2016-10-17

ミュシャとか驚異の明治工芸とか

色々と行きたいのがあって困る~

2016/09/21 - 2016/10/31
アルフォンス・ムハ ~祖国チェコへの想い~
 (9/21~10/31 チェコセンター東京)

<パリ滞在中に制作した作品により一躍有名になり、フランス語名の「ミュシャ」として広く知ら
れるようになった、チェコの画家・グラフィックデザイナー・イラストレーターのアルフォンス
・ムハは、その栄光を捨て1910年に自身の愛国心を表現できる故郷に戻りました。この展覧会で
は、最初のチェコスロバキアの切手や、リトグラフ、絵はがき、チェコ国家行事のイラストやポ
スターなど、母国チェコへの想いを込めた作品をご覧いただきます。>

会期:2016年9月21日(水)~10月31日(月) 10:00~17:00 (土日・祝日休館)
場所:チェコ共和国大使館内 チェコセンター 展示室
(150-0012 東京都渋谷区広尾2-16-14)

<アールヌーヴォー様式を代表する画家・グラフィックデザイナー・イラストレーターの一人、
アルフォンス・ムハ(1860-1939)は、モラヴィアのイヴァンチツェに生まれます。
パリ滞在中に、著名な舞台女優サラ・ベルナールが主演する戯曲
『ジスモンダ』のポスターを手がけたことで名声を博し、
その後も彼女と六年間の契約を結び、数多くのポスターや挿絵を制作しました。

しかしその栄光を捨て、1910年、愛国者アルフォンス・ムハは
スラヴ諸国の文化の伝道に尽力することを決意し故郷に戻り、
特に彼の生涯の夢であったスラヴ民族の歴史を綴った大規模な連作『スラヴ叙事詩』を制作します。
(連作『スラヴ叙事詩』全20作が来春、国立新美術館で初公開
されます。詳細はこちらhttp://www.nact.jp/exhibition_special/ )

本展では、1910年以降のチェコ時代にデザインされ、
チェコをモチーフにした最初のチェコスロバキアの切手や紙幣、
商品パッケージ、ポスター、カレンダー、本の挿絵の他、
彼の愛国心に溢れた作品をご覧いただきます。>
http://tokyo.czechcentres.cz/program/more/vystava-alfons-mucha-pro-svou-vlast/


【EVENT】明治の職人たちによる驚愕の技巧が集結!
江戸時代の「可動フィギュア」も 東京藝術大学大学美術館で「驚きの明治工藝」(台東区)
http://tomagazine.jp/event/5524/ 開催中〜10/30日まで。
https://twitter.com/to_magazine/status/779517916379172865

宮川香山展 ― 驚異の明治陶芸
横浜・眞葛ミュージアムコレクションから
【会期】2016年9月10日(土)~12月25日(日)
【開館時間】午前10時~午後5時
【休館日】火曜日 ※ただし火曜日が祝日の場合は開館
【入館料】一般700円(税込)※徳川将軍家墓所拝観共通券1,000円
http://www.zojoji.or.jp/takara/event/
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード