fc2ブログ

2011-08-25

チュニジア本5

11/08/16 ひすいろう・ちゃいはね22-2
11/08/17 ひすいろう・ちゃいはね22-3
にもガイドブック、歴史本を載せたのですが、
あとで自分で調べて、分からなくなったので、改めて、載せておきます。

地図がいいのはロンプラとアナヤ
一番詳しいのはラフガイド
Lonely Planet Tunisia David Willett (1998/07)
Rough Guide Tunisia Daniel Jacobs 5th Ed. 1998
Anaya Tunicia 1991 Espana

tunisiaguia01lproan.jpg

歴史地図では以前ご紹介した(2009-12-21)
ラルース世界歴史地図  木村 尚三郎 (翻訳) 、ぎょうせい (1991/12)
atlashistorique-larousse.jpg

アジア歴史地図 松田 寿男 (編集), 森 鹿三 (編集) 平凡社 (1966)、
<09/12/23>
atlashistoricoasia.jpg


イスラーム歴史文化地図、マリーズ・ルーズヴェン、アズィーム・ナンジー
【訳者】中村公則 悠書館 (2008/09)
<08/12/16>
islamhistoricalmap


Historical Atlas of the Islamic World
David Nicolle 2003 Mercury Books
大英博物館で見つけたもの。
<10/01/23 >

atlas-islammundo-dn_.jpg

Historical Atlas of the Middle East
G. S. P. Freeman-Grenville , Lorraine Kessel
Simon & Scuster (1993/03)
ネットで見つけたもの。

atlashistorico-mediaorienre-fe.jpg

Atlas Historico Integral
SPES 1988 Espana
以前スペインに行った時に見つけたもの。

atlashistorico-es.jpg

今回、つい気になって、チュニジアの歴史のざっと読んでみました。
まず昭文社のガイドブックの巻末。
これとマグリブとして見開き2ページに
実に完結にまとめられていて、まず入門としてはベスト。
エアリアガイド 155 モロッコ・アルジェリア・チュニジア 1992 昭文社

tunisiaguia03shoar.jpg

それから歩き方の歴史欄。
これももう少し詳しく5ページ。
全体を把握するのにはいいですね。
地球の歩き方110 チュニジア 1999-2000

それと楽天舎の歴史項。27ページ。
これは現地の考古学者・歴史学者の翻訳もあって、詳しい。
チュニジア 楽天舎書房 1998

そして
新版世界各国史8 西アジア史1アラブ 佐藤次高編 山川出版社 2002年
「西アラブ世界の展開」(私市正年)
「オスマン帝国治下のアラブ地域-北アフリカ」(私市正年)
「近代のアラブ社会-北アフリカ」(加藤博)

tunisiahistoria.jpg

世界現代史17 アフリカ現代史5北アフリカ 宮治一雄 山川出版社 S53年
「マグレブ諸国の形成」「近代化と植民地化」
がわかりやすかったです。

 地中海の一部で、中心に位置して、
イタリアの南で、マグリブ諸国の一部で、
アルジェリアとリビアに挟まれて。

 面白いのは、ファーティマ朝が起きたのがアルジェリアで、
最初の都がチュニジアのマハディア。
バルバリア海賊も最初の拠点もアルジェで
そこからチュニジアへ手を延ばして、
オスマン・トルコもそう。
そしてフランスの植民地支配も。

 そしてこのフランスの植民地時代、
オスマン・トルコから独立した地方政権が表向き、
続いているのですが(もちろん傀儡政権)、
これはアルジェリアの軍事占領・直接統治で
色々と失敗したからだそうで…、へぇぇ。

 独立運動もアルジェリアのような武装闘争ではなく、
同窓会などが母体となって、
穏健な立憲運動に基づいたものだったとか、
その前の独立地方政権時代にも
一連の近代革命を行っていたとか。

 なるほど。
ちょっとだけ、この国の事情がわかったような。

スポンサーサイト



プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード