2015-07-06

中東が舞台の小説いろいろ

これも読むのが追いつかない~
忘れないようにメモメモ

saiki_EagleByzanz.jpg

ビザンツの鷲 1-4 徳間ノベルス 1993-1995
ビザンツの鷲―帝国晩照 (トクマ・ノベルズ)
斉城 昌美 徳間書店 (1993

  15世紀頭の東欧~中央アジアまでを横断する冒険小説。
各巻のタイトルは「1帝国晩照」「2群狼山河」「3覇王呪殺
陣」「4西域風塵」。
とあるビザンツ貴 族にして商人の男が変転の末、
ティムール帝国まで旅を続け、
そこでティムールの一族を巡る陰謀に巻き込まれていく。 <丘陵のユルタ>

gurmen_muhtedi.jpg

改宗者クルチ・アリ―教会からモスクへ
O.N.ギュルメン (著), 和久井 路子 (翻訳) 藤原書店 (2010/

<6世紀、イタリア出身ながら海賊に捕われイスラムに改宗、
レパントの海戦を生き延びて海軍提督に登り詰めたクルチ・アリ。
宗教の境界を越え破天荒の活躍をした異色の存在の数奇な生涯を描く、トルコ現代文学の話題作。

ギュルメン,オスマン・ネジミ
1927年トルコ・イスタンブル生。
幼時よりフランス人の乳母にフランス語を習い、後にイスタンブルのフランス系私
立学校セントジョセフ校に学ぶ。
1946年より52年までフランスに留学後、トルコに戻り、
ウルファで政治活動に従事したのち、再びトルコを離れパリに移る。
以後その地に留まり、トルコ語・フランス語の2か国語で執筆を続けている >

kobayasi_Shajar al-Durr.jpg

シャジャラ=ドゥル―真珠の樹という名のスルタン (歴史群像新書)
小林霧野, 学習研究社 (1995
 
<13世紀の中東。女奴隷からスルタンの妃となり、
後にマムルーク朝創設の動乱に関わってスルタンの座にまで昇り詰めた女性、シャジャラ=ドゥル。
比類なき美貌と聡明さによって自らの運命を切り拓き、
イスラム史上に稀なる歴史を刻んだ一人の女性の半生を史実に基づき、
詩情豊かに描き出した意欲作。歴史群像賞の95年度入選作品である。
第2回歴史群像大賞入選作品。 >

kobayasi_Shajar al-Durr.jpg

サラディンを生んだ者
小林霧野, 文芸社 (2002

<中近東が分裂と陰謀、戦乱の直中にあった12世紀、
小領主の子として生まれた平凡な青年は、やがてイスラム教徒の力を集結し、
十字軍に占領されていたエルサレムを奪回、
イギリス王リチャード1世と果敢な戦いを演じ、騎士物語に描かれるまでの英雄となった。
高潔と寛容で名高いサラディンが、
先駆するイスラムの力量者達を押し分けて歴史舞台の中心に出るまでの前半生を記した歴史小説。

イスラム社会が殺戮と陰謀、戦乱のさ中にあった12世紀、
後にアイユーブ朝の創始者となるサラディンは生まれた。
サラディンの前半生をイスラム世界側からの目で劇的に描き出す。>

小林 霧野
学生時代にダマスカスに遊学。

crichton_eaters.jpg

北人伝説 (ハヤカワ文庫NV)
マイクルクライトン,
Eaters of the Dead
<バグダッドの使節イブン・ファドランは、旅の途上で屈強の一団と遭遇した。
彼らこそ勇猛で知られる北人―。バイキングであった。
彼らの客となったイブン・ファドランは、
北方のロスガール王国の救援に馳せ参じる北人の勇士十二人に同行することになる。
王国は邪悪な死者常食族ウェンドルによって危機に瀕していた。
かくして北人とウェンドルの激烈な闘いが幕を開ける。
十世紀の北欧に展開する血湧き肉躍る伝奇ロマン。 >

akabane_Baybars.jpg

復讐、そして栄光〈上・下〉 (光文社文庫)
赤羽 尭,
akabane_Baybars02.jpg
(単行本の表紙~こっちの方が素敵 裏表紙も背表紙も凝っています)
<無敵のモンゴル帝国を滅ぼした男・バイバルス
のちに、エジプトの英雄と呼ばれることとなる彼は、奴隷から身を起こし、
長年にわたる十字軍との激しい戦いに耐え抜いた。
そして、迫り来る数々の試練を乗り越え、ついに世界ではじめて最強のモンゴル軍を敗ったのだ。
エジプトのスルタン(君主)となった男の、戦闘につぐ戦闘の四十八年間の生涯に光をあてた入魂作。 >

komae_Talas.jpg


天涯の戦旗 タラス河畔の戦い
小前亮  
朝日新聞出版 (2011/10/7

<タラス河畔の戦いと言えば8世紀半ば、
東西の二大超大国、アッバース朝と大唐帝国が直接ぶつかり合った戦いとして名高い。
そのタラス河畔の戦いを、ある宝物を絡めてミステリー仕立てで仕上げた歴史小説。

唐の西域遠征軍を率いる将軍・高仙芝(こうせんし)は、
不可能と言われたパミール高原踏破をなしとげ、
名将の誉れ高い人物だったが、遠征中にある国で虐殺事件を起こす。
上官の突然の蛮行に疑念をいだく副将の李嗣業(りしぎょう)だったが、
軍はさらに西へと版図を広げ、勃興するイスラム帝国と衝突の時を迎える――。 
世界史上でも重要な「タラス河畔の戦い」を中心に、歴史の謎に迫る物語。

謎と野心が渦を巻き、世界を変える戦いが起こる。
パミール高原を越え、はるか西域をめざす唐の遠征軍。
人望厚く、知勇に優れた将軍・高仙芝が下した命令は、
小国の略奪、そして無抵抗の人々の虐殺だった―!?
謎に満ちた名将の凶行、男たちの野心、怨念、希望。絡み合う運命は、
やがて強大なイスラーム帝国との対決へと向かう。>
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード