fc2ブログ

2015-03-21

ペルシア2015-9 スーサの博物館

shush0218elam01.jpg

shush0218fre03.jpg

shush0218fre01.jpg

shush0218fre02.jpg


フランスの城だけが偉そうにでんとそびえている。
なんでも発掘調査のために建てたのだそうだ。
しかもこれは遺物で建てたそうだ。ひどい!
いたるところに楔型文字の残っている煉瓦があった。
彩色されたものもあった。

あんまり涼しくて快適なので、ガイドさんも大喜び。
過酷な時期しか来たことがないそうで。

shush0218museo01.jpg

shush0218museo02.jpg

博物館は小さい。図録なし
わずかに牡牛の柱頭、
遺跡の模型、
ルーブル美術館にある壁画のレプリカが2、3展示されているが、
有名な出土品が沢山出た現場としては
あまりにも弱い。
気の毒なくらい。
shush0218museo03.jpg

shush0218museo04.jpg

shush0218museo05.jpg

やる気もなさそう。

ガイドさんによると、
古い遺跡は山のようにあるから、
いちいち気にしていないとのこと。

でももったいないよ。

ハンムラビ法典碑のとか、もっと色々とレプリカとか、
復元模型を展示するといいと思いました。

shush0218dia.jpg

お昼は遺跡のすぐ側のレストラン。
ゴルメサブジありました。



シューシュShush
<古代エラムの都城址。
遺跡は 1km2にわたる領域にあるいくつかのテペ (人工丘) から成る。
発掘は 19世紀中葉より,W.ロフタス (1851~53) ,J.モルガン (97~1912) らによって行われ,
1946年以降は,R.ギルシュマンが発掘を主導。>
ブリタニカ国際大百科事典

<スーサの歴史は古く、
アクロポリスからは紀元前4000年にまで遡る神殿跡が発掘されている。
紀元前30世紀から紀元前7世紀に跨がるエラム王国の首都であった。
紀元前647年、アッシリアのアッシュールバニパルによって破壊された

紀元前540年、アケメネス朝ペルシャの王ダレイオス1世に占領されてエラムは滅んだが、
王宮が置かれて王の道の起点として再び栄えた。

ダレイオスが紀元前331年のガウガメラの戦いで
マケドニア王国のアレクサンドロス3世に敗れて
アケメネス朝が滅んだ後、
紀元前324年、アレクサンドロスは帝国内の安定を図ろうと
家臣と征服部族とのスーサの合同結婚式を行ったとの記録がある。>
wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%82%B5
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード