2016-06-26

中央アジアの文化遺産2

第二部
カザフは文化資源の話。
カザフスタン北部のボタイ遺跡
ベレル (Berel) 墓地
タムガリ遺跡
サウラン遺跡 オトラル遺跡…などなど

キルギスは文化財の保護の話。
シルクロードの中心地で、パミール~アライルートのほか
北と南にそれぞれ1本ずつ、合計3本のルートが通っているとのこと。
アクベシム遺跡
クラスナヤレチカ
ブラナの塔


山内先生は世界遺産委員会、シルクロードの世界遺産の話。
2014年に登録された
シルクロード:長安-天山回廊の交易路網
について

タジクはアレキサンドリア、独立以前の文字文化の保護、教育・学校の普及、文字資料の収集、アーカイブのデジタル化の話。

トルクメニスタンは5つめの古代文明の話(古代マルギアナ~ゴヌールテペ)。修復、保護のための法の整備。

ウズベクはサマルカンド・ブハラ・ヒワ・シャフリサブスを元に復元するという話。
    他にも王女と建築家の悲恋の遺跡(墓)。
    エルミタージュ美術館で中国の花瓶が発見されたが、実は日本のものだったという話などなど…。
無茶苦茶盛りだくさんで、消化が追いつかない一日でした。


第2セッション: 「文化資源の未来」
ファシリテーター  河東哲夫(元駐ウズベキスタン大使)
Khankeldy Abzhanov(カザフスタン歴史民族学研究所長)
Bakyt Amanbaeva(キルギス科学アカデミー歴史・文化遺産研究所文化遺産課長)
山内和也(帝京大学文化財研究所教授、前・東京文化財研究所地域環境研究室長)
Lola Dodkhudoeva(タジキスタン科学アカデミー言語学・文学・東洋学・文字資料研究所主任研究員)
Muhametdurdy Mamedov(トルクメニスタン歴史文化記念物保護研究修復局長)
Bakhtiyar Babadjanov(国立東洋学大学・アル=ビールーニー東洋写本研究センター首席研究員)


それから強く印象に残ったのは、河東哲夫氏の補足説明が大変面白く、
ファンになってしまいました。
ウズベキスタン・タジキスタン大使などを歴任なさった方だとか。
大変事情をよくご存じで、要領よくまとめて補足説明をしてくれて、
すごく助かりました。
著書もあるとか。読んで見ようかな。


『ソ連社会は変わるか』(サイマル出版会、嵯峨冽名義)
『ソ連の試練』(サイマル出版会、嵯峨冽名義)
『ロシアにかける橋』(サイマル出版会)
『遙かなる大地』(ヴァグリウス社、草思社、熊野洋名義)
『意味の解体する世界へ』(草思社、2004年)
『外交官の仕事』(草思社、2005年)
『ロシアにかける橋―モスクワ広報・文化交流ノート』(かまくら春秋社、2006年)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E6%9D%B1%E5%93%B2%E5%A4%AB

バクトリア・マルギアナ複合(オクサス文明)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%82%A2%E3%83%8A%E8%A4%87%E5%90%88

マルグッシュ遺跡(ゴヌール・テペ)
https://en.wikipedia.org/wiki/Gonur_Tepe
http://ntooffice.blog21.fc2.com/blog-entry-994.html?sp
http://blog.livedoor.jp/saiyutravel-silkroad/archives/51875827.html
http://www.lait.jp/serial/serial_asiaseye415.html
http://blog.goo.ne.jp/sekai-kikoh-2007/e/8e513298c14ac69d07b23c84ee7e46b6

トルクメニスタン政府観光局~世界遺産
http://turkmenistan-japan.com/unesco/
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード