fc2ブログ

2012-06-30

正倉院の楽器

気になって、図書館で見つけました。

musico_silkroad_kishibe1982.jpg

古代シルクロードの音楽 
-正倉院・敦煌・高麗をたどっ て
岸辺成雄  講談社 1982
 
<東大寺大仏開眼式に奏された楽舞には、
西域の音がしのびこんでいる。
正倉院に眠る楽器の検討から、
古代シルクロードの音楽へと遡り、
敦煌、高句麗の壁画にある楽器や、
流砂に消えた音の謎を、
豊富な資料で比較解明した
著者の半生に及ぶ研究の集大成>
(帯より)

(追記)
表紙-敦煌莫高窟壁画 薬師浄土変相図 伎楽部分
図版124
巻頭に著者撮影の
唐周文矩合楽図(しゅうぶんくごうがくず)
(宋代模写)(シカゴ美術館研究所蔵)
カラー写真
玄宗皇帝と楊貴妃の前で宮妓が演奏している図?

<唐代音楽史の研究を一生の仕事とする著者。
唐代音楽を研究するには、西域音楽を知らねばならない。
西域中道の亀茲を中心にイラン、インドに唐代音楽の淵源を求め、
一方、唐代音楽の東流した日本、朝鮮の雅楽にも資料を探った
古代シルクロードの音楽の東アジアの三つの終着点とその交流について述べた。
日本、中国、朝鮮のそれぞれの古代音楽を大観しながら、
その中の西域的要素を取り上げた>
あとがきより

中国の音楽がこれほど西域の音楽の影響を
受けていたとは思わなかったです。


instruments_shosoin_artejapon117_1976.jpg

正倉院の楽器  日本の美術No.117  
阿部弘/編  至文堂 1976

<正倉院に現存する楽器の代表的なものについて、
美術工芸品としての側面に注目して解説>

(追記)
図版73+6 うちカラー16 
装飾、図像部分のアップの写真がうれしい。
巻末に、正倉院の他種の宝物に楽器演奏を表した図像例として、
墨絵弾弓に描かれた散楽図と
香印坐の花弁に見られる琵琶を奏する迦陵頻迦(かりょうびんが)


instruments_shosoin_report_nikkei1967.jpg

正倉院の楽器
正倉院事務所編集  日本経済新聞社
S43年(1967)

正倉院の楽器の
昭和23~27年の詳しい調査の報告書
200枚の図版、詳細な測量データ、実測図表付き
スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【正倉院の楽器】

気になって、図書館で見つけました。古代シルクロードの音楽 -正倉院・敦煌・高麗をたどっ て岸辺成雄  講談社 1982  (帯より)正倉院の楽器  日本の美術No.117  阿部弘/編

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード