fc2ブログ

2017-11-08

マラーゲの天文台

マラーゲの天文台跡!
2008年に行きました!

marage2008observatory.jpg

ナスィールッディーン・トゥースィー!
<ペルシャ人 の神学者である。
またイブン・スィーナーら系譜に連なる逍遥学派の中興の祖と目される哲学者であり、
数学者、天文学者であり、13世紀のイスラーム世界を代表する偉大な学者である。
トゥースィーはイランのホラーサーン地方のトゥース生まれの人物を示す呼称>
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%83%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%A3%E3%83%BC

marage2008observatory02.jpg

マラーゲの天文台!
(ラサド・ハーネ・イェ・マラーゲ Raṣad Khāne-ye Marāghe)
1259 年に設立
< マラーゲ天文台は組織化された天文台で、 1259 年に設立され、
この設立には イルハン朝の フレグ (Hulagu) の庇護と
イランの科学者で天文学者である トゥースィーの指揮があった。
イランの 東アゼルバイジャン州のマラーゲの西の丘の上に位置し、
かっては世界で最も権威のある天文台であった。

資金は ワクフ (waqf) によって賄われ、
創設者の死後も運営することが可能であり、50 年以上も活動した。
天文台は後世の天文台のモデルとなり、
これには 15 世紀のサマルカンドの ウルグ・ベク天文台、
16 世紀のタキ・アルジンの イスタンブール天文台、
ジャイプル (Jaipur) にある 18 世紀のジャイ・スィン天文台 (Jai Singh observatory) がある。

基礎部分の多くが遺跡に残されている。
340 m × 135 m の砦のような場所に、 4 階建の直径 28 m の円形の石造りの建物が立っていた。
星と惑星の位置を観測するための壁面四分儀は子午線の向きにそろえられていた。
この子午線は イルハン天文表 (Zij-i Ilkhani) の 本初子午線 (Prime meridian) の役割を果たし、
現在グリニッジ天文台を通る子午線の役割を果たしていた。

マラーゲ天文台は当時は最も大きな天文台で、
幾つかの建物から構成され、 幅が 150 m で長さが 350 m の場所を占有していた。

これらの建物の一つにドームがあり、 これは太陽の光が通過するように作られていた。
また図書館もあり、40000 冊の蔵書を収納していた。
これらの蔵書はモンゴル帝国がペルシャ、シリア、メソポタミアを侵略した時に略奪したものである。
ペルシャ、シリア、 アナトリア、 更には中国からの天文学者が天文台に集められた。
天文台で仕事をした天文学者の名前は少なくとも 20 名が知られている。
何人かの中国の天文学者が天文台で働き、 中国式の計算法が導入されたと思われている。
マラーゲ天文台には トゥースィーの下で学ぶ 100 名の学生がいたことも 報告されており、
ワクフ (waqf) の基金からの収益で賄われた最初の天文台であった。

後に天文台の遺跡を訪れたウルグ・ベクは刺激されて、
サマルカンドに自分自身の大きな天文台を建設し、
マラーゲ天文台における天文学の研究を継続しようとした。

フレグ (Hulagu) は彼の軍事的な成功の多くが、
天文学者 (同時に占星術師でもある)、とりわけトゥースィーの忠告によるものと信じた。
そのためトゥースィーが彼の天文表が時代遅れのものとなったとこぼした時に、
フレグはトゥースィーが選んだ場所に新しい天文台を建設する許可を与えた。
何冊かの本 (Jam-e-ttavarikhe rashidi, saf-e-elhofreh, favat-o-lvafiyyat) によれば、
rasad khanch [訳注:天文台のあった場所] における建物の建設は 1259 年 ( ヒジュラ暦 657 年) に開始した。
天文台の図書館は 40000 冊の本を収容し、 多くの分野の本があり、
占星術/天文学に関連するものから、それ以外の本もあった。
バル・ヘブライオス (Bar Hebraeus) は晩年に天文台の近くに住み、研究のために図書館を利用した。
彼は天文台のことを記述している>
http://asait.world.coocan.jp/kuiper_belt/eclipse2/maragheh_observatory.htm
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B2
(ウルグ・ベク天文台は1420 年代に建設)


ナスィーロッディーン・トゥースィー
http://japanese.irib.ir/component/k2/item/52961-%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%A3%E3%83%BC
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード