fc2ブログ

『コイサンマン』

『ミラクル・ワールド ブッシュマン』も聞いたことあります。
ニカウさん、覚えています
ずいぶん、続編が作られたんですね

Bushman1980.jpg

『ミラクル・ワールド ブッシュマン』(1980)
Bush Man 南アフリカ
The Gods Must Be Crazy 現在は『コイサンマン』に改題

南アフリカ・ボツワナ共和国の砂漠に居住する、当時ブッシュメンと呼ばれていたサン人の生活をコメディタッチで描いた作品。1989年には続編の「The Gods Must Be Crazy II」が制作されている。主演のニカウは日本でも人気者となり1983年に来日している。
日本での配給収入は23億7000万円で1982年の年間1位である
ボツワナのほか、ナミビアのツムクウェでも撮影された
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89_%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%9E%E3%83%B3
https://eiga.com/movie/49968/
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Gods_Must_Be_Crazy
[DVD]出てますね。
https://www.allcinema.net/cinema/23050
ポンコツ映画愛護協会
http://www1.kcn.ne.jp/~pop/spcpm/f07m/gods_must_crazy.html

『The Gods Must Be Crazy』は、ナミビアのサン農場主で俳優のナシャウ・トーマが主演する映画シリーズ

コイサンマン(ブッシュマン) 2
THE GODS MUST BE CRAZY II
1989年製作/ボツワナ
カラハリ砂漠に住むコイサンマン(ブッシュマン)の活躍を描くコメディ・シリーズの第二弾。製作はボート・トロスキー、監督・原案・脚本は「ブッシュマン」のジャミー・ユイス、撮影はバスター・レイノルズが担当。出演はニカウ、レナ・ファルジアほか。
カラハリ砂漠。ニカウと共に食べ物の収穫に出かけた彼のふたりの子供、キサとキリは、象牙の密猟者のトラックを見つけそれに乗り込むが、その時車はふたりを乗せて走り出すのだった。
https://eiga.com/movie/49969/
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Gods_Must_Be_Crazy_II

非公式映画

1990年代初頭、ナシャウは最初の2本の映画の水を得た魚のような側面を引き継いだ低予算の非公式続編3本に出演した。これらは香港で制作され、広東語で撮影され、その後他の言語に吹き替えられました。

2007 年の時点で、これら 3 つの香港映画は米国では公開されていませんが、中国ではVCD形式でリリースされています。『The Gods Must Be Funny in China』は最近、南アフリカでDVDとしてリリースされました。

コイサンマン、キョンシーアフリカへ行く
Crazy Safari (The Gods Must Be Crazy III) (1991)
クレイジー・サファリ
アフリカを舞台に、コイサイマンとキョンシーという東西のキャラクターが出会って繰り広げる騒動を描いたコメディ。
ミスマッチな設定と、ブルース・リー(本物のリーの主演映画「ドラゴン危機一髪」などのフィルムを流用している)まで飛び出すパロディ感覚が抱腹絶倒。
監督はキン・フー監督「侠女」やブルース・リーの一連の作品で武術指導を務めた後に監督に転じ、これが5作目のビリー・チャン。

イギリスに住む中国人のサム(クリストファー・チャン)は、ロンドンで御先祖様のミイラがオークションに出されるという噂を聞き、これを入手する。安らかに故郷の香港で眠ってもらおうと考えた彼は、道士(ラム・チェンイン)を呼び、ミイラをキョンシーにしてロンドンを飛び立つ。
だが飛行機がアフリカに不時着して、ニカウたちの部族とご対面することに……。
あの「コイサンマン」のニカウがキョンシーと出会うというだけでも凄いが、キョンシーとブードゥー教(ハイチの宗教なのに)呪術師のゾンビが戦うというのも凄すぎる。あとの見どころは、ブルース・リーの霊が乗り移ったニカウの演技だろうか。
撮影は全編南アフリカのヨハネスブルクで行われた
日本では「92年東京国際ファンタスティック映画祭」で上映
https://www.allcinema.net/cinema/54937
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=29927
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%80%81%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%B8%E8%A1%8C%E3%81%8F
https://en.wikipedia.org/wiki/Crazy_Safari

Crazy Hong Kong (The Gods Must Be Crazy IV) (1993)
N!xau は誤って中国人実業家とヒッチハイクでアフリカの平原から香港の自宅まで車で向かいました。持ち前の本能と砂漠で磨かれたサバイバルスキルだけを武器に、勇敢なブッシュマンはダイヤモンド泥棒の一団を回避し、家に帰る方法を見つけようとして、次々と滑稽な事故に遭遇する。

ミラクルワールド ブッシュマン3
(ブッシュマン ニカウさん中国へ行く)
The Gods Must Be Funny in China (The Gods Must Be Crazy V)(1994) 香港
中国では神はおかしい
80年代「ブッシュマン」シリーズで人気を博したニカウ主演による、マラソン大会に出場したニカウとパンダ泥棒騒動を描いたコメディ。
ひょんな事から世界耐久スーパー・マラソンに挑戦することになったニカウさん。100メートルを10秒台で走るその脚力とバネをもってすればレースは楽勝かと思われたが、そのレースにはある秘密の陰謀が隠されていた……。
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=30039
https://eiga.com/movie/49970/
https://www.allcinema.net/cinema/28602

関連映画
Jewel of the Gods (1989)
マリウス・ウェアーズとサンドラ・プリンスルーも主演した南アフリカの映画。公式には無関係ですが、最初の映画(1980年)の続編として販売されています。

There's a Zulu on My Stoep (1993)
私の踏み台にはズールー族がいる
シリーズとは無関係ですが、この映画は一部の市場でビデオで「Gods Must Be Crazy (Part IV)」として販売されました。

『There's a Zulu On My Stoep』は、国際的にはヤンキー・ズールーとして知られており、グレイ・ホフマイヤー監督による南アフリカのコメディ映画です。1993年に公開されたこの映画は、同国の興行収入史上最高の南アフリカ映画となった。[1]この映画は、レオン・シュスター(ホフマイヤーと脚本も共作)とジョン・マチキザが、アパルトヘイト時代に一緒に育った白人と黒人の二人の元友人を演じ、宝くじの当たりをきっかけに大人になって再会するが、人種差別組織に追われている。
https://en.wikipedia.org/wiki/There%27s_a_Zulu_On_My_Stoep
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Gods_Must_Be_Crazy_(film_series)

ジェイミー・ウイス Jamie Uys として知られるヤコブス・ヨハネス・ウイス( Jacobus Johannes Uys、1921 – 1996)
南アフリカの映画監督で、1980年のコメディ映画 『神々はクレイジー』とその続編である1989年の『神々』の監督で最もよく知られている。マスト・ビー・クレイジー II。ウイスは 1974 年のドキュメンタリー映画『 Animals Are Beautiful People』も監督しました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Jamie_Uys

ビューティフル・ピープル ゆかいな仲間(1974)
『アニマルズ・アー・ビューティフル・ピープル』 (『ビューティフル・ピープル』とも呼ばれる)
『Animal Are Beautiful People』
ジェイミー・ウイズが脚本、製作、監督、撮影、編集した1974年の南アフリカの自然ドキュメンタリーで、アフリカ南部の野生動物についてコメディー要素を交えて描かれている。ナミブ砂漠、カラハリ砂漠、オカバンゴ川とオカバンゴデルタで撮影されました。この作品は 1974 年のゴールデングローブ賞最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞
https://eiga.com/movie/48457/
https://www.kinejun.com/cinema/view/7584

「砂漠の冒険」Lost in the Desert,LOST IN THE DESERT DIRKIE
ロスト・イン・ザ・デザート(:1969年
砂漠にひとり残された少年と愛犬の、想像をこえた冒険旅行。製作総指揮はアンドレ・ピーターセ、製作・監督・脚本はジャミー・ヘイズ、出演は実の親子でもあるジャミー・ヘイズとダーキー・ヘイズ
https://eiga.com/movie/65183/
https://en.wikipedia.org/wiki/Lost_in_the_Desert

ディンガカ Dingaka 1965
ジャミー・ユイスが脚本・監督・製作を担当した、アフリカを舞台に白人の恋と原住民の悲劇を描いたドラマ。
出演は「ナバロンの要塞」のスタンリー・ベイカー、「カンカン」のジュリエット・プライス、南アフリカ出身のケン・ガムツーほか。
ディンガカは、伝統的な部族の法律に従って娘の殺害に復讐する部族民、ヌトゥク・マクウェナの物語を語ります。彼の復讐行為により、彼は黒人に対する正義が存在しない政府の法律に基づいて裁判を受けることになる。
https://eiga.com/movie/62431/
https://en.wikipedia.org/wiki/Dingaka

ならず者一家 The Hellions 1961
ケン・アナキン監督、リチャード・トッド、アン・オーブリー、ライオネル・ジェフリーズ、ロナルド・フレイザー、コリン・ブレイクリー主演
ジャミー・ユイス出演
ハロルド・スワントンの小説を映画化したアクションドラマ。英国で作られた西部劇とでもいうべき活劇篇
南アフリカにオール・ロケ
十九世紀初頭、南アフリカの開拓地は無法者の天下であった。中でも親父のルークに率いられたマシュウ、マーク、ジョン(マーティ・ワイルド)、ジュバル(ジェームズ・ブース)達ならず者一家は開拓民たちみんなから恐れられていた。彼ら無法の一家は、力をたのんで近隣を荒しまわっては人を傷つける、手のつけられぬ連中だった。
https://eiga.com/movie/65751/
https://www.kinejun.com/cinema/view/13132
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Hellions
スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード