fc2ブログ

動物絵画250年

江戸時代の動物絵画を集めたというので、気になって、
府中美術館の動物絵画展行って来ました~!

fuchum1504cata.jpg

けっこう面白かったです~!
虎がどれもかわいい猫にしか見えないとか、突っ込み所ありですが、
粒揃いの絵ばかりでした。
前半・後半と全部入れ換え!
合計160点!
見応えありました。

どれも甲乙つけ難く、
それでもその中でも驚きだったのは、
鍬形蕙斎(くわがたけいさい)の『鳥獣略画式』
いや、その軽々とした筆致には,手塚さんを連想させる空気があって。
只者じゃないと思ったら、
なんでも北斎漫画のルーツを言われる人らしく
北斎に真似された人らしいです。

2015年3月7日(土曜日)から5月6日(水曜日)
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kikakuten/kikakuitiran/dobutu250.html

実はここでは、「春の江戸絵画まつり」と称して、
以前から色々と面白そうな企画展をやっていたんですね。
知りませんでしたよ。

動物絵画の100年 1751-1850(2007年)
「南蛮の夢、紅毛のまぼろし」(2008年)
山水に遊ぶ-江戸絵画の風景250年(2009年)
歌川国芳 奇と笑いの木版画(2010年)
江戸の人物画(2011年)
三都画家くらべ(2012年)
かわいい江戸絵画(2013年)
江戸絵画の19世紀(2014年)

来年はこんなのをやるそうで、楽しみです。
ファンタスティック 江戸絵画の夢と空想
2016年3月12日(土曜日)から5月8日(日曜日)

<追記>
こちらもミュージアムショップが充実していて、またまた散財してしまいました~。
fuchum1504panu.jpg

fuchum1504kuwa.jpg

fuchum1504sisikoma.jpg
獅子と狛犬 - 神獣が来たはるかな道
Miho Museum 青幻舎 2014

<MIHO MUSEUM(滋賀・信楽) 2014年秋季特別展
「 獅子と狛犬 ―神獣が来たはるかな道― 」のカタログ
日本初公開となるロサンゼルス・カウンティ美術館所蔵の木造狛犬や、
春日大社、薬師寺所蔵の国宝、重要文化財、
円空や木喰作の獅子・狛犬をはじめ、東北から中国地方まで、
日本列島各地に残され今も祀られている獅子・狛犬を中心に142作品を一挙掲載。>
スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード