fc2ブログ

『ターザン:REBORN』

ジョージ・ワシントン・ウィリアムズを調べていたら、『ターザン:REBORN』にぶちあたった。
え?
ジョージ・ワシントン・ウィリアムズが出てくるの?
ええ?
レオポルド2世がラスボスなの?
レオポルド国王のコンゴを舞台にしたのは面白かったですね。
最初と最後に出てくる銀行家がレオポルド2世に似ていた…
ウィリアムズさんも登場して、頑張ってターザンについて行くのもすごい。
ヌーの大群が港に押し寄せるシーンがすごかった。
空撮したという風景が素晴らしかった。
ライオンとすりすりするのもかわいかった。
敵のボスが格好よかった。『サハラに舞う羽根』のスーパーお助けマンの人ですよね。
超人的なターザンの動きもすごかった。
Tarzanreborn2016.jpg

The Legend of Tarzan 2016年
「「ハリー・ポッター」シリーズのデビッド・イェーツ監督が、エドガー・ライス・バローズの古典小説「ターザン」シリーズを原作に、ジャングル育ちの英国貴族ターザンの新たな冒険を描くアクションアドベンチャー。」

「1884年、ベルリン会議においてベルギー国王レオポルド2世がコンゴ盆地の領有権を確保し、コンゴ自由国が成立する。
しかし、コンゴの経営に行き詰まり莫大な負債を抱えたレオポルド2世は、事態を打開するため側近のレオン・ロムをコンゴに派遣し、ダイヤモンドの採掘を命じる。
ロムはコンゴ奥地の部族と接触し、族長ムボンガと「ターザンと引き換えにダイヤを渡す」という契約を交わす。 」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%B3:REBORN

ジョージ・ワシントン・ウィリアムズ--サミュエル・L・ジャクソン
首長ムボンガ --ジャイモン・フンスー

2014年6月30日からイギリス・ハートフォードシャーで撮影が開始され、10月3日に終了した。
アフリカのシーンはガボンの映像を合成し、滝と桟橋はハートフォードシャーのスタジオ内で作られた

ジョージ・ワシントン・ウィリアムズ
当時のコンゴの実態を暴露した人物。

『コンゴを支配したレオポルド2世とは「ベルギー国王レオポルド2世支配下のコンゴでは、ホロコーストのようなことが起きていた。彼は、現地人に対して天然ゴム、象牙、ダイヤモンドの過酷な採取労働を課して貿易を行った。
当時の米国は彼が行っていた現地人への残虐な行為を理解せずに、彼に資金を送っていた。
だが彼の鉄道建設の資金が底をつき、彼個人の部隊は持てなかったことから、金目当ての傭兵(ようへい)を使った。
傭兵たちは銃弾を渡されるが、動物を撃つことはできず、人(現地人)だけを撃つことが許され、その殺した人の腕を持ち帰って金を得て、また銃弾を渡されていた」
殺した人の腕を持ち帰って金稼ぎ…『ターザン』の基になった残酷な歴史
サミュエル・L・ジャクソンのインタビュー 2016年7月19日
https://www.cinematoday.jp/news/N0084339
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード