2017-03-15

海底大戦争 スティングレイ

<スティングレー スティングレー
戦うスティングレー
世界の平和を守り抜く
僕らのヒーロー スティングレー>

「この歌がどうしてもなくってね。」
アニソンを探していたら、ある日家族がぼそっと。
ああ!覚えてる!
Stingray6401.jpg

これですね。
『海底大戦争 スティングレイ』英:Stingray)
<1962年にイギリスでジェリー・アンダーソンが製作した特撮人形劇。
日本放送時の題名は『海底大戦争』。1964年
イギリスで放送された原版では主題歌は無かったが、
日本での放送では冒頭部分にスティングレイの活躍を讃える内容の主題歌が入れられている。>とのこと。

オープニング曲「海底大戦争」
作詞:のぶひろし / 作曲:藤井次郎
歌:服部俊博 / クラウン少女合唱団 / クラウン混声合唱団
1964年、クラウンレコード からシングル・レコード発売。
https://www.youtube.com/watch?v=CXlMrjwJVhg
https://www.youtube.com/watch?v=SUDYiRiOLhg
http://petitlyrics.com/lyrics/182508

見つけましたよ!

オスパーの曲を探していて、こういうCDがあるのは知っていましたが、
まさかここに入っていたとは!

王様のレコード 「懐かしのテレビまんが大行進」
2009年日本クラウン
http://merurido.jp/item.php?ky=CRCP20442
http://www.crownrecord.co.jp/artist/ousamanorecord/whats.html
ousama.jpg

「魔神バンダー」フルコーラスも


『サンダーバード』の前の作品だったんですね。
海底人の美女マリーナ!
デザインは古代魚ドレパナスピスをモチーフ!


<スティングレイは海底安全パトロール隊 (WASP World Ocean Security Patrol) の原子力潜水艦第3番艦。
マリンビル基地に所属し、トロイ艦長と部下のフォンズ少尉が搭乗するほか、海底人の美女マリーナも加わることもある。

地上侵略を目論む様々な海底勢力に対するスティングレイと乗組員たちの活躍を描くが、
単純なアクションものではなく海底の美しい描写や未知の世界、人間関係の綾、
海底人との駆け引きなども織り込まれ、登場人物たちの会話や行動にもユーモアが見られる。


イギリスでは初のカラー連続テレビシリーズとなり、日本ではフジテレビの本放送としては最初のカラー作品であった。
日本では、1964年9月7日から1965年3月31日までフジテレビで月曜 19:00 - 19:30 → 水曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)に放送。第10話で『トニーの海底大戦争』と改題され、当時人気のコメディアンで特異な話芸で知られたトニー谷による、オリジナルには無いナレーションが加えられた[1]。谷によるナレーションが入るようになってからは、物語全体にユーモラスな雰囲気が加わった。

この頃は海洋冒険物がブームで、
アメリカに連続テレビドラマ『原子力潜水艦シービュー号』、
日本に特撮映画『海底軍艦』、漫画『サブマリン707』『青の6号』(いずれも『週刊少年サンデー』連載)が登場した時代だった。
そして、アンダーソン作品では当作が該当する[2]。
当然、大部分を占める海の特撮も次作『サンダーバード』に登場するサンダーバード4号やトレーシー島の描写に繋がるクオリティを見せているが、
海の潜水艦であるスティングレイが淡水魚の泳ぐ水中を航行するシーンなど、
さほど細部の演出にこだわらない、当時の鷹揚な一面もうかがえる。

スティングレイ
正式名称はスティングレイ mark III。海底安全パトロール隊(通称WASP)の原子力潜水艦第3番艦。
そのマリンビル基地の主力艦である。
デザインは古代魚ドレパナスピスをモチーフにしている。
中央セイル部分が操舵室(操縦席)で、ある程度の深度までは有視界航行が可能。
2名で運用可能だが、艦の大きさの割に艦内は広く、遠洋航海にも配慮された設備を有する。
また、後部には小型の潜航艇アクア・スプライトが内蔵されているほか、深海用アクアラングを装備している。
出撃においては、乗組員が司令部にあるエレベーター式の複座の座席に座ると降下し、
そのままドックに待機しているスティングレイのコクピットまで運ばれ、操縦態勢につく。
そして艦体を固定しているリフトをダウンさせ、海底トンネルまで運ばれ、トンネルのゲートを抜けて発進する。>

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E5%BA%95%E5%A4%A7%E6%88%A6%E4%BA%89_%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%A4

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード