2017-05-16

メモ

黒色中国‏ @bci_ 5月15日
中国人と安全保障論を議論する時に、あちらの「狙い」は「平和主義者を偽装した日本人の化けの皮を剥がしてとっちめてやろう」というところにある

中国人としては、「平和憲法だと?戦争放棄を掲げながら自衛隊があるし、米軍基地もあるし、米軍と自衛隊は一緒に活動してるじゃないか!非核三原則も口先だけで米軍の核持ち込みを許しているくせに!」という具合に、欺瞞に満ちた戦後日本の矛盾をついて凶悪な帝国主義者であるのを暴こうとするわけだ

そこで、日本国内の議論の延長で、「日本が軍隊や核を持って何が悪い!オマエらだって持ってるじゃないか!」と反論すれば、中国人の『思う壺』なのである。私は多くの苦い経験から、まずは中国人と議論する時に、「一撃食らわせてやっつけよう」とは考えない。「負けない」ことを第一に話を展開する。

日本国内で安全保障論をやる時は「~であるべきだ」「~で何が悪い」みたいな話をしがちだけど、完全アウエーの中国で議論する時に私が取る方法は「不本意ながら」という言い方だ。日本に米軍の核があるのも、米軍基地があるのも、憲法で戦争放棄しながら自衛隊があるのも、全ては「不本意」と言うのだ

用例をあげると ・「日本は戦後にGHQから憲法を受け入れましたが、自衛隊もGHQにより設立されたもので、この矛盾は日本人にとって不本意によるものです」 ・「米軍基地が日本にあるのも敗戦の結果で不本意によるものです。」 ・「米軍が日本に核を持ち込んでいるのも不本意によるものです」

・「日本国民としては一切戦争を望まないのですが、日本の周辺には核の脅威があり、軍事的脅威もありますので、国防のために自衛力を保持する必要があります。これも本来は不本意なことなのです」 …こういう調子で、ずっと「本当はしたくないけど、成り行き上そうせざるを得ない」と繰り返すのである

こうやって「不本意」を繰り返しながら、「中国が軍拡していますので…」「空母を建造しているし…」「過去の反日暴動が怖くて日本人は中国を信用できないのです…」とゆっくり日本の「不本意」の理由を中国側に寄せていく…私が中国で話す時は毎回こんな感じである。根本的に間違っているとも思えない

「不愿意」ですね。 「~是日本人民从来不愿意的事情」 「我们日本人民不愿意~」みたいな。 「人民」といちいち言っとくのは、「政府の思惑とは別で」というニュアンスが出るので中国人への訴求力高いと思います。彼ら自信も似たような心境を持っているので。
https://twitter.com/bci_/status/864068352112680961

「兵は詭道なり」と孫子にありますけど、知恵を使って騙すことは、中国人の戦いの根幹にある思想であり、彼らのパワーでもあるわけです。日本人は戦争でも議論でも何かのスポーツの試合みたいに思っているところがあって、正々堂々実力勝負をしようとするけど、中国人は最初から騙し討しか考えません。
黒色中国‏ @bci_
https://twitter.com/bci_/status/864262365885247488

こういう発言をするとレイシズムと思われるので、注釈すると、中国人は「勝負」ということについては、一切の倫理観から解放されたところから結果にコミットしようとするため、「兵は詭道なり」ということになるのだと思う。これは中国人の人間性とは切り離して考えられるべき、彼らの文化であろう。
https://twitter.com/bci_/status/864263417170755584


インド人とかあからさまな間違い(嘘)でも、とりあえず並べてみて、相手が間違いと知っているか(嘘と見抜くか)反応を見ている感がありあり。でもそれって、(それに対する罪悪感が薄い文化をベースにしたものだとしても)人間性そのものでは。https://twitter.com/81R6A/status/864266924863238144

私はインド人についての知見が乏しいですが、猜疑心の強い文化は、厳しい社会背景の中に育つわけで、そうなる根底には騙されることを未然に防ぐことで守りたい家族や友人などがある。猜疑心は愛情と対の関係であって、非人間性が故のものではないはず
https://twitter.com/bci_/status/864333702767140865

インド人には長い長い付き合いの友人が多くいるが、皆が皆、人を試すようなことするわけじゃない。豊かな者は貧しい者に承知で騙される様な複雑な懐の深さもある。一元論で語れるほど単純な国、国民性ではない。猜疑心の強い文化が厳しい社会環境の元で育つのはもう世界共通の真理ですね。

https://twitter.com/ubieman/status/864348924814872576


黒色中国さんの中国での日本の報道
5月2日に中国でどのような報道がされていたのかを紹介してみようと思う。「また中共のプロパガンダのお先棒担ぎか!工作員め!」とお怒りの人もいるだろうけど、この際、あちらの「プロパガンダ」がどのようなものなのか、じっくりお見せいたしましょうw

中国のメディアが上手いな、と思うのは、こういう絵を上手く拾ってくるところ。自衛隊の映像を使っているそうだけど、こういう絵を見ると、安倍政権は軍国主義のナショナリストの集まりなんだな、という印象が高まる。「平和憲法」がある国とは到底思ってもらえない。

日本の左派メディアの論調をもっと臨界点ギリギリまで濃縮して、ハイボルテージでゴールデンタイムに流しまくってる感じ。反安倍!反日本帝国主義!をアクセル全開な雰囲気でお届け。こういうのを楽しんで見られるようになるとCCTVは楽しい
https://togetter.com/li/1110034
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード