fc2ブログ

ジブチの遺跡

世界遺産に登録されている遺跡はないけど、
ちょっとまとまらないけど

Prehistoric_Djibouti.jpg
Wikiより

ジブチ地域には新石器時代から人が住んでいます。
アッベ湖の地域では、約 300 万年前の切り石が収集されています。
アンテロープとキリンのように見えるものの岩絵も、ドーラとバルホで発見されています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Djibouti

バルホでは 10,000 年前の岩壁画が発見されています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Balho

ドーラでは岩絵が発見されています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Dorra

アサ コマ(「赤い丘」)
この地域で 知られている最古の新石器時代の遺跡である 2 つの小さな遺跡があります。
隣接するワクリタとアサ コマは、ゴバード平原の内陸湖地域にあります。
炭素 14により紀元前2千年紀初頭のもの と 推定される陶器。2005 年に両方の場所で発見されました 。
https://fr.wikipedia.org/wiki/Asa_Koma

アサ コマは、ゴバード平原のワディにある地域です。ワクリタは近くにある新石器時代の小さな集落です。2005 年にそこで行われた発掘調査では大量の土器が発掘され、この地域の新石器時代の文化的境界が明らかになりました。この動物の遺体は、アッベ湖近くの石器時代の集落における漁業の重要性を物語っています。さらに、家畜、特に牛やヤギの飼育がこの地域で初めて具体的になりつつある。放射性炭素年代測定この集落は紀元前 2 千年紀に遡ります。この 2 つの遺跡は、この地域で牧畜が行われていたことを示す最古の証拠です。この陶器は2千年紀のものである可能性もあります。点描と幾何学的なカット装飾が特徴で、アラビア南部マライバのサビール文化第 1 期の陶器を彷彿とさせます。[1]サウジアラビア海岸のシヒやイエメン海岸のスブルの破片を思わせる陶器も発見されている。[2]

厚狭駒では長角のこぶ牛の骨も発見されている。これは、家畜化された牛が 3,500 年前には存在していたことを示唆しています。[3]
https://de.wikipedia.org/wiki/Asa_Koma_(Dschibuti)
Steffen Wenig Walter Raunig: Afrikas Horn. Otto Harrassowitz Verlag, 2005,
Annali, Volume 58. Edizione universitarie, 1998, S. 527
Graham Connah: Forgotten Africa: An Introduction to Its Archaeology. Routledge, 2004,

スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード