fc2ブログ

2013-02-15

ズールー戦争6

こうなると、評判が悪いとはいえ、
3本目も観たくなります。

Shaka Zulu 2001.JPG

ズールー大戦争
SHAKA ZULU: THE CITADEL 2001年 91分
監督: ジョシュア・シンクレア, マリー・ルイス・シンクレア、
出演:ヘンリー=セレ(シャカ)、デヴィッド・ハッセルホフ, カレン・アレン
  ジェームズ=フォックス(フェアウェル)、
  グレイス=ジョーンズ(シャカ王妃)、オマー=シャリフ(サルタン)

<ズールー族の王・シャカは南アフリカで勢力を拡大していたが、
敵の捕虜となって奴隷船に押し込まれる。
父親を探して南アフリカにやって来た
イギリス女性キャサリンはシャカと出会い、
その王国再建の様子を目撃する。

アメリカで製作されたTV用映画で、
15年前にシャカ王を演じたヘンリー=セレが再びシャカ王を演じた。
しかし話は自由奔放というか行き当たりバッタリで(笑)、
どうしてわざわざこんなの作ったのか首をかしげた一本。
シャカ王を演じた俳優さんはどうやら元プロサッカー選手とのこと。>
アフリカ史映画
http://www2s.biglobe.ne.jp/tetuya/EIGA/afrca.html

<ズールー族の王シャカを描いたそれなりに真面目な映画だが、
パッケージのものすごい戦闘シーンを見ると
「ズールー戦争」や「ズールー戦争/野望の大陸」のような映画かと
思ってしまい痛い目にあう。このようなシーンはない。
それにしても、およそこれほどパッケージと中身の違う
商品が出回ったら普通なら返品交換または返金なのだが、
なぜビデオやDVDではまかり通ってしまうのだろう。不思議だ。(’10/1)
要注意映画  見ると怪我するかもよ>
http://tokyo-combat.com/newpage128.html

<19世紀、東アフリカ一帯は
伝説の王シャカ・ズールー率いる戦闘部族ズールー族が治めており、
南アフリカに入植を開始したイギリスとの間に
一触即発の緊張状態にあった。
イギリス王はシャカの元に和平を求めて使節を派遣したが、
奴隷商人が犯したシャカ王に対する屈辱的な欺きが、
ズールー族の戦士たちの怒りに火をつけた!
迫り来る15万の漆黒の戦士たち!
その足音は地鳴りとなって入植者たちを恐怖に陥れたのだが・・

作品の題名はいかにも戦争中心の派手な物語のようだが、
実際はごく人間的なドラマであった。
戦闘シーンは殆どない(アフリカの部族同士の戦いのみ)ので
そちらを期待してる人には肩透かしかも
イギリス人の視点で描かれているようではあるが、
アフリカの王の誇りの方がより鮮明に伝わってくるし、
キリスト教の教義(人を愛せとか許せとか)と裏腹の
侵略者としての姿や、
奴隷貿易(表向きは英国は許していないという設定だが)
などの白人の驕りが目に付くように作られている。

出演者もあえてとびきりの美男美女は起用しなかったのではと思う顔ぶれ(失礼
)のせいか、余計にシャカ王の方に惹かれた。
英使節の娘キャサリンと
彼女が行方不明になった父の捜索のために依頼した船長
のブレンティスとの間のロマンスも入っているのだが、
そちらの方はあまり関心が向かなかった

奴隷商人たちの冷酷で残酷な面が強調されているので、
船の中でアフリカ人少女が受ける仕打ちに怒りが沸く。
じっと耐えて機会を待つシャカがその間、
白人に対して抱いたであろう怒りと絶望は想像に難くない。
そんな彼が、白人居留地を襲った際にキャサリンの言葉に耳を傾け、
ラストに繋がる選択をしたことが、より一層彼らの誇りや気高さを現して心打たれる。

シャカ王が英使節フェアウェルに問う
「今から数世代後、お前たちの子孫が
我々の必要を学べない時は?
お前たちが来た国へ帰るのか?
それともこの地を愛してやまず唯一の故郷として留まるのか?
ここで生まれるアフリカ人は誰の子供だ?
お前か?私か?」
という言葉が心に重くのしかかってくる。
かの国は、王の案じた通りの未来を歩み、今もなお苦しんでいるのだから・・。>
杏子の映画生活
http://blog.goo.ne.jp/anzu0609/e/4a1032e8c8d53084ffbf9a64b5ee3406

というようなコメントを読んで、かなり覚悟して観たのですが…。
ズールー族やシャカに興味のある人は見ない方がいいです。
歴史的考察も、ドラマも
かなりいい加減に作られています。

そしてもう一本、あるらしいのですが、
こっちの方が面白そうなのですが、
これも見るのは怖いですね。

○「シャカ=ズールー」SHAKA ZULU/1986・ アメリカTVミニシリーズ
◇スタッフ
○監督:ウィリアム=C=ファウレ
◇キャスト
ヘンリー=セレ(シャカ)ほか
◇ストーリー
イギリスによる統治が進む南アフリカ。
その中のズールー族に「シャカ」という英雄が誕生する。
彼は革命的な戦術で部族間戦争を一変させ、
周囲の部族を次々と征服、
「冷酷さはチンギス=ハンに勝り、
征服領土はナポレオンに勝る」と言われた。
彼の実態を探るべくイギリス人らが派遣されるが、
彼らもシャカ王に魅入られていく。
しかしそこへイギリスの近代的軍隊が侵攻してくる。
◇うんちく
ところでシャカの「革命的な戦術」って何かというと
「戦争で殺人をすること」なんですね(笑)。
つまりそれ以前の部族間戦争って
事実上「スポーツ」だったわけ。
それでも指揮者は「将軍」って呼ばれてたな。
http://www2s.biglobe.ne.jp/tetuya/EIGA/afrca.html
スポンサーサイト



プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード