fc2ブログ

カッパーベルト

カッパーベルト
カッパーベルト(英語: Copperbelt, Copper Belt)は、アフリカ大陸南部・ザンビア中部のカッパーベルト州からコンゴ民主共和国(DRC)南部の上カタンガ州にかけて広がる銅山地帯の呼称。

その名の通り銅の世界的産地。銅鉱床は始生界の古海岸線沿いに堆積した銅鉱物からなる。鉱床規模はチリのポーフィリーカッパー鉱床に匹敵する2000万t級の埋蔵量ではあるが、ザンビア・DRC両国の政治経済的混乱により世界の銅生産におけるカッパーベルトの占有率は減り続けていた。2009年現在、DRC政府の許可がおり、いくつかの鉱山が再開予定であり、銅価の回復もあって生産割合は増えると考えられる。

また、銅生産の副産物であるコバルトも重要な産出品となっており、2005年時点で世界生産量の約50%を産する。キトウェ、ンドラ、ルブンバシなどが地域内の代表的な都市

Copperbelt-R_Taylor.jpg
The Copperbelt region (map by Rachel Taylor)

伝統的に、カッパーベルトという用語には、ザンビアのカッパーベルト州(特にンドラ、キトウェ、チンゴラ、ルアンシャ、ムフリラの町)とコンゴのオー・カタンガ州、ルアラバ州(特にルブンバシ、コルウェジ、リカシ)の鉱山地域が含まれます。
バントゥー族の拡大の時から、コンゴのカタンガ地域とザンビアのカッパーベルト地域は両方とも、ランバ族にちなんで「イランバ」または「ランバランド」と呼ばれてきました。どちらの州も鉱物資源が豊富です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88
https://en.wikipedia.org/wiki/Copperbelt
Copperbelt_ Wiki.jpg
(Wikiより)
銅の鉱化は 20世紀初頭に初めて発見され、1930 年代にルヤンシャで大規模な生産が始まり、ンカナ (1932 年)、ムフリラ (1933 年)、そして 1939 年のンチャンガと急速に続きました。生産量は年間 400,000 トンに達し、1960 年代半ばには年間 600,000 トンの水準を超えました。1976 年から 1977 年にかけて減少期間が続き、1996 年の最低の年間 350,000 トンまで落ちました。CACB の銅埋蔵量は合計 1 億 6,600 万トンと推定されていますが、すでに生産されている銅はその 10% 未満です。
https://www.geologyforinvestors.com/deposits-central-african-copper-belt/

リカシ Likasi
リカシ (当時はジャドットビル(Jadotville)と呼ばれていました) の西 20 km にあるシンコロブエ鉱山は、1943 年のマンハッタン計画情報報告書によって、これまで世界で発見された中で最も重要なウラン鉱床であると記載されていました。この鉱山からのウランは、1945 年に広島と長崎で使用された原子爆弾の製造に使用されました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Likasi
スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード