2015-11-23

特別展「黄金のアフガニスタン」

goldafghan2016t.jpg

特別展「黄金のアフガニスタン」
2016年1月1日から2月14日まで九州国立博物館で、
続いて同年4月12日から6月19日まで東京国立博物館で開催される。
http://www.gold-afghan.jp/

<特別展「黄金のアフガニスタン-守りぬかれたシルクロードの秘宝-」
(2016/4/12~6/19、表慶館)の報道発表会>

実は、今回展示される作品はこの言葉通り、
まさに国を存続させるために、命がけで守りぬかれた奇跡の秘宝。
内戦下で勇敢な博物館員によって秘密裏に運び出され、
その事実は彼らの家族にさえ知らされず、
実に14年もの間、彼らによって守りぬかれたものなのです。

この展覧会は秘宝の再発見を機に、
アフガニスタンの文化遺産の復興を支援するために計画された国際巡回展。
フランスのギメ国立東洋美術館を皮切りに、
アメリカのナショナル・ギャラリーやメトロポリタン美術館、
イギリスの大英博物館など、世界10ヵ国を巡回し、すでに170万人以上の人々を魅了しています。

展示作品は、文明の交流を物語る名品揃い。
アフガニスタンの新たなイメージをわれわれに印象付けるものばかりです。

さらに、日本展では巡回中の231件に加えて、
混乱期のアフガニスタンから流出し、
日本で保護された流出文化財102件の中から15件も特別出品。

これらは日本画家でユネスコ親善大使を務めた日本画家、
故・平山郁夫氏の提唱のもと設立された、
「流出文化文化財保護日本委員会」により収集・保管されていたものであり、
この展覧会を機にアフガニスタンへと返還されることととなっています。
http://www.tnm.jp/modules/rblog/index.php/1/2015/11/12/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E5%B1%95%E8%A8%98%E8%80%85%E7%99%BA%E8%A1%A8/?utm_source=hootsuite

リレー講座
「知られざる古代都市の秘宝」
会場:九州国立博物館1階ミュージアムホール
入場無料(当日受付・定員各回先着280名)
第1回
日時:平成28年1月30日(土) 午後2時〜3時30分
「黄金の丘-ティリヤ・テペ」 岸本圭(当館展示課主任研究員)
「さまよえる黄金-ユーラシア・遊牧民の王墓」 河野一隆(当館企画課長)
第2回
日時:平成28年1月31日(日) 午後2時〜3時30分
「アイ・ハヌム-アレクサンドロス大王が造った都市」 小泉惠英(当館学芸部長)
「べグラム-東西文化の宝箱」 臺信祐爾(当館特任研究員)




スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード