2017-05-19

『ユーラシア帝国の興亡』


Beckwith2017Eurasia.jpg

ユーラシア帝国の興亡: 世界史四〇〇〇年の震源地
クリストファー ベックウィズ (著), 斎藤 純男 (翻訳)
:筑摩書房– 2017/3/16

Empires of the Silk Road
: A History of Central Eurasia from the Bronze Age to the Present
Christopher I. Beckwith (2009)

<中央ユーラシアが求めたのは侵略ではなく交易だった。
――スキュタイ、フン、モンゴルから現代まで、
世界の経済・文化・学問を担った最重要地域の歴史を描く。>
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480858085/

ベックウィズ,クリストファーChristopher Beckwith
インディアナ大学中央ユーラシア研究科教授。
中央ユーラシアおよび東アジアの歴史・言語・思想に通じ、いくつもの新しい見解を提出している
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784480858085

著書に『中央アジアのチベット帝国』。
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/review/20170501-OYT8T50057.html

https://en.wikipedia.org/wiki/Christopher_I._Beckwith

インディアナ大学中央ユーラシア研究科
その前身をウラル・アルタイ研究科
<1943年に 米軍の"中央ユーラシア語の軍隊専門訓練プログラム"として設立された。
以来、この部門は、中央ユーラシア専用の独立した学位取得機関となっている
現在、米国における中央アジア研究の最優秀プログラムを主催している。>
https://en.wikipedia.org/wiki/Department_of_Central_Eurasian_Studies_(Indiana_University)

http://www.indiana.edu/~ceus/about/people/faculty/Beckwith.shtml
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード