっている
sahara2210hnfs01.jpg

その写真展があるというので、行ってみた。
現物は簡単に見に行かれるわけではない。
写真集も持っているし、正直特に目新しいことは期待していなかった
でもこんな機会もめったにあるものじゃないし、
まあこんなマイナーなイベントなら、混まないだろうと。

最初はガラガラで、ゆっくり見られました。
知らなかったけど写真家の解説時間になるとすごく混雑してきたので、早々に引き上げた。

壁全面に、実物大まで拡大した写真が臨場感あふれて興味深かっです。
こんなふうなんだ…
有名な白い巨人、こんなに大きいんだ…
まさか実物大の光景が見られるとは思わなかったので、圧倒された
おもな岩絵の丁寧な解説もあって、知見を広めることができた

アンリロートが駄目にしたという復元図もあった
これはすごい!
「イヘーレン岩壁画」(アルジェリア)
sahara2210hnfs.jpg

SaharanRockArt2022.png
(パンフレットより)

『サハラに眠る先史岩壁画
英 隆行 写真展

【撮影地】タッシリ・ナジェール(アルジェリア)、
ハイアトラス(モロッコ)、
ティベスティ(チャド)、
エネディ(チャド)、
ウェイナット(スーダン)、
ギルフ・ケビール(エジプト)
「今回展示される写真はすべて実物大であり、
3mを超える巨人などあたかも実物の岩壁画を目の前にしたように鑑賞できます。
大型の岩壁画を実物大で再現するため、高解像度で分割撮影したものを合成しました。
大きなものではでは140枚の写真を合成処理した結果、間近で見ても細部まで忠実に再現しています。

2014年から2019年にかけて撮影しましたが、
現在ではモロッコを除いて治安上の問題や当事国政府の規制で入域が困難な地域ばかりです。」

「イヘーレン岩壁画」(アルジェリア)
「幅9mほどの大きなものですが、実物大の写真で展示します。
145枚の分割写真をパノラマ合成した写真で、実際の壁画を目の前にしたように鮮明にご覧いただけます。
この壁画の部分的な写真は内外の写真集などでも発表されていますが、壁画全体の写真は世界で初めての試みです。

壁画は鮮明に残っている部分もありますが、かろうじて見える部分やほとんど見えなくなっている部分もあります。
こうした部分を読み解く助けとして、フランスの調査隊が作成した模写があります。
今回の展示会では、フランス国立自然史博物館―人類博物館の協力を得て、模写全点の写真を実物大で展示します。
これにより、壁画全体を理解していただけます。
これらの模写が公開されることは非常に稀で、日本では初めてです。」
http://hanafusa.info/
http://hanafusa.info/project/exhibition2022/
【リーフレット】
http://hanafusa.info/docs/CatalogSaharanRockArt2022.pdf
サハラ砂漠に眠る先史美術の傑作、イヘーレン岩壁画を実物大の写真で再現!
https://camp-fire.jp/projects/view/1137
http://hanafusa.info/project/fresco-of-iheren/

2022-06-10

野生のスイカ

へええ…
スイカの原産地はアフリカというのはきいたことがあったけど、
苦いとは知らなかった。
野生のスイカって赤くないのね。メロンみたい?
スイカの本の先生も登場

0513
<熱帯アフリカの飲料水が無い地域では、
「苦い」スイカを大量に貯蔵していて、
「水」はスイカから作ると人類学の本に書かれてたのですが、
スイカに「灰」をかけて混ぜると「水」が出てくるとのことで、
それで顔を洗ったり、スイカで煮物を作ると書かれてました。
それがスイカの本来の使い方なのだとか。>
https://twitter.com/fushunia/status/1524865299710824448

<スイカ自体、その年の降雨があったところに生えてきて、
水分を逃がすまいと 水をあの大きな果実の中に保存してる訳で、
そうして乾燥した川の無い土地に分布を広げたスイカを
野生動物や人間が食べるとのことでした。
その地区では狩猟用に馬も飼ってるけど、スイカを食べまくるので生活は苦しいそうです。>
https://twitter.com/fushunia/status/1524865887005601794

<ここにもありました。スイカで水分をとってます>
https://twitter.com/NakataMaho/status/1525284739678019585

人間は何を食べてきたか 第7巻 第2集 スイカ 砂漠の民の水瓶
https://www.youtube.com/watch?v=D-MEYEbUH8c
1985年から1994年のNHK特集の一部(1994年1月4日)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%82%92%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%8B

<アフリカ南部カラハリ沙漠で生きるサン族の末裔
貴重な水分
池谷和信先生登場
栽培したスイカが主食、鍋にして食べる
野生のスイカは水分>

<スイカってもともとそういう生き物みたいですね.
Wikipedia >スイカは元々、自生地が乾燥地帯であるため、
野生動物は水分を目当てにスイカの果実を摂食することになり、
胎座の水分ごと種子を飲み込んで糞とともに排泄し、種子散布が行われる。>
https://twitter.com/6IOOI9/status/1525212082890805255
ikeya_suika2014.jpg

人間にとってスイカとは何か
カラハリ狩猟民と考える

フィールドワーク選書 5
池谷和信 臨川書店2014

「砂漠の水がめ」が織りなす南部アフリカの暮らし
スイカ鍋、スイカ石鹸、スイカダンス…多様な用途や目的にスイカを利用する社会とは? 
かつてテレビドキュメンタリーで注目され、
高畑勲監督に「別の惑星でみられるような暮らしだ」と言わしめた
砂漠の民の驚くべき生活文化に密着し、人類とスイカのきた道に思いをはせる
1年のうち8カ月は地表水が利用できないカラハリ砂漠での生活体験記。

2015-06-24
西アフリカとスイカと太平洋の本
http://hisuirou.blog87.fc2.com/blog-entry-1794.html

現代の野菜や果物は原種とはまるで別物
https://ameblo.jp/zabutonteisyu924/entry-12131434477.html
Here's What Fruits And Vegetables Looked Like Before We Domesticated Them
https://www.sciencealert.com/fruits-vegetables-before-domestication-photos-genetically-modified-food-natural

インドのスイカは17世紀の品種なの?中世の絵画に描かれたスイカと酷似していた件
スイカの品種改良の歴史
https://www.gogomano.com/watermelon-india/

スイカ、知られざる5000年の歴史
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/a/082500029/

悪魔の実かよ!500年前のスイカがホラー。17世紀の絵画がスイカの品種改良の歴史を物語る
https://karapaia.com/archives/52197780.html

2021-05-11

南アの洞窟

実は南アフリカの洞窟には人類の謎が沢山あるらしい

人類最古の“絵の具工房”、南アの洞窟
ブロンボス洞窟
-内側に鮮紅色(せんこうしょく)の粉末が付着した10万年前のアワビの貝殻2枚が発見
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/5030/

南ア洞窟から顔料入り貝殻、石器時代の「工房」か
https://www.afpbb.com/articles/-/2834949

先史時代の「ハッシュタグ(#)」 世界最古の描画か 研究
https://www.afpbb.com/articles/-/3189451
https://www.natureasia.com/ja-jp/nature/pr-highlights/12685
s-africa-Blombos_Cave.jpg

ブロンボス洞窟 - Blombos Cave
https://ja.wikiqube.net/wiki/Blombos_Cave

古代の祖先の足跡を歩く 人類のゆりかご(世界遺産)
<人類の進化研究に豊富な化石をもたらした、石灰岩の地下洞窟の穴が点在>
http://south-africa.jp/meetsouthafrica_lists/2761/

マロティ‐ドラケンスバーグ公園
<<南アフリカ共和国のオカシュランバ・ドラケンスバーグには、
一帯に約8千年前から定住していたサン人が動物や人間を描いた、
およそ3千年前に製作されたと思われる壁画がある>
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%9E%E7%AA%9F%E5%A3%81%E7%94%BB
whc.unesco.org/ja/list/985

南アフリカの人類化石遺跡群
<500種類以上ものヒト科哺乳類の化石が発見されており、アウストラロピテクスの世界一の化石発掘量を誇ります。>
https://worldheritagesite.xyz/south-africa/

<スタークフォンテン渓谷にある多数の洞穴から、350万年以上前の人類進化の様相、
彼らの生活様式、彼らと共生していた動物などのおびただしい科学的情報がもたらされた。
この人類がオーストラロピテクス・ロブトゥスとオーストラロピテクス・アフリカヌスである。
現在も先史時代の景観の多くの特徴を保っている。
その後、タング・スカル化石遺跡を加え拡大登録。
遺跡内のマカパン渓谷には、考古学的に重要な多くの洞窟があり、
約330万年前に遡る人類の居住や進化が刻まれている。
ここで発見された化石群によって、初期原人の標本の鑑定や、
180万~100万年前に人類が火を獲得した証拠の検証が可能となった。 >
http://whc.unesco.org/ja/list/915

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E5%8C%96%E7%9F%B3%E9%81%BA%E8%B7%A1%E7%BE%A4

heritagemap_s-africa.jpg
https://the-world-heritage.com/2020/02/basic-info-s-africa/

2021-05-03

ナイル川の水資源

ナイル川の水はほとんどエジプトに辿り着かない。
途中で蒸発するか使われてる。という話

https://55096962.at.webry.info/202103/article_21.html

ナイル川はとても長くて、
上流で降った雨のじつに95%がエジプトの手前で蒸発霧散してしまい、
そもそもエジプトに辿り着かないらしい。


国際河川ナイル川の水資源(1) - AgriKnowledge
小林三樹
著 · 2003
https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010683052.pdf

国際河川を巡る争い “ナイル川は誰のものか” -
グローバル・ウォーター・ナビ 29 下水道情報1852号
吉村和就
2017
http://gwaterjapan.com/writings/171010-gesui.pdf

River_Nile_route.jpg
プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード