fc2ブログ

2016-03-30

マーニー教本

brian_manichaeism.jpg

マーニー教 再発見された古代の信仰
ニコラス・J・ベーカー=ブライアン (著), 青木健 (翻訳)
青土社 (2014
Baker‐Brian,Nicholas J.
Manichaeism: An Ancient Faith Rediscovered
<イエス・キリストを教義の枢要な地位におくマーニー教は、
ゾロアスターや仏教の要素を接取しつつ東西に拡散、
「真のキリスト教」との自認のもとに一時は全ローマをマーニー化する勢いをしめしたが、
その教勢も今日までにほぼ消滅、
真の姿はいまだベールをかぶったままだ。
後に「異端=マーニーの残党」とイメージされるほどの恐怖を
キリスト教会に植え付けたマーニー教とはいかなる宗教だったのか?
この古代の魅力的な宗教について
グノーシス研究の立場から考察し紹介する、絶好の入門書。 >

気がついたら、
マニ教の本がいつのまにか色々出ているのでまとめてみたくなり。

yamamoto_mani.jpg

『マニ教とゾロアスター教』
山本由美子

山川出版社〈世界史リブレット〉、1998年
<消えたマニ教と生き残ったゾロアスター教。
独特の教義と儀礼をもつ二つの宗教の盛衰を通して、
古代イランの人々の心性と国家の実像に迫る。
知られざる古代文明の宗教世界。 >

Tardieu_Manichaeism.jpg

『マニ教』
ミシェル・タルデュー

大貫隆・中野千恵美訳、白水社〈文庫クセジュ〉、2002年
Michel Tardieu Manichaeism
<三世紀のペルシアで生まれたマニ教は、厳粛な倫理と儀礼により律されていた。
イスラム世界にラマダン(断食月)をもたらしたのもこの宗教である。
本書は、開祖であるマニが唱道した教えを、彼が残した聖典を検証しつつ解説してゆく。
ゾロアスター教とキリスト教と仏教とが秘教的に融合した世界観に迫る。>

aoki_mani.jpg

『マニ教』
青木健

講談社〈講談社選書メチエ〉、2010年
<ゾロアスター・イエス・仏陀の思想を綜合し、
古代ローマ帝国から明代中国まで東西両世界に流布しながら
今や完全に消失した「第四の世界宗教」。
「この世」を悪の創造とし全否定する厭世的かつ魅力的なその思想の全貌を、
イラク・イラン、中央アジア、北アフリカ、ヨーロッパ、中国に亘りあまねく紹介する世界初の試み。>

Amin Maalouf-Gardens of Light.jpg

光の庭―小説マニの生涯 Gardens of Light/ Les Jardins de lumière
    アミン マアルーフ 、 戸田 聡 (翻訳) 連合出版 (2011)
<エジプトでは、彼は「イエスの使徒」と呼ばれた。
中国では、彼は「光のブッダ」とあだ名された。
世の君侯たちは彼を「偽りの悪霊」と呪った。
古代の世界宗教の始祖マニの生涯を仏ゴンクール賞作家が描く歴史小説。>

aoki_olientreligion.jpg

古代オリエントの宗教
青木 健 

(講談社現代新書)2012
<最大の土着宗教ゾロアスター教、
「真のキリスト教」を自称したマニ教、
イスラームのグノーシス=イスマーイール派――。
13世紀に「異教の魔神たち」が封じ込められるまで、
宗教的想像力がもっとも奔騰した1000年を描きだす、東方の精神史。 >

2014-05-15 アミン マアルーフ
スポンサーサイト



2016-03-30

『エリュトゥラー海案内記』


『エリュトゥラー海案内記』
村川堅太郎訳註 (中公文庫)

erythraei_murakawa.jpg

文芸評論家・加藤弘一の書評ブログ
<本書は二千年前の西洋人の世界観をのぞき見ることのできる珍しい本である。
本文は40頁ちょっとだが、
見慣れぬ地名や人名(そのほとんどは史書に残らなかったローカルな支配者)ばかりなので、
80頁の序論と140頁
の註釈がついている。
地名の考証や香料や象牙、犀角、珊瑚といった交易品の解説は推理小説的で面白いが、
多忙な人には向かないかもしれない。

 原著は奇書中の奇書だが、訳本が出た事情も異例である。
「序」は校了直前に書かれたらしいが、その日付が昭和19年10月となっているのである。
出版社からたびたび催促されたとか、註釈の組版で凸版印刷に面倒をかけたとあるから、
空襲の激しい中、編集作業が粛々と進められていたことになる。

 組み上がった活版はさいわい戦火にあうことなく昭和21年1月末に上梓の運びとなった。
あの物資のない時代にこんな不要不急の本がよくぞ出版にこぎつけられたものだと思う。

 先人の労苦に頭が下がるが、
このような珍籍が安価な文庫で再刊されたのだから日本の出版文化もまだ捨てたものではない。>

http://booklog.kinokuniya.co.jp/kato/archives/2011/09/post_277.html

『エリュトゥラー海案内記』村川堅太郎訳、生活社、1946 のち中公文庫
中公文庫 1993年初版
中公文庫 2011年改版

abe_persiaasia.jpg

ペルシア帝国と小アジア: ヘレニズム以前の社会と文化
阿部 拓児 (著)322ページ
出版社: 京都大学学術出版会 (2015

<アカイメネス朝ペルシアに関しては、
圧倒的多数の歴史資料がギリシア語文献によって占められているが、
様々なバイアスが含まれており、
ペルシア人に対する蔑視が共通して見られる。
本書は従来のギリシア語文献を改めて読み直し、
あわせて現存する古代ペルシアのリュディア語、カリア語の碑文を援用しながら、
当時の社会と文化の本質にせまる。 >

moriyasu_uyghur.jpg

東西ウイグルと中央ユーラシア
森安 孝夫 (著)
864ページ
出版社: 名古屋大学出版会 (2015/

<世界史において中央ユーラシア世界が果たした巨大な役割を明らかにすることで、
新たなシルクロード史観を構築。
東西ウイグルの興亡から、商業ネットワークと交易品、マニ教・仏教の展開まで、
現地の多様な出土文書・碑文や美術・考古資料に基づき、
漢文史料などを相対化、激動の時代を描く集大成の書。 >


プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード