fc2ブログ

2022-01-08

マレーシア・イスラーム美術展 10

インドの細密画も素晴らしかったです~!

あんまり詳しくはないのですが、
最初にインドの細密画のナマを見たのが、やはりこの東博の東洋館でした。
それまで、本とかでは見たことはあっても、さほど心を動かされたことはなかったけど、
たまたまここの常設展で、ホンモノをはじめて見て、
ショックを受けました。とにかく繊細で美しい!
こんなスゴいものだったとは!
とはいえ、まだまだ不勉強なので、よくわからないのですが、
素晴らしいものが来ていました。
やっぱりホンモノの威力はスゴいです!

islam2112mlys162.jpg
皇帝アウラングゼーブ騎馬像
インド デリー 17世紀初

ムガル帝国の第6代君主(在位:1658年 - 1707年)
第5代君主皇帝シャー・ジャハーン)とその妃ムムターズ・マハルの息子
あのタージ・マハールを建てた皇帝と葬られた妃の息子でした。
ムガル帝国全盛期の皇帝

<その崩御までに帝国の領土は最大となったが、
彼の崩御を契機に帝国は衰退・崩壊した。
1707年、ムガル皇帝アウラングゼーブの死後、
ムガル帝国では反乱が相次ぎ、
その広大な領土は徐々に解体されていったそうです。>

islam2112mlys159.jpg
 ナワーブ・ガーズィーッ=ディーン・ハイダル
インド ラクナウ 19世紀

北インド、アワド藩王国の7代目太守(ナワーブ) (在位:1814年 - 1827年)
ラクナウは、インドウッタル・プラデーシュ州の州都。
18世紀、アワド藩王国の首都として栄えた。ニューデリーの南東約500kmにある。

アワド太守
<ムガル帝国の北インド、アワド地方
(現在のガンジス川中流域、現ウッタル・プラデーシュ州東部を指す)の地方長官、
つまり太守(ナワーブ)のこと。
1801年以降はアワド藩王国となる。首府はファイザーバード、ラクナウ。

「アワド」という名前の由来は、ラーマ神誕生の地「アヨーディヤー」に由来し、
古来より数々の王朝がこの肥沃な地を領有した。

アワドの君主は様々な文化を保護し、アワドでは独自のイスラーム文化が培われ、
働き口が無くなったムガル帝国の画家をよく雇用して、
アウラングゼーブの治世に衰退したムガル絵画の復興も行われたとのこと

アワドは衰退したムガル帝国の後を継ぎ、
「アワドのムガル時代」といわれるような素晴らしい文化が作り上げられ、
ムガル帝国の首都デリーを凌駕する繁栄だった。
(4代目アーサフ・ウッダウラ, 在位:1775年 - 1797年)の頃)

しかその先代(3代目)の頃からイギリスへの従属化がすすみ、
莫大なイギリス軍の駐留費がかさみ、その後イギリスに併合される>
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%89%E5%A4%AA%E5%AE%88#%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%89%E3%81%AE%E8%97%A9%E7%8E%8B%E5%9B%BD%E5%8C%96



スポンサーサイト



2022-01-07

マレーシア・イスラーム美術館展 9

islam2112mls146.jpg
宝飾ナイフ トルコ 19世紀
鉄・銀・金像感・宝石・玳瑁(タイマイ)

これも素敵な細工で欲しいですね~。

islam2112mls145.jpg

鉄鋏
トルコ(オスマン朝) 20世紀

取っ手のアラビア語は神への感謝の言葉だそうです。
金糸象嵌が素晴らしいです
こういう細工物って、先のトルコ展でもあったけど、
楽しいですよね。
私も鶴を象った 細工のハサミを貰ったことがあります。

islam2112mlys182.jpg
銀製クリス
マレー半島 19世紀

ちょっと珍しい武器
細工が素敵
東南アジアのマレー半島および島嶼部で広く使われた鉄剣
だそうで、東博のブログにも説明がありました。
クリス―神秘なるインドネシアの武器―
https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1804

islam2112mlys178.jpg
クルアーン
マレー半島東海岸 18-19世紀

これも珍しいマレー半島の聖典
模様がまた独特ですね。

islam2112mlys200.jpg
クルアーン
中国 清 17世紀

これはまた珍しい中国の聖典
中国風の模様が面白いです。

2022-01-06

マレーシア・イスラーム美術館展 8

islam2112mls25.jpg
宝飾ヘッドドレス
儀礼用イヤリング
モロッコ 1800年頃

モロッコの金細工は本当に素晴らしい!
でも「金・宝石・エナメル」だけという解説は勘弁してほしい(泣)
カタログにはエメラルド・真珠はあった。
赤い石はなんだろう?

islam2112mls164.jpg
宝飾ネックレス・アームバンド・イヤリング・ノーズリング
インド・ムガール朝/南インド 18-19世紀
(ダイヤモンド・ルビー・エメラルド~カタログ解説)

うわ~、贅沢なルビーの使い方、すごいですね~!

islam2112mls168.jpg
宝飾ネックレス
インド・ジャイプール 18-19世紀
金・真珠・宝石・エナメル
(ダイヤモンド・ガーネット・ガラス(緑)~カタログ解説)

このエナメルは素敵~!

islam2112mls171.jpg
宝飾ネックレス
北インド 19世紀
金・真珠・宝石
(ダイヤモンド・エメラルド~カタログ解説)
これも豪華だけど、真珠が入るだけで、品良くなると感じるのは日本人だから?

2022-01-05

マレーシア・イスラーム美術館展 7

あとで気がついたのですが、
実はダマスカス鋼らしき刀が3振ありました。

というのも、日本語表記はまったくなし
後でカタログを見ると、英語表記で
damascened sword と記されているではありませんか!

islam2112mls111.jpg
曲刀 damascened kilij sword
オスマントルコ 1800年頃

しかもこちらは柄が翡翠
刀身の象嵌も素晴らしく、鞘の細工も素晴らしい

islam2112mls89.jpg
シャムシール刀
watered-steel shamshir sword with gold damascening
イラン・カージャール朝 1802-03年

これは宝石付き。
鉄・金・銀・宝石・木・革
カタログの解説によると、
刀身にスルタン・ファトフ・アリー・シャー・カージャールの銘が刻まれていて
象嵌された石はガーネット・アメジスト・アクアマリンとある


islam2112mls90.jpg
シャムシール刀
イラン・カージャール朝 18-19世紀
鉄・金・獣角
「アリ・アスガル・イスファハニー」銘

ザンド朝から初期カージャール朝期に名の知られた刀鍛冶だそうです。
刀身に象嵌された碑文によると、皇太子アッバース・ミールザーに献上されたものらしい。

こちらは何の表記も説明もないが、カタログによると
「ウーツ鋼(ダマスカス鋼)」と書かれていて、英語解説を見ると
「fine watered-steel 」とだけ記されている。

確かに向こう(シリア・トルコ・イラン)で武器を見ると(美術館)
ダマスカス鋼らしいのがうじゃうじゃありましたよ。
特に珍しくもなく、表記もいい加減だった気が…(泣)

もう一度見に行きたい~~~!

2022-01-04

マレーシア・イスラーム美術館展 6

翡翠もありました~。

islam2112mls108.jpg
宝飾短剣 ハンジャール
インド・ムガール朝 18世紀
鉄・金・ダイヤモンド・ベリル・コランダム
日本語表記ではなかったけど、英語表記にJade hiltと。

islam2112mls109.jpg
馬頭短剣 ハンジャール
インド・ムガール朝 18世紀
鉄・銀・翡翠・宝石・ベルベット・金

この2点は翡翠だそうです。
見た目も翡翠かな~と思ったら、やっぱり。
特に馬頭のがとっても素敵です~!

翡翠はあと3点ありました。
islam2112mls117.jpg
手鏡
トルコ・オスマン朝 17-18世紀
翡翠・ガラス・金・宝石
(カタログにはルビー・エメラルド・ターコイズ・真珠と)

かなりゴテゴテしいデザインです。
似たものが一昨年のトルコ展にも来ていましたね。

islam2112mls143.jpg
翡翠ペン置き
トルコ・オスマン朝 19世紀
翡翠・銀

なかなか渋い翡翠です~

2022-01-03

マレーシア・イスラーム美術館展 5

年末年始で中断しましたが、再開します。続きです。

islam2112mls83.jpg
『シャーナーメ』の挿絵
イラン・サファヴィー朝 16世紀末

カタログによると「バハラーム・グールの狩りの物語」とのこと
サーサーン朝の15代君主バハラーム5世(在位:420年 - 438年)ですね。

『シャー・ナーメ』( Šāh nāmah)は、
叙事詩人フェルドウスィー(934年 - 1025年)がペルシア語で作詩したイラン最大の民族叙事詩。
『王書』とも訳される。 980~1010年。
古代ペルシアの神話、伝説、歴史の集大成であり、
最初の王カユーマルスからサーサーン朝滅亡に至る4王朝歴代50人の王の治世が述べられている。

そしてサファヴィー朝の時代において、
タフマースブ1世の工房で名匠たちによって共同で描かれた16世紀の『シャー・ナーメ』の挿絵
(「シャー・タフマースプの偉大なるシャー・ナーメ(フランス語版)」)は特に有名で、
250以上もの極彩色のミニアチュールを含む巨大な写本であり、写本芸術の最高峰とされる。
(羽田正「第4章 東方イスラーム世界の形成と変容」『西アジア史II イラン・トルコ』永田雄三(編)、山川出版社、2002年)>
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%A1

ああ~!
いやあ、これは一番間近で見たかったのに、
はるか上の方に展示…!
狩りの絵らしく、馬が沢山描かれていて、
素晴らしいのは、馬が一頭一頭、すべて描き分けられているんですよ!
それに周りの装飾もこれが一番凝っていて素晴らしいのに!
いやあ スゴい!それなのに…
バカヤロウ~!!!
泣くしかない!悲しかった~!

クリアファイルのグッズがあったのがせめてもの慰め…

islam2112mls107.jpg
鉄盾 金・銀象嵌
イラン・カージャール朝 19世紀

うお~!19世紀でもなお、素晴らしい金属加工技術!
侮れません!

islam2112mls112.jpg
虎頭儀仗(銀製) ・儀仗(金製)
インド,デカン 18世紀/北インド 19世紀

わあ~!イスラームスタイルのかわいいライオンだ~!
と思ったら虎ですか?
でもアルハンブラのライオンにそっくり
伝統は引き継がれていますね。
そして細工が素晴らしい!

islam2112mls91.jpg
短剣 ジャンビーヤ
イラン・アラブ市場用 1800年頃

これも細工が素晴らしいです~!
さすがイラン(ペルシア)!

2022-01-02

お正月

oden2201.jpg

お正月はおでん~!
塩釜のおでんを見つけて~
美味しい~
今年は大好きな伊達巻きも諦めて、黒豆だけ。
でもきんとんのちっちゃいの買っちゃった(笑)
kntn2201.jpg

あと美味しかったので、また別のスーパーでオードブル買って。
2件目のスーパーのが美味しかった~
(ちょっと遠いので、あんまり行かないんだけど、要チェックだな)
そして年末にペロッと食べてしまった
entremese2201cp.jpg

お煮染めも美味しかった~
nisime2201cpb.jpg

tikuzenni2201cpb.jpg

いつもだとスイーツ三昧だから、それがいけないんだな。
なんか胃腸と肌の調子もいいわ
もしかして、スイーツと乳製品と卵類の食べ過ぎだっただけ?

2022-01-01

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。

nenga2022.jpg
(今年ははじめて、干支を登場させてみました)

イラストは一昨年の「砂漠の宮殿」でページが多くなりすぎて
掲載できなかったレバノンのアンジャール遺跡です。
本当はシリア周辺のヨルダン・レバノン・イスラエルの遺跡も
紹介する予定だったのです。
それは次回是非、作りたいと思っています。

昨年も引き続き未曾有の世界的な感染症流行の年でしたね。
世情も不穏な状況が続いていて、不安な日々でもあります。
日本の治安と平和とインフラの充実と…いろんなもののありがたみが身に沁みるこの頃です。
コロナもまだまだ油断禁物で、オミクロン株もじわじわと増えてきています。
まだしばらくは密を避けて、手洗い、うがいの日々ですね。

当方は引き続き、体力作りと体調維持、健康を第一に
睡眠、食事、運動を最優先に精進しております。

いかに運動が大事かということを痛感しています。
にうやく効果が出てきて
少しずつ、体力がつきつつあります。

一昨年は本当に何もできなかったのに、
昨年は少し、片づけが出来ました。
自分にとってはものすごい進歩です!

忙しさにかまけて、ずっと放置状態だったので、
まだまだ家の片づけは残っていますが、
この際、何とか片づけて、原稿に取りかかれたらいいなあと思っています。

気長にお付き合いいただけると嬉しいです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード