fc2ブログ

鬼太郎と京琴

車で移動中、聞いていると何だろうと思うことがあります。
たとえば、「ゲゲゲの鬼太郎」
メロディラインを奏でている弦楽器、
なんだろう?

…で調べてみました。

<今 私達がレコーディングしているキングレコードで
最初にテレビ化した時の「ゲゲゲの鬼太郎」の主題歌を作ったそうです

そこに 京琴が使われています。 (イントロで ♪~高音を出してます)

 http://www.youtube.com/watch?v=At2FdwQd4rI

その琴を弾いているのは 
初代米川敏子先生 人間国宝で日本芸術院会員
演奏された当時は まだ国宝ではありませんが… >
http://ameblo.jp/yamatogaku/entry-11179346050.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E5%B7%9D%E6%95%8F%E5%AD%90

< 京琴って?
スタジオ用語と言うわけではないのですが、
スタジオでしか使われない…と言ってもいい楽器です。
この楽器の素性がイマイチ定かでないのですが、
琴奏者の山之内喜美子さんが、
京都の古道具屋だかで発見されたもので、
そんなところから「京琴」と名付けられたんだそうです。

サイズは普通の琴の半分くらいの大きさで、
弦は琴と同じく13弦なのですが、
かなり細い金属の弦が張られている点が普通の琴と大きく違う点です。
この細い弦のおかげで、「押し手」という、
ギターの「チョーキング」に当たる奏法が、
とても効果的に使えるのです。
誰かが試験的に作った楽器なのではないか…とも
思うのですが、真相はどうでしょうか?
その「押し手(チョーキング)」や
深いビブラートの醸し出す独特の雰囲気が特に演歌の世界で好まれて、
今でも頻繁に使われています。
演歌以外にも、わたしが参加している
チャゲ&飛鳥の「万里の河」にも入っていますし、
昔の薄謝協会の名作ドラマ「花遍路」や、
人形劇「三国志」などの劇伴にも、数多く使われています。>
http://popoyumi.web.fc2.com/index/hataraku_occhan/dictionary/dictionary-
1.htm

<京都の古道具屋で偶然見つけた
一米足らずの毀れがかった琴。
鉄線を張り十三弦という不思議な琴。
名づけて京琴。
これだけで十分に浪漫的であり、
なにか乱歩の探偵小説にありそうだ。
オーケストラのバックに乗って京琴がユラユラと舞う。>
http://artist.cdjournal.com/d/-/1150000742

スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード