2016-12-13

真田丸 11

『真田丸』第48回「引鉄(ひきがね)」
宮崎の宿で後半見ました~!
帰ってからビデオでやっと全部。

冬の陣から夏の陣に至る経緯を描いてたんだけど、
これ徳川方も含めて誰もが思惑通りにいってないのが非常に面白いね。
歴史に「正解」があってそのための手順を描いてるんじゃなく、
予測のつかない中で文字通り全員が「必死に生きてる」ってことが伝わる。#真田丸
https://twitter.com/tadataru/status/805399490500771844?lang=ja

昌幸パパが「軍勢を一つの塊と思うな、1人1人が生きている云々」とか遺言で残してたけど、
なんとなくその言葉を胸に徳川を翻弄するのかと思ってたら逆に
その1人1人の思惑に幸村(信繁)自身が翻弄されているという皮肉な描写になっている。 #真田丸
https://twitter.com/minoruno/status/805349647430471680

「徳川と戦っても勝ち目はない」
「いかしにて秀頼公とお上様に安寧に過ごしてもらうか自分なりに考えてのこと」
「徳川と通じていても豊臣に不利な情報は流してない」
「豊臣と徳川の架け橋になれるのは自分しかいない」
これらの有楽斎の言葉は、全部正しいんだよな…。 #真田丸
https://twitter.com/hakutonn/status/805368696726134784

有楽斎「儂は織田信長の弟!命乞いなどせんわ!」
刃を向けられ 有楽斎「ちと待て!」
我が家の茶の間「「「「した」」」」#真田丸
https://twitter.com/yosinotennin/status/805368725847183361

#真田丸 「10万人の牢人が立てこもる大阪城」というと、わりと手強い感じがするけど、
「10万人の無職が立てこもる大阪城」って書くとわかりやすいし、
政府が「ダメだこいつら潰すか解散させないと」って思うのは当然のように思えてくるよね!
https://twitter.com/Jiraygyo/status/805709197203546112

加藤清正 ‏@higonotora 12月4日
儂が生きていたら浪人達を井戸に突き落とすんだけどなぁ #真田丸
https://twitter.com/higonotora/status/805376383639658496

ラストバトルを前に利休が蔵に隠してた日本でも使われてない新型銃を発見する超熱展開、
これ完全に勝利フラグでしょ
勝てなかったらシリーズ構成の頭を疑う #真田丸
https://twitter.com/delta0401/status/805374303956914176

きっとこの馬上筒は、北条に渡るはずのものだった
…氏政がやるはずだった、戦国最後の大戦で使うはずだったもの……。 #真田丸
https://twitter.com/them_isto_cres/status/805374013040009216

幸村さんが構えてた銃は火縄銃=マッチロック式に対してフリントロック式。
火縄の代わりに火打ち石(のようなもの)で着火します #真田丸
https://twitter.com/pepekok/status/805373880965545985


調べたぞー、
このフリントロック銃、考証的にオーケーでした、
1560年代には初期のフリントロックが出現しています〜やった!流石真田丸‼︎ #真田丸
https://twitter.com/niseyoshimoto/status/805374321581375488

もっと利休の蔵の跡を掘り返せば厄災戦で使われたモビルアーマーとか出てくるのでは #真田丸
https://twitter.com/delta0401/status/805374556298821632

ねぇ、未だかつてこんなにも頼りがいがあって好人物で可哀想な目に遭う大野治長って見た事ある?!私は無い!!
#真田丸
https://twitter.com/shimeji_b/status/805375511849365504

今週の源次郎がやらかした協定違反
・茶臼山の徳川本陣夜襲 ・家康暗殺未遂(影武者を暗殺) ・交渉役の有楽斎を独断で追放
今週の治房&浪人ズがやらかした協定違反
・武器の購入 ・堀の再整備
いや客観的に見て4つ目まで黙認してくれる家康くんめっちゃ優しいでしょ……。 #真田丸
https://twitter.com/hamakkoryusan/status/805387677440811008

あの別れから幾星霜。そしてこの笑顔。三十郎、変わらぬワンコぶり。#真田丸
https://twitter.com/madosotolive/status/805372318444699650

幸村のメンツも大助のメンツも汚さず、信政にお灸をすえる三十郎。よき家臣である。
それにしても咄嗟に「相撲を取っておりました」と言える信吉は、やはり治の人…#真田丸
https://twitter.com/yosinotennin/status/805373830097039360

プロポーズ断られた上に「影武者徳川家康」だったし
お茶飲んだ後の「あ~」が更にヘイトを煽るしで、そりゃ佐助も泣くわ #真田丸
https://twitter.com/shimeji_b/status/805369213359529984

丸島和洋 ‏@kazumaru_cf 12月4日
「真田丸」も今日も含めて残り3話。冬の陣の和睦から、怒濤のように夏の陣開戦への流れを描いた回でした。
https://twitter.com/kazumaru_cf/status/805380815710404608?lang=ja

織田有楽斎。大坂の陣開戦前に退去した織田信雄(信長次男)同様、彼ら織田一族が、淀殿派閥を形成していた観があります。淀殿から秀頼への権力委譲がなかなかなされないのも、彼らが自分の発言力を担保したいという思惑があり、淀殿も引くに引けない形だったようです。

有楽斎は、冬の陣の段階で、家康の指示を受け、秀頼に和睦を受け容れさせようと説得にあたりましたが、秀頼はなかなかうんといいませんでした。これも、有楽斎の立場が淀殿に比して、秀頼とは多少距離があったためと思われます。

冬の陣後の情勢はかなり混沌としています。淀殿は江戸下向も辞さないという姿勢で、かなり軟化していました。秀頼も、家康との和睦を遵守する意向を崩していません。そのため、牢人に退去を命ずる立て札をだしていました。

しかしながら、京都所司代板倉勝重が3月にしたためた報告書によると、牢人の数はかえって増えており、兵糧や武具も買い付けているとあります。いっぽう、紀州藩主浅野長晟は、そうした話は噂話にすぎないと退けており、報告の内容が分かれています。

宣教師ら外国人の史料をみると、冬の陣は「大坂方の勝利」とこぞって記録しており、これは上方の風聞を反映したものでしょう。したがって、「豊臣方に勝機あり」という認識が広まっていたものと思われます。牢人衆が秀頼の意向に反し、退去するどころか増えていったのは、このせいでしょう。

浅野長晟が「大坂方には不穏な動きはない」と述べているのは、上層部、つまり秀頼サイドの動き(牢人退去の立て札など)を伝えている可能性があります。

そうしたところ、大野治房が勝手に大坂城の蔵をあけ、配下の牢人に扶持を与えるという暴挙に出てしまいます。これに大野治長は不快感を示しますが、最早こうした流れはどうすることもできませんでした。秀頼・治長といった首脳部は、牢人を統制する能力を失ってしまったわけです。

そこで秀頼は、牢人を召し抱えるほか対処のしようがないというふうに考えを改めます。というよりも、そうせざるをえなかったのでしょう。そこで家康に、牢人を召し抱えたいが、摂津・河内は戦争で荒廃してしまったので、一ヶ国加増して貰いたいと要請します。



しかし家康からすれば、牢人は「処罰しないが」「退去させる」が和睦の条件でしたので、「牢人を召し抱えるための加増」などという要求は論外でした。

大坂城内ですが、大野治長・後藤又兵衛は牢人退去もやむなし、大野治房・毛利勝永・長宗我部盛親は再戦、真田信繁・木村重成・明石全登は中間派(再戦は望まないが、牢人は召し抱えて欲しい)という派閥であったようです。

さて、今日の家康は「豊臣滅亡」を目指して動いていましたが、実際の目標は、どうもそうではなかったようです。この点は、来週お話しした方が良いと思いますのでここまでにしますが、いずれにせよ、牢人問題に尽きるわけです。

これはようするに、片桐且元の「三案」を冷静に判断し、どれかを受け容れていれば、生じなかった問題であるのですが(最終的に淀殿・秀頼・大野治長の辿り着いた答えは同じだったので)、人間というのは常に合理的な行動を取れるというわけではないことを、よく教えてくれるものでしょう。

こうしたなかで、大野治長が襲撃され、治房が首謀者という噂が流布します。完全に当事者能力を失っているとしか思えません。信繁は、1月に姉村松殿に送った書状で「明日はどうなるかわからない」と述べており、早々に覚悟を固めたようです。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード