fc2ブログ

2018-05-27

映画『黒いヴィーナス』

映画がこちら。
まそた観ていないのですが。
すごく気になっています。

Venusnoire2010.jpg

黒いヴィーナス

<2013年のカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作「アデル、ブルーは熱い色」で
一躍脚光を浴びた俊英アブデラティフ・ケシシュが、
2010年に発表した長編第4作。
19世紀初頭のヨーロッパを舞台に、
南アフリカからやって来た黒人女性がたどる数奇な運命を、実話をもとに描き出した。

南アフリカからイギリスへやって来たサーティエは、
見世物小屋の出し物として庶民たちから好奇の目を浴びせられていた。
その後、彼女は興行師に連れられてパリへと渡り、
「ホッテントットのビーナス」と呼ばれて知名度をあげていく。
そんな彼女に興味を抱いた解剖学者キュビエは、
珍しい黒人女性の身体を研究するべく彼女を研究所へ招くが……。
日本ではアスティチュ・フランセ東京の「地中海映画祭2013」第2部
(2013年10月20日・26日・27日)で上映された。>


監督
アブデラティフ・ケシシュ
キャスト
ヤヒマ・トレス
アンドレ・ジェイコブス
オリビエ・グルメ

原題 Venus noire
製作年 2010年
製作国 フランス・ベルギー合作
上映時間 164分
http://eiga.com/movie/79121/
映画.com

<「こんなに猿に似た人間の顔を見たことは今までなかった。」
1817年、パリ、国立医学アカデミーで、サーティエ・バートマンの身体を前にして、
解剖学者のジョルジュ・キュヴィエはきっぱりと述べ、
その場にいた研究者たちはみな、彼の演説に拍手する。

7年前、南アフリカを主人のカエザールとともに出国したサーティエは
ロンドンの見世物小屋で観客たちの好奇の目にさらされていた。
足かせをはめられながら自由である女性サーティエは、
「ホッテントットのヴィーナス」と呼ばれ、
いつかは上に昇ってゆきたいと夢を描く社会の底辺で暮らす人々のイコン的存在であった。

最新作『アデルの人生(仮)』が 今年のカンヌ映画祭で
見事最高賞であるパルム・ドールを受賞したケシシュの長篇4作目。
俳優たちの身体と言葉から真実の感情を導き出そうとする
その妥協することない演出は、
しばしばフランス映画の巨匠のひとりモーリス・ピアラと比較される。

アンスティチュ・フランセ
Institut francais du Japon -

イベント > 映画 > 地中海映画祭 2013 > 『黒いヴィーナス』
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/cinema131020170/

https://www.youtube.com/watch?v=1-D8N5uaePw
Black Venus / Venus Noire (2010) - Trailer
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード