fc2ブログ

2013-07-22

魂は砂漠を越えて

昨日、鎌倉霊園まで行ってきました。
お世話になった恩師にお別れをしてきました。

じつは翡翠楼のペルシア語の題字を描いていただいた
中村先生が先日お亡くなりになりました。

たまたま知り合いのツイッターを見ていたら、訃報が。
びっくりしました。
あわてて問い合わせましたが、もう葬儀はすましたとのこと。
納骨には参列できると聞き、お別れしてまいりました。

 脳溢血で、苦しまずに逝かれたそうです。
毎週個人的にやっているペルシア語教室にいらっしゃらなくて、
心配した生徒さんが自宅を訪ねたら、もう。

 先生には本当に沢山のことを教えていただきました。
中東のイロハから裏まで。
まだイランとイラクの区別がつかない頃でした。
分からないことはなんでも聞くと、何でも答えて下さいました。
ものすごい知識と見識の持ち主でした。

これからペルシア語を教えていただく約束だったのに。

 出会いは某出版社のパーティ。
自分の出身校で教えていると、声をかけていただきました。
名詞を交換すると、なんとご近所!しかも歩いて 3分!
もう運命としかいいようがありませんでした。

ちょうど、グラナダのアルハンブラに行ってきて、
イスラーム建築に魅了された頃で、
あっと言う間に中東談義。
私をイスラーム美術の深みに嵌めたてくださった方です。

今頃は、魂はペルシアの空でしょうか。
いまだに信じられませんが、ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト



プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード