2016-10-12

真田丸も面白い3

わりといつも家康の謀略として描かれているあたり。
なるほど~。

https://twitter.com/kazumaru_cf?lang=ja
<秀頼がみている大仏殿の設計図
見事に実物を再現していただきました。
大仏殿再建を指揮した大工頭中井家に伝来しているものです。>
https://twitter.com/kazumaru_cf/status/785089243001393152

<この「「国家安康」は喜んで貰えると思って書いた」という話は、
戦前から論文発表されていたはずですが、なかなか研究者の間でも共有されません。
思い込みというのを糺すのは、本当に難しい。
したがいまして、ドラマ中で文英清韓がとうとうと述べていたのは、史料を踏まえたものなのです。

ですから、片桐且元が困惑するのも無理からぬ話です。
それどころか、これ以降の急速な事態の展開には、
金地院崇伝や板倉勝重、本多正信も戸惑っている気配があります。

次に、片桐且元が「勝手に和解条件を考えた」というのも史実通りです。
これにつきましては、曽根勇二『人物叢書 片桐且元』(吉川弘文館)をご参照ください。
且元としては、敢えて幕府の姿勢を強硬なものと示すことで、
豊臣を穏便な形で江戸幕府下の大名として存続させようとしたのでしょう。>
https://twitter.com/kazumaru_cf/status/785100121105063938

<この時期の豊臣家というのは、
「そして、誰もいなくなった」状態を、
徳川にも仕えている外交通片桐且元が支えていたものでした。
したがって彼が外れると、徳川としても秀頼との意思疎通が難しくなり、
秀頼方は「井の中の蛙」状態になっている。
ばかりか、自家の財政を把握出来ていたのかも怪しい。

だから徳川方のほうも、
「どうしてこうなった」という人が多かったと思われます。
家康自身、軟着陸を望んでいた気配が濃厚ですが、自分の生前に秀頼を服属させたかったのかも知れません。

大名間外交の取次役を理由もなく処刑・追放することが開戦のきっかけになる戦国期の慣習。
現代風にたとえていえば、
派遣していた大使を引き上げて後任も任命せずに大使を空席にし、
召し返した大使をスパイ容疑で銃殺するような感じでしょうか。>
https://twitter.com/kazumaru_cf/status/785113964514390016

<大名間外交の要である取次役は、交渉相手国より「取次役給」ともいえる知行を与えられた。
また取次役を処罰することは、交渉相手国への宣戦を意味した。
こうした実態は、丸島和洋『戦国大名武田氏の権力構造』、『戦国大名の外交』
体系化されるまでほとんどわからなかったことです。>
https://twitter.com/HIRAYAMAYUUKAIN/status/785115223288012801

<いずれにせよ、取次役研究を踏まえれば、
片桐且元を処罰すれば、どうなるかがわかるはずです。
秀頼は、極端にいえばおぼっちゃまで、裸の王様だったんですよ。
世間を知らなかったんですな。
伊達政宗が、秀頼を大坂に置いておけば、
彼を担ぎ出すいたずらものが出てくるだろうから注意が必要だと主張していたのは慧眼だったんです>
https://twitter.com/HIRAYAMAYUUKAIN/status/785117099102318592?lang=ja

<ということで、丸ちゃん先生の『戦国大名の外交』はぜひ読みましょう。
ここ数年に出た中世史の著作では、本当に名著ですよ。
年下ながら、凄い実力の持ち主だなと感嘆します。>
https://twitter.com/HIRAYAMAYUUKAIN/status/785117574174433281

<ようするに家康は難癖をつけたというよりは、主観的には真面目な疑問をぶつけたわけで、
秀頼が事態を理解できなかったといえる。
且元の苦労もここにあるわけで。
ただ「国家安康」の件は、西国発の新興儀礼に東国の家康が古典復興の観点からノーを突きつけた感じで、
豊臣方の混乱も致し方ないかも。>
https://twitter.com/kazumaru_cf/status/785125126215835648?lang=ja

<史実では「嘘をいった」わけではないのです。
「幕府サイドから秀頼に異心のないことを形で示せと言われたので、
自分で考えた私案を提示したところ、秀頼サイドが激高した」という流れです。>
https://twitter.com/kazumaru_cf/status/785127781025869825?lang=ja

<秀忠は豊臣家滅亡を検討しています。
その意味でも、家康は生前に決着させて、遠国へ移して一大名にしてしまいたかったのでしょう。
そうそう、家康より秀忠の方がなぜか対豊臣強硬派なんだよね。
家康はぎりぎりまで、秀頼を説得しようとしている。通説とはかなり違う。>
https://twitter.com/HIRAYAMAYUUKAIN/status/785128869804150784?lang=ja

<片桐さんが裏目に出まくってどんどん追い詰められていく今回の状況、
さすがにこれは盛りすぎだろ、と思って、一応調べたら、
状況そのものはだいたいすべて一致していたどころか、
現実の方が更に悲惨だったので、あまりのことに頭を抱えている。>
https://twitter.com/the_liar_rabbit/status/785087555578454017?lang=ja

<豊臣の忠臣でありながら、徳川に寝返った男という日陰者的な扱いをされていた片桐且元を、
最善を尽くすために奔走しながら、最悪の結果を招いてしまう男として描いたのは、
坪内逍遙の「桐一葉」
ここから、歴史の狭間で苦悩する男・片桐且元像が生まれ、今日の「真田丸」にも生かされている。>
https://twitter.com/hamatch2/status/785080879890567168?lang=ja

<自分の知る限り、方広寺鐘銘事件の文案を書いた文英清韓
きちんとキャラ付けをした大河は #真田丸 がはじめて>
https://twitter.com/1059kanri/status/785054795656605696

#真田丸
https://twitter.com/hashtag/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E4%B8%B8?lang=ja
<第39回がらんま1/2っぽいというのもを見てそれだー!って思ったので。笑
信繁が嫁達にオタオタするホームドラマもう少し見たかったなぁ! #真田丸 #丸絵>
https://twitter.com/tokoharu3/status/785024093095464960?lang=ja

なんとか官兵衛...だと!?(ゴゴゴゴ>
https://twitter.com/hana_taro2014/status/785080353543204864

<「後から行ったなんとか官兵衛さんの手柄」
かつての大河主役も、きりちゃんにかかったら「なんとか官兵衛」かよw >
https://twitter.com/vamosabailar53/status/785050188096253953

<第40回「幸村」凄く心に切り込んだ。葛藤する信繁ときりとのやり取りはまるで長年連れ添った夫婦。
/鐘の音色と共に、これ迄の言葉が走馬灯のようにかけ巡るシーンはなぜか泣けた。
#真田丸 #丸絵 #きり #長澤まさみ #軍師官兵衛>
https://twitter.com/norwayblue_eyes/status/785241750575026176?lang=ja

<ちょっと待った。
御文庫が空っぽになってたってことは、
豊臣家の歴史文化はもちろんのこと、治部刑部らが主体となって管理してきた
行政ノウハウなんかも全部無に帰しているってこと…? #真田丸>シン・ネジ ‏@nebe28 10月9日
https://twitter.com/nebe28/status/785087584577867776


<かつて秀吉存命時は書状で一杯だった執務室の書棚が、今は空っぽか。
こういう演出は上手いなあ> 神無月久音@k_hisane
https://twitter.com/k_hisane/status/785077914983276544


<大坂城の御文庫、治部も刑部もいないだけじゃなくて、書物がまるっきりなくなっていた。
政治の中枢はとっくに江戸に移り、豊臣家がまとめるべき仕事、書類はゼロに。
なんて物悲しい部屋になってしまったんだろう。#真田丸>ぬえ ‏@yosinotennin 10月9日
https://twitter.com/yosinotennin/status/785089896620838912

「では、おのおの、抜かりなく!」は、
今や、上田警察署の朝礼の決め台詞らしいww(草刈さん談) #真田丸 #WeLoveSanada>
https://twitter.com/sakaikazunori/status/785041626674532352
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード