2015-07-13

パルティアの地図

こんなものがあったんですね~。
http://heartland.geocities.jp/zae06141/iranlink.html
『古代世界の午後』より

パルティア-忘れられた帝国
スミソニアン博物館のヴァーチャル展示会。 
<特に地図は良質かつ詳細、
中でもエリマイ ス、カラクス、アトロパテネ、インドパルティアン等関連属国の地図には、各国に関するガイドもついていて役に立つ>
http://americanhistory.si.edu/numismatics/parthia/frames/parhom.htm

スミソニアンのパルティア地図のページ 
http://americanhistory.si.edu/numismatics/parthia/frames/pargeo.htm

古代世界の午後雑記
最近(2014年8月)見つけたパルティア・サーサーン朝関連本など
http://shahr.exblog.jp/19838052
より

Historical atlas of Iran
/ Prepared by professors of the Faculty of Letters and Humanities,
Tehran University : Mohammad Ebrahim Bastani-Parizi ..
. [et al.] ; Editorial Board : Seyyed Hossein Nasr, Ahmad Mostofi, Abbas Zaryab
1971
<イランで出版された歴史地図帳
A3版(見開きA2)で2色刷り。
先史時代/メディア/アケメネス朝/セレウコス朝/パルティア/ササン朝/サッファール朝/サーマン朝/ガズニー朝/ブワイフ朝/ズィヤール朝/セルジューク朝/ホラズム・シャー朝/イル汗国/イル汗国解体期(ムザッファル朝・クルト朝・ジャラーイル朝・シャバンカーラ朝など/ティムール朝/サファヴィー朝/アフシャール朝/ザンド朝/現代
 見開き2頁の解説(ペルシア語と英語とフランス語の併記)と同じく見開きの地図が交互に続き、全部で80頁程です。>


General maps of Persia, 1477-1925 
by Cyrus Alai,2010年
(Handbook of Oriental Studies: Section 1; The Near and Middle East)
Brill Academic Pub
 15世紀以降の西欧で出版されたイランの地図集。
15世紀に復刻されたプトレマイオスの地図画像や
16世紀のオランダ・フランスの地図業者による多彩なサファヴィー朝地図など、
全ページ発色のよい美しい画像で数百枚の地図と解説が掲載されています。
定価が約300ドルで、古書も現在286ドルと、かなり高額ですが、本書は内容に見合った価格だと思います。
19世紀くらいになっても、プトレマイオス地理学の地名が描かれているイランの地図もいくつか掲載されていて、
西欧におけるもはやアナクロニズムと化したオリエンタリズムの一例を垣間見ることができます。
サファヴィー朝やガージャール朝の行政区分の参考となる
地域区分の記載された地図を探していたので、大変参考になりました。



Special Maps of Persia, 1477-1925
(Handbook of Oriental Studies)
Cyrus Alai
466ページ Brill Academic Pub (2010
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード