fc2ブログ

2019-10-18

ダムの話 メモ

今回、ダムががんばってくれていたのですね。

<もうほんと八ッ場ダムを讃えてくれ後世まで語り継いでくれ。
八ッ場ダムの
底に沈んだ川原湯温泉は源頼朝が見つけ源氏の笹竜胆が掲げられていた程の
、古来から歴史ある温泉地だったんだ。本当に地元の人達が大切にしてきた
場所だったんだ。断腸の思いだったんだ。それが利根川水系の幾万の命を救
ったんだ
https://twitter.com/rann_626/status/1183184689118339072

今回の台風の雨量の分かりやすい状況として。
群馬県で完成間際の八ッ場ダムの空状態(1枚目)
10月7日の試験湛水開始後(2枚目)
今朝の状態(3枚目)
試験湛水は通常2〜3ヵ月かけて水を貯める所、今回の台風だけでほぼ満水状
態にまで。
そしてここは利根川水系の最上流域です。
https://twitter.com/Stella1000pgs/status/1183165249203007488


「八ッ場ダム・・完成していたのか・・」
「出撃」
「無茶です!試験運転もしていません!」
「しかし・・・」
「いけますぜ大臣」
「利根川流域がダメになるかの瀬戸際なんだ」
「やってみる価値ありますぜ」
「おまえら・・」
みたいな感じで妄想した
https://twitter.com/hiranokohta/status/1183175201124536320

八ツ場ダム、「建造が進んでいたが政治的理由により中断され、やっと再開
し試験にこぎつけたと思ったらテストもそこそこにいきなり実戦に投入され
る」と書くと非常にガンダム感ある
https://twitter.com/hoi_yutenji/status/1183035195957497856

今回、東京が水没せずに助かったのは、利根川水系の大型ダム群の治水と埼
玉の地下神殿の大量貯水、なにより、完成間もないまだテスト段階だった八
ッ場ダムがぶっつけ本番で満水フル稼働してくれた、など先人たちの知恵と
蓄積によるものだと聞いています。おかげで助かりましたありがとうござい
ます。
https://twitter.com/umex23/status/1183174188506349568

関西でいうところの淀川&神崎川、そっちの荒川。どちらも水害対策で流路
を変えるために人力で掘った人工河川ですな。(淀川も毛馬水門から下流は
放水路で本来の淀川は中之島を流れる大川)
https://twitter.com/T_Kazahaya/status/1183282018550857728

八ッ場ダムは、試験湛水中(未完成)で、台風前からわざわざ水を貯めてい
る状況なので、今回の利根川の状況と無関係。あっても、治水機能が極めて
小さいことは、国土交通省のデータから明らか。なのに、熱狂する人たちが
いることに驚く。客観的な事実とデータを直視しましょう。
https://twitter.com/TanakaShinsyu/status/1183182561532502016

八ッ場ダム事業の問題点
https://yamba-net.org/problem/


八ッ場ダムの効果については落ち着いて考えるべき。もともと吾妻渓谷の治
水能力は高い。2007年9月の台風では3日間で356ミリの雨が降った
とき、吾妻渓谷は洪水調整機能を果たした。
https://twitter.com/HashimotoJunji/status/1183216166883356673


八ッ場ダムより上流の吾妻川流域は、利根川流域全体のごく一部です。
利根川の水位低下に果たしてどれだけの効果があるのか河川工学者による検証が待たれます。
https://twitter.com/geores2016/status/1183259655813902336

他に
利根川本流、片品川、烏川、鏑川、神流川などがあり、八ッ場ダムの貯水は
昨日の降水のごく一部と考えられます。


ダムは、想定した降雨に対しては、ものすごく効きますが、想定外の降雨に
対しては、逆に危険を増幅させるおそれがあります。
https://twitter.com/geores2016/status/1183259655813902336

各地のダム反対運動は、治水に反対してきたんじゃないんですよ。むしろ、
一定の状況にしか対応できず、建設完了まで数十年かかるダム依存の治水に
警鐘を鳴らし、堤防の強化など現実的で即効性の高い治水政策を提案してき
ました。だからこそ、国交省で呼応する河川官僚がいて、淀川などで結実し
ました。
https://twitter.com/TanakaShinsyu/status/1183222071804870656

スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード