2016-10-22

「なぜクマは人を襲うようになったのか?」

やはり人がクマの生活圏を脅かしていった?

「なぜクマは人を襲うようになったのか?」 追跡28年の熊仙人に聞く
2016/10/18
<栃木県に「熊仙人」と呼ばれる白い髭の男がいる。
クマの生態を観察し続けて28年。日光市在住の横田博(68)だ。
「なぜクマが人を襲うようになったのかを探るのではなくってさ、
今までなぜ人を襲わなかったのか
クマにブレーキをかけていたのは何だったのかを考えた方がいいんでないか?」

では、人間を襲う理由は何かと聞くと、
冒頭のように「襲わなかった理由から考えてみた」と言うのだ。

「どこの山でも登山者が増えたね。
定年退職して時間ができた高齢者が山の奥までハイキングをするようになったんだね。
山の奥深いところは若いクマでさえ入らない。
そこはエサが豊富で、一番強い巨大なクマの縄張りだから。

そこに登山者たちが入り込むと、
人間を恐れるクマが追い出されるように山奥から出てきたんだと思う。
以前は、人間社会とクマ社会がお互いを警戒して、住み分けていた。
ともに学習するから、互いの領域には入ろうとしなかった。
そこが崩れたんだと思うよ」

「人間が現れると、クマは人を恐れて林の中に潜む。
人間が歩いて立ち去るのを待つんだけど、山菜取りに来る人間は一定方向にまっすぐ歩かない。
山菜を探しているから、行ったかと思ったら、また戻ってきたり、
右に左に歩き、それを見たクマは自分に向かってきたと驚くんだよ」

クマの生息地に人間が入るようになり、
また人が住んでいた集落が高齢化や過疎化で人がいなくなっている。
そこにクマが現れるようになり、時折、人間と遭遇するようになったと考えるのが自然だろう。

クマ社会と人間社会の暗黙の掟。それが、人間の都合で崩れたのだ。>
http://forbesjapan.com/articles/detail/13956
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード