fc2ブログ

『アフリカ物語』

日本でもあったんですね。
羽仁進さんもお名前は聞いたことありましたがこの映画は知りませんでした。
寅さんを演じる前の渥美清さんの作品なんですね。

Bushman

羽仁進監督の『ブワナ・トシの歌』(1965年)、

片寄俊彦の同名の原作を「不良少年(1961)」以来コンビの羽仁進と清水邦夫がシナリオ化し、羽仁進が監督した、オール・アフリカ・ロケ作品。撮影もコンビの金宇満司。渥美清
東アフリカのケニアとタンガニーカの国境に、一人の日本人・片岡俊男がやってきた。日本の学術調査隊が、総合研究をするための施設を造るためにやって来たのだ。
建築技師の大岡俊男は、東アフリカのタンガニーカに学術調査用のプレハブ小屋を建てることになっていた。しかし現地で待っているはずの先輩技師は、置き手紙を残してその場を去っていた。
俊男は仕方なく、現地の青年たちを集めて作業を始めることにする。だが言葉が通じず、生活習慣もまったく異なるため、なかなか作業が進まない。困り果てた俊男は、現地でマウンテンゴリラを研究する大西博士に相談するのだったが…。
https://eiga.com/movie/39286/
https://www.allcinema.net/cinema/141639

寅さんを演じる前に、渥美清さんがタンザニアで、映画撮影のため6ヶ月過ごし、
その後、何度もタンザニア に訪れるほどタンザニアが好きだったことを、つい最近知りました。
『ブワナ・トシの歌』という、羽生進さん監督の1965年の映画です。
この作品の後、羽生さんはアフリカで動物を撮影するようになり、
渥美さんは映画、寅さんで忙しくなった。
https://5miki.jp/archives/11832
africa1980.jpg

『アフリカ物語』(1980年)
アフリカの大自然を背景に、奥地の森林地帯に不時着した小型機の青年パイロットと、森の番をする老人の孫娘との恋を描く。ストーリーよりも、生き生きと捉えられた動物たちの生態の方が見もので、動物映画の専門家S・トレバーが、監督と撮影に参加している。
https://natalie.mu/eiga/film/136026
https://eiga.com/movie/34608/
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%89%A9%E8%AA%9E

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード