fc2ブログ

イランの大気汚染 2

いつのまにか、こんな酷いことになっていたんですね。

イラン首都、大気汚染による死者年間4460人
2013年01月07日 13:46 発信地:テヘラン/イラン
<テヘランの大気汚染の主な原因は、数珠つなぎの交通渋滞だ。
市は二つの山脈に挟まれ、そこに排気ガスが停滞するのだという。

 さらに低品質の国産ガソリンへの依存が高まっていることも
汚染をさらに悪化させている一因だ。
これは、イランの燃料輸入に対する欧米の制裁による副産物といえる。>
http://www.afpbb.com/articles/-/2919328

大気汚染が深刻な都市ランキング
2014年3月19日
大気汚染が最も深刻な世界の10都市を発表している
1位はイラン・アフワズ、
  2位はモンゴル・ウランバートル、
  3位はイラン・サナンダジ
4位はパキスタン・クエッタ、
  5位にはイラン・ケルマンシャーが続いている
http://news.livedoor.com/article/detail/8647054/

<WHOの2011年のレポートによると、
アフヴァーズはPM10粒子が年間平均1立方メートル当たり372マイクログラムで、
大気汚染が最もひどい都市とされた。
その理由として、油田が非常に多いことが挙げられる。>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%BA

外務省 在外公館医務官情報 イラン
<首都テヘランは標高1,200~1,600メートルの高地に位置し,
年間を通して乾燥した内陸性気候で寒暖の差が大きい

増加する車両(特に老朽化した車)から出る排気ガスの影響で,
テヘランをはじめ大都市では大気汚染が深刻な問題となっています。

浮遊粉塵量あるいは一酸化炭素濃度が
場所によっては基準値を大幅に超えることがあり,
特に冬場は悪化します。

また,ここ数年はイラク周辺から発生する砂塵による健康被害も報告されています。
さらに最近では,先進国だけでなく当国でも製造が禁止された
(外国製の安価なブレーキパッドから出ると言われる)アスベスト
(肺の中皮腫の原因とされています。)が
主要道路・広場の周辺で高濃度で測定されている事実がクロ-アップされています。

大気汚染が常態化しており,
気管支喘息などの呼吸器疾患やアレルギー疾患が発症あるいは再燃することがあります。
もともと呼吸器・循環器系疾患をお持ちの方は日頃から十分な注意が必要です。
また,年間を通じて湿度が低いことから乾燥による皮膚そう痒症が多く見られます。

(2)冬季のテヘランは,空気がよどみ大気汚染が深刻化します。
時には,テヘラン市当局から呼吸器や心臓の弱い人は外出を控えるようにとの勧告が出されることもあります。
また,年に何度かは大気汚染のため学校が閉鎖されます。
対策として,外出時のマスクの着用や外出後のうがい,空気清浄機の設置なども効果的です。
冬季の最低気温は氷点下となり,積雪で道路が凍結することもあります。
外出時は,防寒対策やすべり止め対策が必要となります。
冬季は元々大気が乾燥しおり,暖房機の使用により一層湿度が低下します。
皮膚が荒れたり痒くなったりしますので,保湿クリームの使用などでスキンケアをしっかりしてください。
また,加湿器の使用も有効です。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/nm_east/iran.html


<世界一の汚染都市>フーゼスターンで酸性雨か?(1)
:3000人が急性呼吸器疾患
2013年11月04日付 Jam-e Jam紙

【ジャーメジャム・オンライン】
<二日前、[イラク国境・ペルシア湾岸の]フーゼスターン州で雨が降り始めたと同時に、
当初、[同州都]アフワーズで、その後は州内の他の諸都市で、
呼吸器の症状を訴える市民が治療センターへ殺到した。
日曜日の午後までに患者の数は3千人以上に達した。
酸性雨と考えられる降雨が原因で、フーゼスターンの各治療センターは警戒態勢に入った。

 アフワーズが再度、世界一汚染された都市であるとされてから
まだ1ヶ月も経たないうちに、呼吸器疾患発生の新たな波が始まった。

専門家らは基礎的な臨床調査の中で、この疾患の原因として、
大気汚染と「酸性雨」と思われる降雨を指摘した。
最近の降雨において、大気と雨水の中の汚染物質が酸化化合物ないしは、
いわゆる「酸性雨」を作り出し、
患者たちはこれらの物質を吸い込むことで呼吸器系諸疾患を発症したのだと見られている。>
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20131111_132038.html

<世界一の汚染都市>フーゼスターンで酸性雨か?(2):
過去にもイラク戦争などで酸性雨、原因究明急ぐ
2013年11月04日付 Jam-e Jam紙
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20131115_134741.html



「微粒子問題」への対応を協議するための緊急会議、開かれる(1)
2015年02月12日付 Jam-e Jam紙

フーゼスターンで続く大気汚染を受け、政府を代表して保健相が状況調査のために同州を訪問
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20150310_000253.html
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20150310_000356.html
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20150310_000451.html
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード