fc2ブログ

『アフリカの女王』(1951)

ベルギー領コンゴ時代にあの地に行って、後にピグミーを研究したターンブル氏が手伝ったという運命的なお仕事で、コンゴで撮影しているというので、観てみました。
おお~! これがコンゴ川か~!すごい!ホントにあちこちに急流やら滝がある!
沼沢地が見事!どこだろう?

復讐劇だというので期待していたら、え? なんか全然違う方向に…?
無理やり恋愛ものにしている?
何も食べなくても必ず紅茶を飲むのが面白い。
africanqueen1951.jpg

『アフリカの女王』(1951)
THE AFRICAN QUEEN

「第一次大戦下の東アフリカ。船長チャーリーと宣教師の妹ローズを乗せた蒸気船“アフリカの女王”号は河を下っていくが、彼らの行く手には激流や大瀑布、そしてドイツの戦艦が待ち受けていた! 
C・S・フォレスターの冒険小説を、H・ボガートとK・ヘプバーンという見事なキャスティングでJ・ヒューストンが映画化した傑作ロマン活劇。
船上で繰り広げられる二人の芝居から、クライマックスの敵の砲艦襲撃シーン、そしてラストシーンの意表を突く展開まで、いろいろな意味で目を離させない面白さだ。
後年、この作品と監督J・ヒューストンをモチーフにクリント・イーストウッドが手掛けたのが「ホワイトハンター ブラックハート」である。」
https://www.allcinema.net/cinema/1132

「1914年。ドイツ領コンゴのある村がドイツ軍に略奪される。村で宣教師をしていた兄を亡くしたローズは、蒸気船・アフリカの女王号の船長・チャーリーに助けられる。彼は戦争が終わるまで仕事を休もうと考えていたが、ローズはドイツ軍への復讐に燃えていた。」https://filmarks.com/movies/18959

『ホーンブロワー』シリーズでつとに有名な、海洋冒険小説の大家、セシル・スコット・フォレスター(C・S・フォレスター)の同名の原作を、ジョン・ヒューストンが映画化した。
ハンフリー・ボガートは、この作品で念願のアカデミー主演男優賞を受賞した。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E5%A5%B3%E7%8E%8B

「ドイツ領東アフリカ。イギリス人宣教師ローズの兄がドイツ兵による略奪行為の際に命を落とす。妹ローズは飲んだくれの男チャーリーが操縦するオンボロ蒸気船“アフリカの女王”号に乗り込み、現地を脱出。川を下るチャーリーとローズは沿岸のドイツ砲艦を手製の魚雷で撃沈しようとたくらむ。しかしその途中、銃撃や急流といった数多の難関が待ち受けていた!」
https://eiga.com/movie/3650/

「映画の大部分はアフリカのウガンダとコンゴでロケ撮影」
https://en.wikipedia.org/wiki/The_African_Queen_(film)

「リアリズムを追求するべく、アフリカで本格的なロケを敢行したこの映画の撮影は困難を極めた。
天候不順でセットが流され、体調悪化や病気で倒れる出演者やスタッフが続出したため、撮影は長引いた。
しかし、監督のヒューストンは撮影を軽視してハンティングに入り浸るなど消極的な態度を見せた。
キャサリン・ヘプバーンはこの時の監督の態度を快く思わず、後年『アフリカの女王とわたし』という本を出版して彼を批判した。
また、ロケに同行した脚本家のピーター・ヴィアテルも、この時の体験を元に小説『ホワイトハンター ブラックハート』を書いている。
これはクリント・イーストウッドの監督、ヴィアテル本人も脚本に参加して映画化された。ヒューストンがモデルの映画監督ジョン・ウィルソンはイーストウッド自身が演じた。 」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E5%A5%B3%E7%8E%8B

実は前年に『キング・ソロモン』(1950)がアフリカ・ロケ(ケニア、ウガンダ、コンゴなど)で
「この後も「キリマンジャロの雪」(1952)(ケニア)、
「モガンボ」(1953)(ベルギー領コンゴ・タンガニーカ・英領ケニア・ウガンダ)等の
アフリカが舞台となる映画が続々と製作されるようになった」そうなのだ
ちょっとしたアフリカロケブームだった?

2013-03-03 キング・ソロモン(1950)

2023-05-14 コリン・マクミラン・ターンブル
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード