fc2ブログ

2009-04-09

イスラーム庭園の本

楽園の秘密を解きあかす…。
イスラーム建築と対になるような、庭園の源流。

islamgardin

「楽園のデザイン―イスラムの庭園文化」
 ジョン ブルックス 神谷 武夫/訳 鹿島出版会 (1989/05)

イスラーム文化圏というか、
発祥の地の気候風土から発生の由来、概念、思想がわかります。
内面、精神部分ですね。
イスラーム庭園の源流からスペイン、ペルシア、インド、
マグリブ、エジプト、シチリア、トルコと代表的な庭園を網羅してます。
イランではエスファハーン、シーラーズ、タブリーズ、
テヘラーン、カーシャーン、マハーン。
カージャール期の庭園についても載っています。
(テヘラーンのゴレスターンも)

「イスラムの造景文化」 岡崎 文彬 同朋舎出版 (1988/05)

類似本ですが、こちらの方が先に出ていますね。
こちらの方が詳しい部分もあって、これもはずせない感じです。
面白いです。
イギリス人と日本人のとらえ方の違いも面白いです。

スペイン、イラン、インド、トルコの有名な庭園を紹介。
ブルックス氏の本に載っていない庭園がけっこう載っています。
(イランのアシュラフ、
トルコのユルドゥズ、ドルマバフチェ宮殿も)

地図がちゃんと載っているのも嬉しいです。
それから、造景用語と植物の名前のアラビア語、ペルシア語、トルコ語、
ムガール語、スペイン語、日本語の表も載っていて、すごいです。 

両方とも、図版、写真、地図が豊富で、見ているだけでも楽しいです。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード