fc2ブログ

2017-09-17

おんな城主直虎

男装直虎のかっこよさよ
方久「それがしをもろうて頂けませぬか」

第37回「武田が来たりて火を放つ」9月17日

「それがしをもろうて頂けませぬか」!?
「この世で一番好きな香り」!!!!! 金の匂いかカーーーーーーン!
#おんな城主直虎
https://twitter.com/hervorruf/status/909373298735222784

「この世で一番好きな香り」 という新しい口説き文句
#おんな城主直虎
https://twitter.com/honey5sherry/status/909343050530308097

方久があやめに求婚する。
刺繍の腕を買われてのことだか、
直虎が手を尽くして探してもなかった嫁ぎ先が、
方久というなんと近くにあったとは。
容姿よりも刺繍という突出した才能に惚れる。実に方久らしい。
#おんな城主直虎 https://twitter.com/raizou5th/status/909373918930014209

堺と言って商人の町、
「黄金の日日」をチラッチラッと匂わせて
大河ファンは勝手に喜ぶ
#おんな城主直虎
https://twitter.com/hervorruf/status/909375269290442752

百姓衆が交渉術を身につけてる…!
#おんな城主直虎
https://twitter.com/yosinotennin/status/909372882773348352

傑山が空射ちをしたのを近藤が咎める。
「空射ちは怪我をするぞ」
矢をつがえず空射ちをすると弓に負担がかかり、
壊れて怪我することもあるので忌避されている。
だが深読みすれば、自らも「小野但馬叛意あり」と「空射ち」して殺し、
のち痛い目に遭ったと思っているのか?
#おんな城主直虎
https://twitter.com/raizou5th/status/909381154221862912


「井伊だけに奇跡が起こるとでも!?」
おとわの台詞に、かつて「やってみねばわからぬではないか」が口癖だった直虎、
彼女の成長と幾多の辛い経験を思い出して目頭が熱くなる。
奇跡は起こらない。
嫌と言うほど奪われ続けた。
#おんな城主直虎
https://twitter.com/yosinotennin/status/909385913783918592

近藤さんめっちゃいい人じゃね??
家臣からの慕われっぷりは言わずもがな、
高瀬ちゃんへの言葉もすごく真摯だったし
之の字のこともあんなに傍近く置いて使ってくれてるとか信用してるし
近藤さん普通にめっちゃいい人じゃね????
退却時に城や屋敷燃やすのは当たり前のことですし…
#おんな城主直虎
https://twitter.com/m_hntkr/status/909381811037286400

オスカルもしくはジャンヌダルクな直虎
直虎の男装は美しくて男前 #おんな城主直虎9月17日
https://twitter.com/arien0727/status/909387161715085312
スポンサーサイト



2017-09-17

メモメモ…ストレスって

なにそれ?

朝日新聞を筆頭に「病は気からは本当だった!」という横並びの見出しの中、
日刊工業新聞だけが正確な見出しをつけていました。
村上先生のグループが記者会見で「病は気からは本当だった」と言ったのでしょうか。.
.https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00439506
9月12日.https://twitter.com/rikomrnk/status/907574581438722048

北大、ストレス起因の胃腸・心疾患の発症機構を解明 免疫細胞で炎症
img1_file5992ccee4db3d.jpg
img2_file5993ba8badd00.jpg
北海道大学遺伝子病制御研究所の村上正晃教授らは、
慢性的なストレスが胃腸や心臓の疾患を起こす仕組みを解明した。
マウスにストレスを与えると免疫細胞が脳の血管から侵入して炎症が発生。
消化管や心臓の機能不全を引き起こして突然死を誘導していた。
ストレス性疾患へのかかりやすさを予測できる可能性がある。
成果は15日、英科学誌イー・ライフに掲載された。

研究チームは、睡眠不足のストレスを与えたマウスに、
自己免疫疾患モデルのマウスから採取した病原性の免疫細胞「CD4+T細胞」を投与。
その結果、70―80%のマウスが1週間で突然死した。
ストレスのみ、または同細胞のみでは突然死は起こらなかった。

突然死したマウスでは、胃や腸など消化管から出血していた。
さらに、心疾患と関係が深い血中カリウムイオンも上昇していた。

脳では、視床などに囲まれた特定の血管から同細胞が侵入し、
小さな炎症を引き起こしていた。
この炎症が引き金で神経回路が活性化し、
消化管や心臓の機能不全の原因になっていることが分かった。

村上教授は「T細胞の量を調べることで突然死のリスクの解明や、治
療法確立につながるかもしれない」と述べている。
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00439506


プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード