fc2ブログ

2014-01-09

八重の桜

「八重の桜」面白かったです♪

幕末以降の歴史を、
いつかちゃんと勉強したいと思っている身にとっては
とってもありがたいドラマでした。

明治初期の頃とか、遷都した後の京都のこととか、
すごく面白かったです。

衝撃を受けたのは、八重だけでなく、兄の山本覚馬
この人本当に凄い!
あの時代にあの見識は尋常ではない

八重も幕末では、断髪・男装で銃を持ち新政府軍を相手に奮戦。

明治政府が薩摩長州で占められていたこと
会津など、旧幕軍側がいつまでも仇敵とされていたこと。
わかってはいたが、改めてその重さを思い知らされた。

八重はもっとふくよかな女性だったそうだが、
イメージとしては森三中の村上知子さんみたいな感じかな。

兄の山本覚馬も大変魅力的で、懐の深い人で、
八重もなんと逞しく、しなやかな女性だったことか。
まさに幕末の影のヒーロー、ヒロインですね。
こういう魅力的な人物が、仇敵の会津というだけで、無視されてきたのは悲しいです。

留学した女性も、官軍側でなく、幕軍側のみ。
異国に行って、どうなるかわからないし、無事に帰って来れる保証もない。
それを見事に成果を上げて帰国した捨松や津田梅子さん。
彼女たちが、日本の女子教育の礎を築き、彼らが日本の近代教育の礎を築いた。

そして単身アメリカに渡り、初の私学を立ち上げた新島譲。

維新後の京都の役割も面白く、見捨てられた京都を復活させた知事と覚馬の功績は大きい。
日本の近代教育の原型に会津があるというのは、歴史の皮肉だろうか。
しかも、八重はさらに赤十字にも従事していく。
本当になんて素敵な人たち。

福島の事故がなければ、日の目をみることもなかったのではないかということを考えると、
今回の「八重の桜」の意味は重い。
本当に色々と考えさせられるドラマでした。

http://www.joho-kyoto.or.jp/~retail/akinai/senjin/yamamoto-1.html

津田梅子 津田塾大学
華族平民の別のない女子教育を志向して、一般女子の教育を始める。
2度目の留学で梅子はヘレン・ケラーと会う機会に恵まれ、
さらに訪れたイギリスでナイチンゲールと面会したのだそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%A5%E7%94%B0%E6%A2%85%E5%AD%90
http://www.are-you-happy.com/article_others/1745

八重のダンナ川崎尚之助(長谷川博己)
京都府令・知事 槇村正直((髙嶋政宏);
同志社大学の創立者である新島襄(オダギリ・ジョー) 
斎藤一 (降谷建志)
佐久間象山(奥田瑛二)と吉田松陰(小栗旬)

八重の故郷・会津藩藩主・松平容保(綾野剛)
西郷隆盛 (吉川晃司)
勝海舟(生瀬勝久)
岩倉具視(小堺一機)

皆さん、魅力的でした。

以下のサイトが楽しかったです。
幕末ガイド<【写真で比較】大河ドラマ『八重の桜』のキャストを実物と較べてみた
http://bakumatsu.org/blog/2013/01/yae-no-sakura.html
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード