2016-04-01

赤坂離宮が国会図書館?

知らなかった…

NHKアーカイブス ‏@nhk_archives 4月1日
【きょうの蔵出しNHK】4/2は日本初の近代図書館ができた「図書館開設記念日」。
映像は昭和23年、国会図書館として使用され始めた頃の赤坂離宮(現・迎賓館)。
豪華な調度品にシャンデリア。まさにセレブ図書館!?
http://cgi2.nhk.or.jp/archives/today/?0402 …

<赤坂離宮は明治32年(1899年)から10年かけて完成した、
日本における唯一のネオバロック様式の西洋風宮殿建築。
昭和23年(1948年)に皇室から国会に売却された後、
昭和36年(1961年)まで国会図書館として使用され、
開館前にはマッカーサー夫人も訪れた。
その後、この建物は東京オリンピック組織委員会の事務局などとして使われ、
現在は世界各国の大統領、首相や国王などの国賓、公賓が宿泊する迎賓館となっている。>

<かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部に、
明治42年(1909)に東宮御所(後に赤坂離宮となる。)として建設されたもので、
当時日本の一流建築家や美術工芸家が総力を挙げて建設した
日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築>
http://www8.cao.go.jp/geihinkan/akasaka/akasaka.html
内閣府

<東京の元赤坂にある現在の迎賓館の建物は、
東宮御所として1909年(明治42年)に建設された。
鹿鳴館などを設計したお雇い外国人建築家ジョサイア・コンドルの弟子にあたる
宮廷建築家片山東熊の設計により、
元紀州藩の屋敷跡に建てられた。
(明治6年宮城火災から明治21年の明治宮殿完成までの15年間、明治天皇の仮御所が置かれていた。)

日本最初の宮殿建築となった。

しかしそのネオ・バロック様式の外観があまりにも華美に過ぎたことや、
住居としての使い勝手が必ずしも良くなかったことから、
皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)がこの御所を使用することはほとんどなかった。
嘉仁親王が天皇に即位した後は離宮として扱われることとなり、その名称も赤坂離宮と改められた。

第二次世界大戦後、赤坂離宮の敷地や建物は皇室から国に移管され、
国立国会図書館(1948–61年)、
法務庁法制意見長官(1948–60年)、
裁判官弾劾裁判所(1948–70年)、
内閣憲法調査会(1956-60年)、
東京オリンピック組織委員会(1961–65年)などに使用された。

その後国際関係が緊密化して外国の賓客を迎えることが多くなり、
またそれまで迎賓館として使用していた東京都港区芝白金台の旧朝香宮邸(現・東京都庭園美術館)は
手狭で随行員が同宿できないといった支障があったため、
1962年(昭和37年)に当時の池田勇人首相の発意によって新たに迎賓施設を整備する方針が閣議決定された。>
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%8E%E8%B3%93%E9%A4%A8
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%AE%AE%E5%BE%A1%E6%89%80

しかも紆余曲折?変転を経ているんですね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード