fc2ブログ

2013-06-21

『カタルーニャ地図』

で、その前後にも、もっと気になる地図を見かけて。

sakiici_sahara.jpg

『サハラが結ぶ南北交流』
(世界史リブレット60)私市 正年
山川出版社 2004

これはこれで、アフリカのことを調べていた時にひっかかった本なのですが、
この表紙に載っていたのが『カタルーニャ地図』だったのです。

大航海時代以前に、イスラーム圏の知識によって描かれたアフリカの詳細な地図!

カタロニア地図
アラゴンの皇太子からフランス王シャルル6世(当時13歳)への贈り物。
作ったのはマジョルカに住み、アラゴン家に仕えるユダヤ人で
「地図と羅針盤の巨匠」と呼ばれるアブラハム・クレスケス。
マルコ・ポーロやフランシスコ会の修道士フリア・オドリックなどの
情報をもとにつくられた地図。
神話や聖書、旅人の話などからのさまざまな事柄が描き込まれている。

京都大学で中国元時代の世界図「混一彊理歴代国都之図(こんいっきょうりれきだいこくとのず)」と
カタロニア図の比較研究が行われ、順次公開されている。
「モンゴル時代の世界地図」で検索するとその一部が解る。
http://www.yamada-kj2.com/oversea/over_out/over_zatsu/map_hi/1375_catalan/catalan0.html
大航海時代とルネサンス>大航海時代>大航海時代雑学>地図の歴史>カタロニア地図

mapacatalaneuro.jpg

mapacatalanasia.jpg


<有名なCatalan Atlas(1375年ごろ)。
パリの国立図書館所蔵。
シャルル5世が所望し、アラゴン王ペドロ4世を通じて依頼された
マジョルカ島のユダヤ人地図製作家アブラハム・クレスケスに作らせたものという>


それが、時を同じくして作られたものと知ったのは、つい最近。

<モンゴル時代には,ラシード・アッディーン『集史』をはじめ,
それまでの文明圏の枠をこえて,真の意味での「世界史」叙述があらわれる。
それとともに,アフロ・ユーラシア規模ではあるが,
やはり人類史上でかってない「世界地図」がつくられる。
しかも,ユーラシアの東と西で連動するように,
それぞれ注目すべき地図がひとつづつ今に伝えられている。

ヨーロッパにおいては,
『カタルーニャ地図』
(英語では Catalan Atlas)がある。
パリのフランス国立図書館に蔵されるこの地図は,
1375年アラゴン連合王国が支配する
マリョルカ島の主邑パルマでつくられた。
フランス王シャルル6世が,
アラゴン王家のペドロ4世に依頼して,
当時のヨーロッパで最高の地理学者・地図製作者である
アブラハム・クレスケスとジェフーダ・クレスケスの父子につくらせたものであった。

東の『混一疆理歴代国都之図』のモンゴル時代中国での原図が,
あくまで“民間むけ”“一般用”であったのにたいし
(モンゴル政権そのものは緯度・経度もきちんとした
ユーラシア地図をもっていたと考えざるをえない)

西の『カタルーニャ地図』は,
特別な需要による“とびきりのもの”であった。>
www.classics.jp/RCS/NL08/NL08Sugi.pdf‎
「古典学の再構築」>公開シンポジウム>第4回 現代世界と古典学 (平成12年9月22~23日)>
「現代世界と古典学」古典学の再構築第4回公開シンポジウム報告>古典学の再構築』第八号(平成12年11月)> モンゴル時代の世界地図―文明圏を超えて―(杉山正明)

詳しくは
『「世界地図」の誕生』
『モンゴル帝国が生んだ世界図 (地図は語る)』
に続く「地図は語る」シリーズの3冊目
杉山正明氏執筆の『アジアは世界を知っていた』
で、解明予定らしいです。

また
『サハラが結ぶ南北交流』にはこんなことも書かれていて。
<マジョルカ島は 10世紀はじめから
イスラーム勢力の支配下にあったが、
1229年、アラゴン連合王国によって再征服され、
この島のパルマの町に地図製作学校が出現した。

中心になったのがユダヤ教徒たちで、
彼らはアラブ・イスラームの知識と伝統を継承しながら、
世界地図を製作した。

そのうちの一人アンジェリーノ・ドゥルセールが
1339年に描いた地図には、
アフリカのマリ王国の王都やサハラ交易の拠点シジルマーサなどの
諸都市が描かれている。

1375年頃、クレスケスがドゥルセールの地図に描き足し、
アラビア半島から中国までを付け加えたものがカタロニア地図>

mapaducert1339.jpg

Catalan Atlas
http://en.wikipedia.org/wiki/Catalan_Atlas
Majorcan cartographic school
http://en.wikipedia.org/wiki/Majorcan_cartographic_school
Angelino Dulcert
http://en.wikipedia.org/wiki/Angelino_Dulcert
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード