fc2ブログ

ンドラ(ヌドラ) 2

水上交通が興味深いです
Congo_Pedicle_wiki.png
(Wikiより )
ザンビアの水上交通>川と湿地の水路の輸送>バンウェウル湿地帯
ルアプラ川のカパララからチャンベシ川のチャンデシまで、これが 1930 年までカッパーベルトと北部州の間の主要ルートでした。第一次世界大戦の後期には、900 隻のボート (主に丸木舟) からなる船団がこの道を通って物資を運びました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Water_transport_in_Zambia
ルアプラ川
https://de.wikipedia.org/wiki/Luapula_(Fluss)
Kapalala_zambia_ggl.png
(googleより)
ルアプラでの水上交通
1940 年代後半まで、カパララからバンウェウル湖、チャンベシ川までのルアプラ上流は、当時の北ローデシアの河川交通にとって最も重要な区間の 1 つでした。
商品はンドラ北10キロメートル(6.2マイル)のサカニアの鉄道始点からカパララまで陸路で運ばれ、丸木舟や小型ボートに積み込まれた。
第一次世界大戦中、1885 年のこのような船団が物資をチャンベシに輸送するために使用され、そこから東アフリカ遠征のためにムバラまで軍用道路を走行しました。
chandesi_ggl.png
(googleより)
ルアプラ川は、コンゴ川の一部分です。
この川は、ほぼ全長にわたってザンビアとコンゴ民主共和国との国境の一部を形成する国境を越えた川です。
バングウェウル湖(ザンビア) とムウェル湖(両国間で共有)を結ぶ
バングウェウル湖とその湿地を排水し、そこにコンゴ川の源流であるチャンベシ川が流れ込みます。
探検家のデビッド・リヴィングストンが犠牲を払って発見したように、2 つの川と湖を結ぶ単一の明確な水路はなく、移動する水路、ラグーン、沼地の塊が存在することを発見しました。(彼はその地域を探索中に亡くなった)
https://en.wikipedia.org/wiki/Luapula_River
Luapula_Chambeshi_wiki.jpg
(Wikiより )
チャンベシ川
コンゴ川の源流として (長さ的に)最も遠いため、コンゴ川の源流と考えられています。
タンガニーカ湖近くのザンビア北東部の山々を、海抜 1,760 メートル (5,770 フィート) の標高で小川として流れています。この川は、バンウェウル湖の一部であるバンウェウル湿地に 480 km にわたって流れ込みます。5 月の雨季の終わりまでに、川は洪水を引き起こし、湿地を涵養し、南東のザンベシアの草原を浸水させます。その後、水は湿地からルアプラ川として流れ出ます。
笠間市の東に流れる全長 100 km 以上にわたって、この川は幅約 2 km の湿地と最大幅 25 km の氾濫原にある迷路のような水路で構成されています。
https://de.wikipedia.org/wiki/Chambeshi
https://en.wikipedia.org/wiki/Chambeshi_River
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード