fc2ブログ

2009-01-21

オリエンタリズムについて

少し、触れて見たいと思います。
最初に出会ったのは、どこかで見つけたACR社のカタログ。

orientalism1

今となっては何時、手に入れたのかも、定かではありません。
どこかの洋書売り場か、古本屋か…。
でもその時はよくわからなくて、そのまま捨てないで引き出しの中へ。

orientalism3

何度目かの引っ越しの時に、偶然発掘。
その時はスペインでデヴィッド・ロバーツの絵を見つけていたので、
中東世界を描いた絵画だということが、すぐにわかりました。

orientalism4

そしてフランスのACR社へ英語で手紙を書く。
新しいカタログが送られてくる。
まず一冊注文。すぐに届く。
そして一冊ずつ注文…。

orientalism7

その生き生きとした描写、溢れるイマジネーションにすっかり虜となりました。

後になって、神田神保町の洋書屋さんにあったのを見つけました。
さらにだいぶ後に、デパートの古本市で、二束三文で出ていたのも見つけました。

19世紀の旅行画家の世界というものがあったことがわかりました。
もともとイスラーム世界の歴史小説を書くのに、
当時の風俗が知りたくて、色々調べていた時。
まさにそういう時に出てきたのが、埋もれていたカタログでした。
呼んだんですね。

それよりも自分で驚いたのが、
そういうものを、それと知らずに、すでに入手していたこと。
我ながら、感心しています。

スポンサーサイト



theme : 画集・美術書全般
genre : 本・雑誌

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード