fc2ブログ

サントゥールの生演奏!

すごい生のサントゥールの演奏を聴いてしまいました…。

友達から、珍しいペルシア伝統音楽の演奏会があるよって誘っていただいて。
これは行かなくては!と
まだ病み上がりなのに、ちょっとだけ無理して行ってきました。

ファーテメ・ザハラー(預言者ムハンマドの娘)の生誕日と
イラン女性の日を迎えるということで、
イランより二人の女性演奏家
(サーラー・アハマディーさん、ゴルヌーシュ・マラーイェリーさん)
が来日、イラン大使館で
イラン伝統音楽の演奏会が開催されました。

実は去年も少し前も、
ペルシア伝統音楽の演奏会があって
誘っていただいたのに、
行かれなくて、かなり悔しくて。
もう今回はゼッタイ行くぞ!と。

若い女性なのに、このところハマッて聴いている
ファラマルズ・パイヴァール氏や
パルヴィーズ・メシュカーティヤーン氏に
近い印象を受けて、
同じ感じの音楽を生で聴けて、信じられないくらい感動して…、

いやあ、イランでは誰でも、こんなに奏けるのかしら、すごいわあ、
と思っていたら、やっぱり今回のは特にすごいよって言うし、
ちょっと聞いてみたら、なんと、お弟子さんなのだそうです!
(間違っていたらすみません。確かパイヴァールさんの方の)

ええっ?
もうびっくりです。

楽器にもちょっと触らせてもらって、
ああ、本当にあの繊細な音が出るんだ~!とまたまた感激して。

concert100531santur.jpg


打楽器の方もかなり素晴らしくて、
やはり若い、細い女性なのに、
どこからそんなパワーが…というくらい、激しくて。
力強いのに細やかで。さすがでした。

concert100531duf.jpg

ダフとダーエレという、一見タンバリンのような楽器
ダフの方が大きくて、内側に金属の輪が沢山ついてて、
複雑な音が出せます。

concert100531dayereh.jpg

二人とも、若くで美人なんです。
時として、天は二物を与えるんですね。

興奮がなかなか醒めませんでした。

〔ファラマルズ・パイヴァール氏 についてはこちら
2010-05-14 《イラン》ペルシャの伝統-イランの古典音楽
2010-05-15 「ペルシアの音楽」
2010-05-29 ファラマルズ・パイヴァール〕

〔パルヴィーズ・メシュカーティヤーン氏についてはこちら
2010-05-12 ペルシャ追想~イランの古典音楽~
2010-05-18 パルヴィーズ・メシュカーティヤーン
2010-05-19 パルヴィーズ・メシュカーティヤーン2〕
スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード