fc2ブログ

映画「千年医師物語」

『千年医師物語』の映画が作られていたなんて!
でも色々と史実に反していて、設定や話は無茶苦茶らしい。
でも観たい~!

とはいえ、原作も
以前友人に教えてもらって,
気になってチェックしているのに
まだ読んでいないのですが…。

事実に反した映画「千年医師物語」
2015年4月15日
IRIBラジオ日本語
http://japanese.irib.ir/2011-02-19-09-52-07/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E5%9B%9B%E6%96%B9%E5%B1%B1%E8%A9%B1/item/46573-%E4%BA%8B%E5%AE%9F%E3%81%AB%E5%8F%8D%E3%81%97%E3%81%9F%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%80%8C%E5%8D%83%E5%B9%B4%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E7%89%A9%E8%AA%9E%E3%80%8D
<この映画のロケーションは、ドイツのケルンとモロッコ
ブー・アリー・スィーナーの生涯に関してはフィクションであり、
この偉大な人物の名前や名声、住んでいた場所だけは正しいものの、
その内容の大部分は、この名医の生涯とは矛盾しています。>


Der Medicus 予告編
https://www.youtube.com/watch?v=7eZiRrPSBw0
2014/05/10 に公開
IMDb
http://www.imdb.com/title/tt2101473/
2014年 ドイツ映画 150分 日本語版なし
原作はドイツで500万部以上の売り上げを記録したアメリカの歴史小説。
ある医師の一族の1000年を描いたコール家三部作の最初の作品、
千年医師物語「ペル­シアの彼方へ」の映画化。

<11世紀に母の死をきっかけに医師を目指した少年の物語。
この少年は人の死を感じ取れる特殊な能力を持っている。
映画は原作の設定をそのままにストーリーの一部を変更してる。
原作は大まかに分けてイ­ングランドで医師権理髪師の弟子として過ごした時期と、
中東へ行きイブン・シーナの弟子として過ごした時期の二つに分かれていて、
両方の分量­は大体同じくらいになってる。

映画では前半に1/3を費やし、残り2/3を後半に費やしている。
映画の売りの一つが、中世期のイスラーム世界とキリスト教世界で名高い医師、
イブン・­シーナ(西洋ではアヴィセンナ)が関わる物語ってところだから当然の処置なんだろう。

原作ではエピローグで次の物語への繋ぎに当たる
最後のロンドンでの話は省略されてる。­
代わりに別のシーンを入れてロンドンへ帰ったことが暗示される。

原作も映画も、簡単に言うと母の死の原因になった病気を探せって話。
病名は虫垂炎。

当時はキリスト教世界でも、イスラーム教世界でも
宗教的な理由により死人の解剖が制限­されていたために分からなかった病気だ。

後半のイスファハンについてからの物語が大きく変更され、
王や宗教団体、敵対勢力など­の政治的な部分が主要な形になるよう変更された感じだ。

キリスト教世界でも、イスラーム教世界でも、
当時の医者が一歩間違うと魔術師などと糾­弾されるさまが
原作よりも分かりやすくクローズアップされてる。

最後の宗教団体が イブン・シーナの学校兼病院を焼き討ちする部分や、
イングランドで理­髪師が修道僧から魔法使いだのと非難される部分とか。

クライマックスは宿敵、虫垂炎との戦いのシーン。
主人公は禁を犯して死体を解剖して得­た知見を活用して手術を行う。
原作にはないシーンだけど、
映画のクライマックスなんだから宿敵を倒さないとしょうが­ないってことなんだろう。

原作では歴史上の人物はイブン・シーナくらいで他は架空の人物。
王などは実在の人物の­名を使ってるけど、
実際何をしてたのかわからないから空想で描いたそうだ。
当然映画の描く歴史絵巻の部分もフィクションってこと。

ちなみにイブン・シーナは胃癌で死んだといわれてる。
原作や映画の描くような厳格な感じの人物ではなく、
酒と女や音楽を愛する享楽の人で、­性の豪傑として知られてたそうだ。
死ぬ寸前まで豪傑振りを示し続けてる。
イブン・シーナの医療の著作にも性に関する部分は多い。
簡単に言うと慎む必要はないけ­ど、やり過ぎないようにってことのよう。

映画は原作のダイジェストではなく
原作をベースにした別物語って見たほうがいいと思う­。
個人的には原作も、映画もかなり面白かった。>

参考文献
persia-gordon.JPG

ノア ゴードン ペルシアの彼方へ〈上〉―千年医師物語1 角川文庫 2001
         ペルシアの彼方へ〈下〉―千年医師物語1 
Noah Gordon The Physician (The Cole Trilogy)
<舞台は11世紀。ロンドンで生まれ、幼くして孤児になった少年ロブ・J・コールは、
 病人の死期を感じとる不思議な能力に気づき、医師となるべく運命を感じて、
 遥か彼方の異郷の地ペルシャを目指す……。>

アヴィセンナ「医学の歌」 草風館 1998
Avicenna
al-Urguza fi at-tibb
Avicenne poème de la médecine
Cantica medica Avicenna
 イスラム社会で崇められてきたユーナニ医学の聖医・アヴィセンナの「医学の歌」を本邦初訳。
 医学・医術の精髄であり、珠玉の詩でもある、中世から近世の医学教程書に、
 最新研究内容を反映させた詳細解説を付す。


アヴィセンナ『医学典範』日本語訳 第三書館 2010
Avicenna  
al-Qānūn fī al-Ṭibb、
The Canon of Medicine
イスラーム医学の理論と臨床的知見を集大成した大著の日本語訳。
 1000年前の知の最先端かつ最高峰が現代に蘇る。



以前、原作を紹介したページはこちら
10/03/10  ペルシアの彼方へ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード