2016-10-28

ブラタモリ  伏見

ブラタモリ 37話 5月7日
伏見は「日本の首都」だった?
地質や歴史の話。もうもろツボです~!

それから羊羹屋さん!羊羹発祥の店
伏見で美味しかった羊羹屋さんだ!駿河屋
総本家駿河屋
http://www.souhonke-surugaya.co.jp/
<室町年間中期(寛正2年-1461年)に創業。現在本社は、和歌山 にあります。
が、京都伏見ではじまり、豊臣秀吉の茶会で、「伏見羊羹」別名「紅羊羹」を絶賛された歴史があります。
従来「蒸し羊羹」しかなかった羊羹を、寒天を入れて改良した、今日の「練羊羹」を最初につくったのが、この「総本家駿河屋(そうほんけするがや)」です。

万治元年(1658年)五代目当主の時、徳川頼宣公に召抱えられ、駿河、紀州和歌山へとともに移り、和歌山の菓子司となります。しかし、創業の地の伏見を、「総本家」としました。 元禄2年(1689年)には、徳川家ゆかりの「駿河屋」という名前になっています。
「総本家駿河屋(そうほんけするがや)」といえば、 上記秀吉に絶賛された鮮やかな紅の羊羹「古代伏見羊羹(こだいふしみようかん)」が代表銘菓です。

現在、京都伏見工場で作られています。丹波の糸寒天に、阿波の和三盆、備中の白小豆を使う練羊羹は、上品な甘さとやさしい風味、 そして、何よりも元気の出そうな美しい、紅色で 人気があります。>京都の和菓子☆ドットコム」
http://kyoto-wagasi.com/shop/souhonke_surugaya.html
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード