fc2ブログ

2020-12-10

ジュエリーの世界史

こんな本があるんだ…。
面白そう。

(ジュエリーの世界史 (新潮文庫) –
山口 遼

2016/6/26

山口 遼
<北海道生れ。同志社大学卒業後、ミキモトに入社、常務取締役・営業本部長を経て退任後、
アンティークジュエリーの研究と販売に従事。
真珠および宝飾品史の専門家として、各種学校での講義を行うかたわら、
ダイヤモンド、プラチナ、ゴールド、それぞれの世界コンテストの審査員を務める
著書に『ブランドジュエリー30の物語』『日本のトップジュエラー』、
訳書に『著名なダイヤモンドの歴史』などがある。趣味はジュエリーに関する図書蒐集、約2500冊を所有。

高価でお金持ちしか関係ないと思われがちな宝石。
しかし、その意外な歴史はあまり知られていない。
ティファニーやカルティエはどんな人物?
ダイヤモンドの値段はどう決まる?
古代日本人から装身具が消えてしまった謎など、
身を飾りたいという欲望とかかわる装飾品の歴史的変遷から、
業界人しか知りえない取引の詳細まで、宝石に関する面白い話、満載。 『ジュエリイの話』改題。>


宝飾品市場―その知られざる世界
山口 遼
)
日本経済新聞出版 (1991/7/1

<割引き販売は本当か?
業者本位の甘い鑑定、「カバン屋」と言われ、税金を払わない悪徳業者の存在など…。
折しもの消費ブームで急成長を遂げ,3兆円をも超えた巨大市場の実態と問題点を浮き彫りにした。 >

ブランド・ジュエリー30の物語 天才作家たちの軌跡と名品
山口 遼

東京美術; 改訂版 (2018/3/1)

<宝飾史に輝かしい足跡を残したデザイナー、
かつての精彩を失ったブランド、
妥協を排し挑戦を続ける新興ブランドや世界が認める不世出の天才…など、
特筆すべきブランドと作家たちの活躍を独自の視点でまとめた、著者渾身のジュエリーブランド史! >


V&Aの名品でみるヨーロッパの宝飾芸術
クレア フィリップス
(著), Clare Phillips (原著), 山口 遼 (翻訳), 旦 亜祐子 (翻訳)
東京美術 (2014/3/3)

<世界屈指の博物館V&Aが有する珠玉のジュエリー・コレクションでひもとく、
ヨーロッパ500年の宝飾品の歴史。
膨大なコレクションから精選した美しい宝飾品の数々を鑑賞しながら、
ヨーロッパの伝統が培った豊かな宝飾文化の流れを概観する。>

フィリップス クレア
<20年以上にわたり、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館の
彫刻・金属細工・陶磁器・ガラス細工部門のキュレーターを務め、
とくに宝飾品のコレクションに対する責務を負う。
英国バーミンガム大学およびロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)を修了、RCAではデザイン史を学ぶ >


ダイヤモンドの謎―永遠の輝きに魅入られた人々
山口 遼

(講談社プラスアルファ新書)– 2001/12/1

<美しい輝きの裏にある欲望と策略の人間模様!
ティファニーやカルティエの虚々実々のかけひき、
歴史に残るダイヤモンドなど、絢爛豪華なエピソードから最新の業界事情、
すぐに役立つ実用知識も収録。 >


アンティーク・ジュエリー世界の逸品―日本に集う名作を巡る 宝飾品に秘められた数々のロマンス
山口 遼

婦人画報社 (あるすぶっくす) (1998/11/1)

<「アンティーク・ジュエリー入門」に引き続き、
日本にあるジュエリーを中心として、
コレクターや美術館に集められたアンティーク・ジュエリーの逸品を紹介。 >


世界の宝石博物館―ジュエリイの名品を訪ねて (KILA LIBRARY)
山口 遼 (著)
徳間書店 (1994/1/1)

<紀元前の見事な金の装飾品から王侯貴族の栄華を偲ばせる絢爛たるダイヤモンドまで。
世界各地の博物館・美術館に収められた宝飾品を
飾史研究の第1人者、山口遼氏が自ら足を運び、徹底的に紹介した本格的ガイド。 >


ブランドジュエリー特別編集
日本の女性ジュエラー20の表現 JAPANESE WOMEN JEWELERS
株式会社インク・インコーポレーション (著), 山口 遼 (監修), ワードラボ/WORD LABO (編集)
ワードラボ/WORD LABO (2018/11/9)

<男性中心である日本のジュエリー業界で、近年、存在感を高めつつある女性のジュエラー。
本書は、女性だけに絞り込み、デザイナー、クラフトウーマン、企業のトップなど20社を取材した書籍。
インタビューでは、一人一人がジュエリーや仕事に対する信念や独自の考え、ビジョンを語り、
監修は日本の宝飾史研究家の第一人者 山口遼氏。各作家の作品について、評論しています。
今までになかった必読・保存版の、女性だけのジュエラーの作品集。>

ブランドジュエリー特別編集
Japanese Jewelers Directory 日本のジュエラー名鑑
株式会社インク・インコーポレーション (著), 山口 遼 (監修), 露木 宏 (監修), ワードラボ/WORD LABO (編集)
ワードラボ/WORD LABO (2016/6/10)

<ジュエリー専門誌『Brand Jewelry /ブランドジュエリー』が、日本を代表する宝飾史研究家の二人、
山口遼氏と露木宏氏の協力を得て編集した書籍。
中でも、特に「日本」を感じ取れる作風や創りの26ブランド
企業、デザイナー、クラフトマン)を厳選して紹介。
ジュエリーのディテールまで捉えた撮り下ろしの写真のほか、山口氏のコメント、
露木氏の装身具文化史といった読み物は、必見。
主な内容
●日本の感性/ジュエリー企業、デザイナー、クラフトマンの新作、代表作
●日本の技/金工、組み、蒔絵、螺鈿(らでん)、彫り
●日本の装身具文化 露木 宏
●現代日本のジュエリー発展史 山口 遼>


TOP JEWELLERS of JAPAN―日本のトップジュエラー )
山口 遼 (著)
繊研新聞社 (2012/1/1)


日本のエクセレントジュエラーズ
柏書店エクセレントジュエラーズ編集室 (著, 編集), 山口遼(宝飾史研究家) (監修, 監修), 桃沢敏幸(Jクラブ) (翻訳)
柏書店松原; 初版 (2007/9/1)

<名実共に“日本の最高峰たちの宝飾品図鑑”と銘打って、
1年がかりで作り上げた豪華図鑑
本書の3大特長は――
1.”日本のジュエリー宝飾品図鑑”と呼べる我が国最初の書物であること
2.ラージサイズ・大画面に最小点数のクローズアップシーンを高精彩印刷
3.18人の主役たちの美意識と職人魂を存分に語り、全作品の価値を個別に詳細解説>
スポンサーサイト



プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード